最近のトラックバック

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

ASCO2008-その1

「乞うご期待」と書いては見たもののシカゴに到着して初日から時差ボケでボーとしている。学会初日の30日,Education Sesseionsをいくつか聞いたが途中から眠ってしまってスライド写真を撮っているカメラまで落としてしまう体たらくだ。もっとも,ほかにもいびきをかいている人はいたし,Education Sessionsとはいえ,ドクター向けのEducationなのだから,素人の自分が時差ボケの頭で理解しようとしても睡魔が襲ってくるだけなのは当然かという気がしないでもない。

“Emerging Targeted Therapies in Non-Small Cell Lung Cancer”のセッションはここ数年,画期的な進歩を遂げ,海外だけでなく日本でもいくつかすでに承認されている分子標的薬の今後の課題や方向性(タイトルではin Non-Small Cell Lung Cancer[非小細胞肺癌;NSCLC]となっているが,特にNSCLCにだけ限定される話ではないと思った)をテーマとしたセッションだった。

イントロでコロラド大学癌センターのPaul A. Bunn氏は,今後の課題として,1)How to validate target(標的の妥当性の検証の仕方),2)How to develop biomarkers for pt selection(患者選択のためのバイオマーカーの開発),3)How to optimize trial design to allow for smaller subsets without paralyzing the clinical trial system(臨床試験の体制を壊さないで小集団の試験が行える最適な試験をデザインすること)の3つご挙げたが,最後の課題は個別化医療とは矛盾するものなので結局不可能でないかと感じた。

“Signal Pathway Inhibitors in Lung Cancer Therapy”というタイトルの講演を行ったH. Lee Moffitt癌センターのEric B. Haura氏は,現在臨床応用されているさまざまなチロシンキナーゼ阻害薬(tyrosine kinase inhibitors;TKI) を例に挙げ,各癌細胞がチロシンキナーゼのシグナル伝達系全体のなかのどこでどのような異常を引き起こしているのかなど,ネットワーク全体の中での機能解明が今後の課題である,というようなことを言っていたように思う。

半分眠気まなこで聞いていたのと,もともと私の理解をかなり超える話だったのでよく理解できていないとは思うが,たとえばEGFR阻害薬を例にとると,ある種の癌細胞にはEGFRの過剰発現が認められ,それを阻害(TKIやリガンド(抗体薬))することが癌の標的治療だとの説明を読んだことがある。しかし,わたしはそんな単純なものじゃないだろう,と思っていたし,事実そのようである。今の分子標的治療薬とよばれるものは,癌に特異的とされる分子(それが受容体の分子の場合もあれば,血管新生に関与する酵素の場合もある)を見つけて,それにあった阻害薬もしくは抗体薬を作るという考え方だが,講演のなかでHaura氏も示していたが,標的となりうる受容体や(同じことだが)遺伝子は現在知られているだけでもかなりの数があり,それらがシグナル伝達ネットワークのなかでどのような働きをしているのかは未解明な部分が多い。つまり,ある標的を効率よく特異的に阻害できる薬剤が開発されたとしても,その結果,シグナル伝達のネットワーク全体のなかで,その阻害によってどのようなことが起こるかはわからない。

“Manegement of Chronic Toxicities from Colorectal Cancer Systemic Therapy”のセッションでは,2番目に発表したノースウェスタン大学のMario E. Lacouture氏の“Reducing the Morbidity of EGFR-Associated Skin Toxicity”という講演が印象に残った。この人は皮膚科の専門医らしいが,EGFR阻害薬に多いといわれる皮膚の副作用について実際の症例写真などをたくさん示しながら説明していた。EGFR阻害薬の副作用としては,重大なものとしては間質性肺炎が言われているが,皮膚の副作用(発疹や掻痒)は広く(80~90%)認められるものの重大なものではないとされている。しかし,Lacouture氏のこの講演を聴いて示されたそのスライドを見ていたら,これがそんな軽い副作用だとは思えなくなってきた。もっとも,皮膚の副作用の発現は治療効果を示すものであり,副作用が多い人ほど癌治療の効果は高いということだが(白血病治療でDVHDの副作用が強く出て,それを乗り越えられた人のほうが完寛後の再発率が低いことから,GVL効果が発見されミニ移植が始まったということを連想した),いわゆる化学療法(cytotoxic drug)と比べて副作用の少ないと言われている分子標的薬でこれほどの副作用が出るのなら,「夢の抗癌薬」などとははるかに遠いなあと感じた。

