最近のトラックバック

2018年5月24日 (木)

まるで北朝鮮だな - 本日発売の週刊文春(5/31号)『日大アメフト監督「14分の自供テープ」』を読んだ感想

前のエントリーを書いたときは、ネットの予告動画を見ただけだったのだが、コンビニで週刊文春を買い、首題の記事を読んでみた。日本大学という学校法人が恐ろしくなった。 今回の悪質タックル事件についての内田前監督の関わりについては、ネットなどから幅広い情報を得ていたので、この記事に書かれていることは予想の範囲だった。 私が恐ろしいと感じたのは、田中理事長を頭にする、まるで北朝鮮のような独裁体制だ。内田前監督はそのナンバー2なので、アメフト部だけでなく、日大の少なくとも運動部のすべてに絶大な影響力を持っており、やりたい放題やっていることがありありと描かれている。 田中理事長の奥さんが経営する料理屋のこと...

» 続きを読む

日大アメフト部の悪質タックル騒動 - 「よく言うよ。何年か前の関学が一番汚いでしょ」という内田前監督のコメントは重要かも

日大アメフト部の悪質タックル騒動は、一昨日の宮川選手、昨夜の内田監督・井上コーチの会見でひとつのピークを迎えた気がする。今後は、連盟や警察の捜査などが進むだろうが、世論は内田・井上、真っ黒で固まっていると思う。 アメリカンフットボールなど興味もなくルールも知らないのだが、今回の事件は出回った映像があまりにも衝撃的だったことと(アメフトのルールをまったく知らない素人でも、あのタックルは試合とはまったく関係ないものだと理解できる)、そのあと、内田監督が雲隠れしてしまったこと、その間にネットで大盛り上がりしたことで、わたしも相当時間をつぶしてしまった。 映像が流れた直後に、その後の展開が想像でき、す...

» 続きを読む

2018年5月18日 (金)

後世に残る「危機管理学」の教材を提供?- 日大アメフト部の反則タックル騒動におもう

日本大学アメフト部(アメフット、という言い方のほうが正しいらしいが)の反則タックル事件が大きなニュースになっている。アメフトのことは全然知らないが、映像を見ると、ど素人でもあれはプレーとは何の関連もないアタック(攻撃)だとわかる。 露骨なあの反則プレーもさることながら、今回の騒動で一番不可解なのは、監督が「雲隠れ」してしまっていることだろう。しかも、昨日発表された関学への日大からの回答書には、<故意に反則しろという指導はしていない。選手と指導者との理解に「乖離」があった>というようなことが書かれていたらしい(あの文脈で乖離なんて言葉を使うこと自体、文章のセンスがないと感じるが。。。)。 笑って...

» 続きを読む

2018年4月25日 (水)

2018年、3分の1の総括的近況(?)- その2 : 野党議員とメディアには辟易

花粉症: 自分は花粉症には縁がないと思っていたのに、今年は咳や洟に苦しんだ(まだ、時々、辛い)。医者には行っていないので、本当のところはわからないが、子ども用に薬局で買ってきたアレルギー性鼻炎の薬を飲んだり、その後子どもが医者に診てもらって処方されたクラリチンを失敬して自分でも飲んでみると少しは楽になるので、やはり花粉にやられているのだろうと思う。死ぬような「病気」ではないが、花粉症の苦しさを実感した1カ月だった。 セクハラ騒動 : 財務省の福田前次官のセクハラ音源がネットで公開されたときは「なんてひどいヤツだ」と思ったが、その後の音声の継ぎはぎの指摘を読んだり(最初に聞いたときにその不自然さ...

» 続きを読む

2018年、3分の1の総括的近況(?)- その1 : きくち和子講演会

4月もあと5日で終了。2018年も3分の1が終わる。あいかわらず仕事(収入)には回復の兆しが見られず、毎月の”給料日(= 配偶者に生活費を渡す日)”がやってくるスピードが加速度を増している。充実感を感じて過ごす時間は減る一方だが、徒労感を感じながらやる「仕事」や「作業」は増えている。 前回更新時からの近況。 きくち和子講演会: 3月29日(木)有楽町の朝日ホールで行われた「きくち和子」講演会を聞きに行った。去年知ったきくち体操の創始者、きくち和子さんの講演会だ。ブログに書いたのがもう1年以上も前か、と驚くが、この1年、時々サボることはあるが、朝の基本運動(20~30分)だけは続けている。実施打...

