最近のトラックバック

« 「不安はあるけど不満はない」 | トップページ | ゼチーアは苦戦しそう-米国の製薬企業もたいへん »

2008年1月23日 (水)

独りの気楽さと辛さ

「独り企業」(one-man operation)を始めてで3週間あまり,不安だらけ(サラリーマン時代によく抱いていた不満はないが)であることは何度も書いたが,今日のような天気(私の住んでいる埼玉西部ではこの冬はじめての積雪じゃないかな)の日はさらに気分が滅入る。独りでいることは気楽だが行動選択に影響を与えるのは自分の意志しかないので,よく言われることだが,自己管理が非常に重要だ。

それでも私には家族(配偶者と幼子二人)があるので彼らのことを思い浮かべることで頑張る気持ちが出てきたりもするが(それでも萎えるときもある),独りで生活しているひとはどういうふうに生活を「管理」しているのか不思議に思うことがある。私も結婚するまでの19から33歳まで,独り暮らしをしていたが,特に休みの日で人と会う予定もない日などは淋しさがこみあげてきたものだ。独りの気楽さと辛さ,これは仕事でも生活でも共通するものがあるのかもしれない。どうもこういう天気の日は仕事に身が入らない。

« 「不安はあるけど不満はない」 | トップページ | ゼチーアは苦戦しそう-米国の製薬企業もたいへん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/10033166

この記事へのトラックバック一覧です: 独りの気楽さと辛さ:

« 「不安はあるけど不満はない」 | トップページ | ゼチーアは苦戦しそう-米国の製薬企業もたいへん »