“The Multidisciplinary Management of Colorectal Cancer Liver Metastases”というセッションも聞いた。肝転移大腸がんに対する化学療法,手術,放射線治療について,3人の演者が講演したが,化学療法と手術については,やはり,resectable(切除可能な)という言葉の定義が一定でないということ(このことはよく言われていることで,最初に発表したGasthuisberg/Leuven大学病院のEric Van Cutsem氏も最後のスライドで,No clear definition of unresectable liver metastatesと言っていたが)が,素人考えでは議論の混乱というか,話が前に進まない原因なのではないかという印象を持った。3人の発表の後,フロアからの質問で,2番目に発表したMDアンダーソン癌センターのSteven A. Curley氏(外科医)に対して「resectableの患者がいたとして,術前に化学療法をするか?」という質問があり,それに対してCurley氏は「それは個々の患者による」というような返事をしていたと思う。これなども私はどうも納得のいかないやりとりであった。resectableというのは,切除してよくなる,切除する意味がある,という言葉だと思うのに,resectableと決まった症例に対して術前化学療法をするかどうかを議論するというのはどういうことなのだろうか。

時間がないので今日はこのあたりでやめておきます。

2008年5月23日 (金)

乞うご期待?

月末から米国臨床腫瘍学会(ASCO)に行くので少しはトピックスを紹介しようと考えているが,請け負っている本来の仕事に取られる時間がよめないので全く配信できないかもしれない。そもそも,ASCOのような注目度の高い学会は,参加者も多いし,画期的な発表があればインターネットだけでなく既存のメディアでも流されるので,あまりがんばっても仕方ないという気もするが,とりあえず,久しぶりのASCOなのでできるだけ多くの発表を聞いてみようかとは思っている。新たな試み(そんなオーバーなものではないが)として,写真をアップロードするつもりだ(今乗せているのはパソコンにあるサンプルピクチャーなのでASCOが始まったら削除する予定)。ご期待下さい。

2008年5月 7日 (水)

文芸春秋5月号

サラリーマンでいたときはフリーランスにとってゴールデンウィーク(GW)など関係ないと思っていたが,いざ自分がその立場になってみると,そのような考えが必ずしも正しくないことを実感する。世間が大型連休騒ぎに入るとやはりこちらも気分的に休みモードに入ってしまう。子どもがいる場合は幼稚園や学校が休みになり,それだけで家族の生活リズムが休みモードになる。クライアント(仕事の発注者)も休みに入るので,メールも来なくなる。新規の仕事の打診も来ない。とはいえ,GW明けに納品しなければならない仕事がいくつかあるので,4月の最終週から昨日まで,時々仕事をしたが,やはり能率はよくなかった。5月の1~2日は,子どもを連れて温泉&サファリパーク旅行に行った。連休の谷間だったので高速道路もスムーズで快適。天気はいまいちではあったが雨に降られることはなく,それなりに楽しい時間を過ごせた。しかし,人工サファリはやはりショボイ。わたしは1週間かけてケニアのサファリパークを回ったことがあるので比べたらショボく感じるのは当然かもしれないが.....。

昨日は文芸春秋の5月号をなにげなく開いて,久しぶりにたくさん読んだ。立花隆の同時進行ドキュメント「僕はがんを手術した-増殖するがん細胞」が意外におもしろかった。意外に,と書いた理由は,タイトルがつまらなく感じたし,以前このブログでも書いたが,医者などが自分の癌体験を書いた本はつまらないという先入観があったからだ。立花氏はもちろん医者ではないが,僕はがんを手術した?だからどうした?という気持ちを読む前から抱いてしまった。

実際に読むとさすがに立花氏の体験記は客観的で非常に面白かった。自身の個人的な体験(元奥さんの癌闘病にまつわるエピソードや自身の大腸ポリープ摘出経験)も交えて,今回の手術(膀胱がんに対する内視鏡を使った切除術(経尿道的膀胱切除術;TUR-Bt)に至った経緯や手術前日の東大泌尿器科での説明(ムンテラ)内容やその様子が詳細に書かれている。(ちなみに5月号がこのシリーズの第2回で第1回をわたしは読んでいない。次回(第3回)で終了のようだ→訂正:6月号を読んだところまだ続くようです)。東大の場面で出てくる北村教授や西松医師とは仕事でお目にかかったことがあるので,立花氏が書いているやりとりのニュアンスがよくわかってよけいにおかしかったということもある。

