最近のトラックバック

« Windows Vista購入しました | トップページ | 「不安はあるけど不満はない」 »

2008年1月18日 (金)

子育ての楽しみと苦しみ

4歳の男の子と2歳の女の子,専業主婦の配偶者,おまけに莫大な住宅ローンまで持ちながらたいしたあてもなく会社員から足を洗いフリーランスをはじめたわたしは常識的には無謀でバカなヤツであろうと思う。元旦の開業かまだ(もう,か?)3週間だが,厳しさをひしひしと感じる。仕事がきていないわけではない。だが,一人でこなせる量はたかだか知れている。サラリーマン時代はあの程度の仕事量で何故あれほどの大金(といってもたいした金額じゃないが,社会保険や経費を考えるといまのわたしには大金におもえる)を社員に払うことができたのか不思議に思う。タイトルと内容がずれてきてしまっている。子育てに限らず,この世の苦しみと楽しみは同じものを違う角度から見ているだけのような気がする。子どもがほしいのにできないときは,子どもができたら,子育てができたらどれほど幸せかとおもう。子どもができ,泣き叫んだりわがままを言う子どもになやまされると一人の時間がほしいとおもう。一人だけの仕事場で家族の生活費を稼ぐためにしこしこと原稿を書いていると(おれのこと),家で子どもと接している配偶者は楽でいいなとおもう。その配偶者から子どもがわがままでイライラする,たまには一人の時間をくれ,というメールが何度も入ると気がくるいそうになる。子育ての楽しみはどこにある。仕事の楽しみはどこにある。

« Windows Vista購入しました | トップページ | 「不安はあるけど不満はない」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/9955070

この記事へのトラックバック一覧です: 子育ての楽しみと苦しみ:

« Windows Vista購入しました | トップページ | 「不安はあるけど不満はない」 »