» 続きを読む

2018年3月 5日 (月)

ようやく春か。暖かくなりそうなのは気温だけ。。。。。

3月にに入り、春一番のような風も吹き始め、気温も暖かくなってきた。1月と2月は事務所のエアコン2台をほぼ毎日つけっぱなしにしていたので電気代も目が飛び出るほどになってしまった(といってもたいした金額ではないが、今の私にとっては痛い出費だ)。そろそろ、気温だけでも暖かくなってほしい、懐は全然温かくならないが。。。。。。 以下、最近の感想。 前回のエントリーでオリンピックの「悪口」を書いたが、平昌オリンピックは日本人選手の活躍で大いに盛り上がった。わたしもネットのビデオクリックで見ることが多かったが、スケートの小平選手や高木姉妹(およびパシュートの佐藤選手、菊池選手)の力走には興奮した。男子スケー...

» 続きを読む

2018年2月11日 (日)

平昌オリンピックが始まった

平昌オリンピックが始まったが、競技時間が早朝だったり、夜遅くだったりと、不自然な時間帯が多いようだ。ネットなどを見ると、欧米諸国でのテレビ視聴に適した時間にするために競技時間を強引に調整したようなことが書かれている。真偽のほどはわからないが、ありえる話だと思う。 昨夜のジャンプ男子ノーマルヒルはテレビでは見ていなかったが、深夜遅い時間まで競技をやっていたらしい。すべての選手が同じ時間なので平等といえば平等なのかもしれないが(風の影響など自然の変化については運不運があるがこれは競技の性質上、ある程度は仕方ないだろう)、スポンサーからの金のための極端な競技時間設定は、オリンピックという大会の卑しさ...

» 続きを読む

2018年1月27日 (土)

仕事がはかどらないので暇つぶしの感想: ― 「反米保守」の袋小路 - 池田信夫

月曜日納品の原稿が全然進まなくて困っている。おもしろくない。暇つぶしにネットで遊んでいたら池田信夫氏のこんなYouTube動画に行きついた。 反米保守の袋小路 最近亡くなられた(自殺)西部邁氏について語ったもので、その内容についてどうのこうのというつもりはない(わたしは概ね、池田氏の言っていることに納得するが)。西部邁氏といえば、わたしも昔は朝まで生テレビでよく見ていた。 池田氏のこの動画でわたしが気になったのが「マーケット」とか、「飯のタネ」という言葉だ。そういう観点で西部邁氏の『(評論)活動』を解説するとそのとおりなのだろう。しかし、、「飯のタネ」が最大の動機になっていない人間がどれほどい...

» 続きを読む

2018年1月 3日 (水)

謹賀新年-今年の初詣は湯島天神

新年あけましておめでとうございます。 また新しい年を迎えた。今年の初詣は2日に湯島天神へ行ってきた。4月から中学3年になる息子の高校受験のお願いを兼ねたお参りだったが、参拝までの行列の長さに驚いた。混むとは聞いていたが、これほどとは思ってもいなかった。1時間半以上はかかっただろうか。幸い天気はよく寒さもそれほどではなかったので、耐え難いほどの行列ではなかった。 これまで初詣の日は観劇や演芸(お笑い)などとセットにしていたが、今年はそういったイベントもやめにした。食事だけは<年に一度>の豪華メシ(?)ということで、フランス料理を予約。と言ってもランチなのでたいしたことはない。 去年のお正月もいい...

» 続きを読む

2017年12月28日 (木)

今年最後の投稿-フリーランス生活10年終了

2008年1月1日に自営業者(フリーランス)として開業し、あと3日で満10年経過となる。このブログも10年間とりあえず書き続けてきた。書き続けてきた、と言っても過去4年間は月に1度程度しか投稿していないが。。。。。 仕事の状況は今年も厳しく、いまだ暗いトンネルから抜け出せないでいる。ただ、暗い場所に長くいると目が慣れて、最初は真っ暗で何も見えなくても少しずつ「視力」が回復してくるように、改善しない状況のなかでも、3~4年前に比べると「お先真っ暗感」はない。底打ち感もないが、落下(悪化)スピードが遅くなっているのかもしれない。 来年はどんな年になるだろうか。まったく読めないが、フリーを10年もや...

» 続きを読む

2017年11月29日 (水)

来年は何か趣味でも始めるかな。。。今年もあと1カ月

北朝鮮がまたもミサイルを発射した。今回のミサイルはアメリカを想定して発射したもの、とニューヨークの北朝鮮高官がコメントしたとのニュースを今しがたネットで見たが(ロフテッド軌道で4000kmの高さまで打ち上げることができたので、もっと低い角度なら距離的には北朝鮮から米国本土へ十分届くらしい)、日本人は(そしてオレも)相変わらず平和ボケの毎日を過ごしている。来年はついに米軍の軍事攻撃が現実のものとなるかもしれない。 今年も残すはあと1カ月。2008年1月1日に開業したフリーランス生活の10年目がまもなく終わる。10年目の今年は初めて海外取材の仕事がゼロとなった。国内を含めて取材仕事そのものが減って...

» 続きを読む

2017年10月23日 (月)

なんだかスッキリしないな - 衆院選もボクシングも

昨日の衆院選は新聞等の事前の予想通り、与党(自公)の勝利(ほぼ現状維持)となり、鳴り物入りで入ってきた「希望の党」は敗北。東京23区の選挙区でとれたのはわずか1議席という惨敗だった。その代わりというか、希望の党以上に泥縄式で作られた「立憲民主」が野党第一党という大躍進。 わたしは希望も立憲もまったく評価しないので、希望の惨敗はうれしいが、立憲の大躍進には大不満である。 いずれにしても、当初は希望という派手なアドバルーンが上がり、盛り上がるかに思えた今回の衆院選は、なんだかスッキリしない結果という印象だ。 もっとスッキリしないのは昨日の村田諒太 vsアッサン・エンダムのボクシング、WBA世界ミド...

» 続きを読む

2017年10月18日 (水)

日本人ばバカばっかりか?-立憲民主が「筋通した」だと? 片腹痛いよ。

衆院選が終わるまでブログは更新しないと思っていたのだが(締切が迫っている原稿書きの仕事、残っているし。。。(-_-;))、ここ数日の「立憲民主」ブームに腹が立つのでちょっとだけ書いておこう。 以下は、今朝のヤフーニュース。 (引用開始) 立憲民主、なぜ勢い? =希望と一線「筋通した」の声【17衆院選】 10/17(火) 17:52配信 時事通信  衆院選で野党各党が苦戦する中、勢いを保っているのが立憲民主党だ。報道各社の情勢調査では、公示前勢力から議席を伸ばすと予測されている。民進党から希望の党に合流せず、安全保障関連法への反対姿勢を貫いて新党結成に動いた枝野幸男代表の行動が、「筋を通した」と...

» 続きを読む

2017年9月28日 (木)

絶望しか感じない「希望の党」の衆院選参戦

はやいもので9月も終わり。2017年も残すところあと3カ月となってしまった。仕事の不調は相変わらずで、マラソンの折り返し地点である独立10年目の終了(12月末)に近づいても、スパートできていない。折り返し点まではたどり着けるだろうが、後半の10年をどう走るか、まったく先が見えない。 先が見えないといえば、10月22日の衆院選に向けて突然現れた小池都知事の「希望の党」については呆れてものが言えない。<この禿げ―>の豊田真由子や<週4密会>の山尾しおり(漢字忘れた)など、有権者をバカにしたようなニュースが続いて辟易していたが、小池百合子の二足のわらじ宣言はもう我欲の極致としかいいようがない。東京都...

» 続きを読む

2017年8月14日 (月)

アナハイム-ロサンゼルス旅行無事終了

8月3日(木)から9日(水)まで、アナハイムのディズニーリゾート(3泊)とロサンゼルス(2泊)の家族旅行に行ってきた。パソコンに残っている予約のメール(今回は初めてエクスペディアを利用)を見ていたら、昨年の12月下旬には予約手続きを開始していたことがわかった。ここ数年の仕事の不調を考えると無謀な企画なのだが、なぜそんなに早い段階で行こうと思ったのか、自分でも不思議だ。5月くらいまでは中止あるいは変更(グアム、香港あたりにして期間も短縮)も考えたが、結局、ほぼ当初の予定通りに決行した。 ディズニーランドは、ライドやアトラクションは日本のものとほとんど同じだったが、隣りにあるカリフォルニア・アドベ...

» 続きを読む

«忙しくなってきた7月- 日本・米国の政治やメディアの状況についての感想 : 「是是非非」を貫ける人がいない