最近のトラックバック

« 想像力の限界--知るとやるとは大違い | トップページ | 携帯電話の使い過ぎにご用心--不妊の原因となるかも »

2008年3月11日 (火)

intention-to-treat解析無くなる?

ジョージア工科大学(GIT)のMaysam Ghovanloo講師(assistant professor in GIT's School of Electrical and Computer Engineering)らが,服薬遵守を正確にモニタリングできる装置を開発した。磁気ネックレスのようなものを患者が身につけ,薬(この薬も磁気がつけられた特別な薬だ)を飲んで食道を通過すると,シグナルがネックレスに伝わり,その情報が携帯電話のような装置に伝わり,そこから,大学や病院に送信されるというしくみらしい。

臨床試験などの服薬コンプライアンスの改善や,実際の臨床における薬の飲み忘れを減らすのに役立つことが期待される,とあるが,そもそも,患者がこの装置をつけなければ何の情報も入ってこないのだから同じことなんじゃないだろうか。

詳細は昨年発表された論文(December 2007 issue of the IEEE Sensors Journ)に出ているとのことだが.....。(読んでいないのでわかりません)

« 想像力の限界--知るとやるとは大違い | トップページ | 携帯電話の使い過ぎにご用心--不妊の原因となるかも »

医学・医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/11177870

この記事へのトラックバック一覧です: intention-to-treat解析無くなる?:

« 想像力の限界--知るとやるとは大違い | トップページ | 携帯電話の使い過ぎにご用心--不妊の原因となるかも »