最近のトラックバック

2020年5月30日 (土)

オンラインばっかり:コロナはいったい何を残したのか

GW明けの5月7日に<非常事態宣言>が延長され(何が非常事態なんだろうね)、その後、首都圏もようやく解除されそうだが、2月27日の全校一斉休校要請以来の3か月は何だったのだろう。ここへきて、欧米と比べて100分の1近い日本の低い死亡率に対して欧米でもも称賛あるいは怨嗟の声があがっているという。それを「日本モデル」と呼ぶか、ノーベル賞学者の山中先生が呼ぶところの「ファクターX」というのか知らないが、そんなまどろっこしいことを言わなくても、全校一斉休校はムダだとオレはとっくの昔に書いている。 ロックダウンが結局、役に立たなかったという指摘も欧米では出始めている。それなのに、日本(首都圏)は来週から...

» 続きを読む

2020年4月19日 (日)

空しい1か月半

前回のエントリー(3月8日)から40日が過ぎた。小中高の夏休みとほぼ同じ期間だ。非常事態宣言が出てもわたしの生活はあまり(よくも悪くも)変わっていない。新型コロナ対策としてのロックダウンや外出規制・学校休校やビジネスの休業については、欧米(特にアメリカ)ではそろそろ「こんなこといつまでも続けていられない」という雰囲気になってきているようだ。デモなども起こっているという。コロナに関しては、①「ただの風邪のちょっと深刻なもの」「騒ぎすぎ」派から、⑩日本でも40万人以上がコロナで死ぬ。自粛生活は2年は続く。多くの仕事がテレワークに移行し、ライフスタイルががらりと変わる。などという「悲観」派まで、幅広...

» 続きを読む

2020年3月 8日 (日)

新型コロナがらみでイヤな言葉:不要不急な〇〇

新型コロナ感染に関してはもう書きたくないのだが、3月のエントリーとして1つだけ短く書いておこうと思う。PCR検査の費用が全額健康保険で払われることになり、さらに、保健所を通さずとも医師の判断で検査に出せることになったので、検査の数はこれから増えるだろう。数が増えれば(分母が増えるのだから)陽性判定の数も当然増え、しばらくはテレビを中心にウンザリするほど報道されると思う(短くても3月いっぱい。長引けば5月くらいまで) 。その弊害についてのコメントや記事は、ネットを検索すればいくらでも出てくる(その反面、PCR検査を軽症患者にして何がいいことがあるのか、わたしにはさっぱりわからない。疫学データとし...

» 続きを読む

2020年2月29日 (土)

コロナ騒ぎをめぐる雰囲気に日本人(日本国)のイヤな面を感じる―4年に1度の2月29日記念エントリー(笑)

特に書きたいこともないのだが、せっかくの2月29日なので、とりあえず何か書いて残しておこうと思った。新型コロナウイルス騒ぎについては、前回のエントリーでも書いたが、一昨日(2月27日)の安倍首相の「全国の小中高臨時休校要請」には驚いた。最初ネットで見たときは、対象が国公立の学校だけかと思ったのだが、私立の学校も含めてすべてのようだ。わたしには公立中学に通う娘と私立高校(埼玉県)に通う息子がおり、両方ともやはり3月2日から春休みが始まるまで(3月24日まで)休校。そこから春休みなので、結局、夏休みよりも長い「春休み」になってしまう。今回の対応については賛否があるが、わたし自身はまったく気にいらな...

» 続きを読む

2020年2月16日 (日)

新型コロナウイルスの大騒ぎ

新型コロナウイルス(このウイルスによる病気は、COVID-19とWHOによって名づけられたらしい)が話題になっている。テレビ(ワイドショー)や新聞・雑誌はお騒ぎだ。マスクが売り切れ、高値での転売なども発生しているという。特にここ数日は、日本の対策に問題ありという海外の報道などがSNSなどで紹介され、東京オリンピック開催も危ういのではないかという意見まである。新型インフルエンザの騒ぎ(2009年だったかな)やSARS(2003年)のときもそうだったが、人間というものは分からないことが多いと恐怖が増大されるようだ。そのこと自体は理解できなくはないのだが、わかっていることとわかっていないことを精査し...