「大予測 五年後の『会社と社員』会社はもうかっても給料は上がらない。なぜだ?」もおもしろく読んだ。この記事は『日本の論点』編集部の執筆ということになっている。格差社会とか非正規雇用という言葉が最近ずいぶんとメディアに流れているが,バブル崩壊以降の企業の雇用状況の流れ・変化を正しく捉えていれば,このような状況が生れるのはほぼ確実に予測できたはずだ。わたしは去年でサラリーマンを「自主卒業」してしまったが,ここ数年,会社の中に占める派遣社員や契約社員の比率の増大にはずっと驚いていた。単に数が増えているだけでなく,仕事の内容や責任が正社員に近づいていく傾向が明らかだからだ。それでも仕事の負荷の増大に比例して待遇もよくなっているのであれば納得だが,実際はそうではなく,人件費の節約のために正社員は雇わず派遣社員や契約社員を入れろ,という姿勢を会社は何の疑問もなくとっていた。文芸春秋のこの論文に書かれていることのポイントの1つは,日本の正社員の守られ方(待遇および身分の保証)は諸外国と比べても突出した守られ方であり,5年後もそのような状況が続いているかどうかは疑問だという点だ。つまり,正社員の中でもますます本当に優秀な人だけがサバイバルでき,正社員という身分だけで安泰という状況は今後維持できない可能性が高いという。しかし,このことは,現在,派遣社員や契約社員,あるいは,「もっと低い身分」(?)であるわたしのような個人事業者にとっては必ずしも悲観すべきことではないと思う。その理由は.....わかる人にはわかるはずだ。

「独占取材 幻の日銀総裁 武藤敏郎の告白---政治家はわかっていない。渦中の男が明かす」は日銀総裁候補として政府から指名されながら民主党の反対で参議院で承認されなかった武藤敏郎氏とのインタビューから生れた記事だ。筆者の岸 宣仁氏は記者として武藤氏と30年近いつきあいがあるという。この文章だけを読むと武藤氏は非常に優秀で,今回の政争の犠牲者のようにも感じてしまう。武藤氏に非常に好意的な書き方だ。素人だからもちろん日銀総裁の仕事のことなどわからないし,武藤氏の優秀者も本当のところは理解できていないが,わたしは前総裁の福井氏が村上ファンドに出資していた問題が話題になったとき福井氏はすぐに辞任すべきだと強く感じた。したがって,その福井氏の下で副総裁として,彼を支えていた武藤氏はそれだけでも次期総裁になるべき人ではないと思っていた。

「総力特集 脳力革命──空前の脳ブームに決定版」(取材・東嶋和子氏)は,茂木健一郎氏,川島隆太氏,神山 潤氏,藤原正彦氏の4人に取材した内容を別々にまとめたものだ。最初の2人はおなじみの脳学者で,別に目新しい感じはしなかった(内容的にも)。神山 潤氏という人は知らなかったが,睡眠の重要性,特に,単に睡眠時間の長さだけでなく,サーカディアンリズム(24時間リズム)に合った生活が重要で,午前中に最も頭を働かせる活動をするのがよいということや,午前中から日中にかけて光をあびることの重要性を指摘している。これも内容的には別に新しいことではないのはわかっているが,それでも,ついつい夜遅くまで,時には徹夜で仕事をしようとしてしまうわが身を振り返って,改めて,早寝早起き,能率よく仕事をすることの重要性を確認させてくれた。睡眠の重要性,特に成長期の睡眠の重要性を示唆する研究は最近多く,小児期にきちんとした睡眠を取っていないと肥満になりやすいなどという記事も読んだ記憶がある。藤原正彦氏の記事は「天才を作る六つの条件とは」というタイトルで,これはまあ自分には無縁のレベルでの話だし,内容的にも陳腐な気がした。

ほかにも読んだものはあるが,長くなったのでこのへんで終わりにする。普段,週刊誌はよく読むが,お堅い月刊誌はあまり読まないのでおもしろかった。これで1000円しないのだから,やはり活字は安い!

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »