最近のトラックバック

« 「感情的苦痛」? | トップページ | サブタイトルつけました »

2008年1月31日 (木)

人生は自分の思う通りになる(?)

「人生は自分の思う通りになる」,「強く思えば夢は実現する」,「目標を紙に書いて成功しているときのイメージを思い描けば実現する」などという言葉を読んだり聞いたりすることがある。こういうことを言うのはビジネスで成功したひとに多いような印象を持っているが,スポーツ選手などがよくやっているイメージトレーニングも同じような考えからきている方法論ではないだろうか。「ダメだと思えばほんとにダメになってしまう」とか「諦めないで頑張れば努力は報われる」のような考えも根っこは同じ発想だろう。

わたしはこの種の考え方は日常の自分を鼓舞するための方便としてバカにはできないと思っているが,同時に心の底では「ふん」と鼻で笑いたい気持ちも強く持っている。何故なら,それは結局トートロジー(tautology,同義反復)に過ぎないからだ。どんなに大きな失敗をしても,厳しい環境におかれても自分の目標を強く持ち続けられるひとはそりゃ成功するだろう。ただ,ほとんどの人間は,どんな不利な状況におかれても目標を強く抱き続けるということができないだけだ。

なんでこんな当たり前のことがわからないのだろうと不思議に思う。ビジネスの世界ではわけのわからない(とわたしには思える)教育プログラムやら研修プログラムを高い値段で企業に売り込みにきて,それをまたホイホイと大金で買って社員にそのような研修を受けさせる会社が少なからず存在する。また,書店に行けばその種の本(古典的ナナポレオンヒルの本やマーフィーの黄金法則など)がたくさん並んでいる。

知っているくらいだからわたしも実はそういう本を少なからず読んだことがある。そして読んだ直後はそれなりに感心しているほうだ。でも,自分が変ったか?変らない。いや,少しは変ることもあるかもしれないが,それは自分が信じられる範囲内での変化でしかない。

この問題は実は畢竟,人間は自由であるか?という問題とも関係している。高校を卒業して受験浪人でもなく文字通りふらふらしていた(いまならさしずめ引きこもりに近い)頃,毎日することがないので本ばかり読んでいた。当時は厭世的な主張の書物を好む傾向が強かったが,その極めつけはマーク・トウェインの「人間とは何か」という本だ。トムソーヤーしか知らないひとには驚くべき内容だろう。主張は人間機械論で別に難しい本ではない。ただ,人間機械論を納得したらそれだけで人生悩みなく生きていけるほど単純ではない。わたしはむしろ小林秀雄が「考えるヒント 3」という講演記録集のなかで言っていた(どの講演だったか忘れた。ベルグソンかドストエフスキーの話のどちらかだったと思う),「常識的に考えれば世の中のことはすべて必然的に起こる。しかし自由はある。私たちが生きているということは自由を信じていることにほかならないからだ」という言葉に強く勇気づけられた。

話が少し広がり過ぎてきたが,人生は自分の思う通りになる,とか,夢を諦めずに追い続けろ,というような言葉がテレビや雑誌で流されることは世の中全体として考えた場合,多くのひとをけっして幸福にしないとわたしは思う。それを信じて成功するひとたちはもちろん幸福になるのだろうが.....。

(うーん,今日は哲学的なことを書いたなあ。仕事は?あ,全然はかどっていません)。

Google

« 「感情的苦痛」? | トップページ | サブタイトルつけました »

読書と翻訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/10176661

この記事へのトラックバック一覧です: 人生は自分の思う通りになる(?):

« 「感情的苦痛」? | トップページ | サブタイトルつけました »