» 続きを読む

2020年1月31日 (金)

2020年、もう1か月終わりかよ

謹賀新年、と書こうと思っていたらアッと言う間に1月も終わり。Where does the time go?この冬は暖かいのがありがたい。明日から2月なのであと2週間もがまんすれば春の気配が感じられるようになるのではないかと思う。正月から1月31日まで、なんでこんなに早く過ぎたのだろうと思う。仕事の状況や家庭の雰囲気、気が滅入ることばかりだ。なにか明るいこと、楽しいことはないかと思案しているが、何も出てこない。健康(体調)管理に関しては今年も、①きくち体操、②毎朝起床後すぐコップ一杯の水を飲む、③毎日りんご1個食べる(皮ごと丸かじり)の3つをpillarsにするつもりだ。加えて、5kgほど体重を...

» 続きを読む

2019年12月27日 (金)

映画「家族を想うとき」感想 :身につまされた

たいしてやることもないのに年末というだけでなんとなく慌ただしいこの頃。東洋経済オンラインで紹介されていた映画、「家族を想うとき」(原題:Sorry We Missed You)を新宿武蔵野館で観てきた。作品の紹サイトはこちら。フランチャイズの宅配ドライバーとして「独立」した<個人事業主>、リッキーとその家族の物語。わたしとの共通点はもちろん<個人事業主>の部分。「独立」と言えば聞こえはいいが、所詮は下請けの個人事業主。生活の不安定さや社会的な地位(居場所)のなさはよく理解できる。ここ数年の仕事の不調から、この映画をわが身に引き付けて観てしまった。たまたまだが、家族構成も私のと同じ。子どもの年齢...

» 続きを読む

2019年10月30日 (水)

自動車の整備と点検はどっちが重要か?ー 12年間健康診断を受けていないフリーランスの「健康法」

まだ生きていることを知らせるために、月1回以上のブログ更新をノルマにしている。10月も終わりなので何か書こうと思うが、仕事の状況は相変わらずなのであまり書くことはない。4月15日のブログで今週から少し新しいことを始める、と書いたが、10月からは同じ系統の仕事をもう1つ増やした。いずれも「本業」とは異なる仕事でもあるし、収入面ではまさに焼け石に水、にしかなっていないので、詳細を書くのは控える。2007年12月末でサラリーマンを辞め、2008年からフリーランス(個人事業主)として仕事をしているが、この12年間、一度も健康診断を受けていない。独立して保険を国民保険に変えた最初の1~2年こそ、市役所か...

» 続きを読む

2019年9月15日 (日)

ほら、オレの言った通りだろ、と言いたくなってしまったニュース、2件

東京オリンピックのマラソン代表選手を選ぶMGCが行われ、もう結果も出たようだ。わたしは2008年と2012年に、<ハンセン200メートル出場権喪失で思うこと> <ロンドンオリンピック-マラソン男子の代表選考-残り2枠は誰か?またいつもの残酷な選考プロセスか>といったブログ記事を書いているが、このMGCはわたしの記事が参考になったんじゃないかと思った(そんなわけないか(-_-;))。もっとも今回のレースで内定となるのは2位までの2人で、3人目はこれから来年にかけて何回か開かれる大会で、派遣標準タイム、とやらを突破した人となるようだ(突破人が2人以上の場合は、タイムが一番よい人)。ただ、男子の場合...

» 続きを読む

2019年8月24日 (土)

「平場の月」(朝倉かすみ 著)感想

久しぶりに小説を読んだ。 著者の名前は全然知らなかったのだが、わたしが住む埼玉の地元(埼玉南部の3都市から池袋あたりまで)が舞台という宣伝チラシを地元の旭屋で見かけたので、何カ月か前に衝動的に購入していたものだ。8月は(も、のほうが正確)仕事が暇だったので、退屈しのぎに読んでみた。地元の中学の同窓生の男女(現在50歳)の「大人の恋愛」物語だが、最初は人称(話者)がころころ変わる語り口に少し閉口した。読みにくいと感じたが、この文体はこの著者の特徴らしく、ネットで読んだ文学賞の講評などでも、この著者の特徴として言及されているものがあった。(もっとも、最初に感じた文体の読みにくさは30頁くらい我慢し...

» 続きを読む

2019年7月22日 (月)

参院選が終わった

投票率が50%にも達しない参院選が終わった。わたしは熱心に選挙報道を追っていたわけではないが(投票には行った)、虚しさが募るばかりだった。特に、立憲民主、国民民主、共産党などの「野党共闘」とはいったい何なのか。偶然、ネットで次の記事を見つけた。ここに私の考えていることのすべてがつまっている。悔しいがわたしにはとてもこのように的確な解説を短くまとめることはできない。残しておきたいので、以下にコピペさせていただく(以下、引用)。   悪夢そのものだった民主党政権 政党名を変えても「過ち」は消えない2019.7.13 20:26 日本の選択  民主党という政党の誤りの第一歩は、自らの政党名を弊履(へ...

» 続きを読む

2019年7月 8日 (月)

松岡修造の「本気で生きていますか」― 笑ってしまったが本当は大切なメッセージ

YouTubeで遊んでいたら、松岡修造のこの動画に偶然たどり着いた。最初は爆笑してしまったが、参院選が始まり、本気さのかけらもない各党の<公約>を見聞きするにつれ、笑えなくなってしまった。政治活動に限らず、われわれの日常のすべてにおいて、<本気>でない目標をかかげることのなんと多いことか。他人(ひと)のことはどうでもよい。わが身に引き付けて、いろんなことに本気で取り組んでいるだろうか、と自問してみた。しかし、このCMは笑える。        ...

» 続きを読む

2019年6月28日 (金)

2019年の折り返し点 ― 近況と今年前半の感想

ゴールデンウィーク明けに実行した仕事場(事務所)の移転は大きなトラブルもなくスムーズに終わった。埼玉南部の自宅近くの仕事場から都内へ引っ越したので、10数年ぶりに定期券を買って「電車通勤」を始めた。ラッシュアワーのピークは避けたいので、かなり早めの「出勤」を続けているが、身体も慣れてきた。新しい仕事場は非常に快適だ。古いマンション(築40年超)だが、管理は悪い方ではなく(自宅近くだった以前の仕事場も築50年という骨董品だったが手入れはピカ一で極端な古さは感じなかった)、何よりも駅から近いのが便利だ。都心のターミナル駅の1つなので、JRに加えて複数の私鉄、地下鉄が乗り入れている。大きな駅では不動...

» 続きを読む

2019年5月17日 (金)

どこにも行かなかったが疲れたゴールデンウイーク:断捨離やりすぎてしまった。。。

10連休のゴールデンウイークは事務所(仕事場)の引っ越し準備にほぼ費やしてしまった。10日間もあったので毎日引っ越し荷物の準備をしていたわけではないが、断捨離を決意していたので、数日間は物を減らすことに注力した。まず、たまっていた古いパソコンの処分。使わなくなって自宅においてあるノートパソコン3台と事務所に眠っていたノートパソコン3台、それと直近まで使っていたDellのデスクトップ1台の計7台を廃棄した。デスクトップはDellに電話をして引き取ってもらい、ノートパソコン6台はパソコンファームの無料処分を利用した。Dellもパソコンファームもデータ消去は確実にやる(ハードディスクを物理的に破壊す...

» 続きを読む

2019年4月15日 (月)

<人間が変わる方法は3つしかない>というけれど。。。。とりあえず2つを実践することにした

<人間が変わる方法は3つしかない、①時間配分を考える、②住む場所を変える、③付き合う人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない>というのは大前研一氏の有名な言葉で、ネットをググるとこの「格言」をテーマにしたブログや記事がいくらでも出てくる。この格言にはそのあと<最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ>という言葉が続き、これは納得できる。新年の誓い、の無意味さを思い出せばだれも思い当たるだろう。 この3つの中で最も効果的なのは、①時間配分を変える、ことらしいが、これについては疑問を感じる。大前氏自身による解説がプレジゼントオンラインに出ているので、詳しく読みたい方はそちらを参照してくだ...

» 続きを読む

«「破天荒フェニックス」読了 ー 次のメガネはオンデーズで作ってみようかな