最近のトラックバック

« ASCO2008-その3 | トップページ | バンジージャンプの衝撃 »

2008年6月12日 (木)

プラセボ効果を構成する要素を検証?

仕事がたまっているのでそちらを処理しなければいけないのだが,準備体操のつもりで海外文献を拾い読みしていたら,おもしろそうなタイトルの抄録を見つけたので目を通した。これが失敗だった。“Components of placebo effect: randomised controlled trial in patients with irritable bowel syndrome”というBritish Medical Journalに掲載された論文で,components of placebo effectというところに興味を引かれて読んでみたがこれがさっぱりわからない。いや,書いてあることは理解できているつもりなのだが,こんな試験をする意義が全く理解できない。また,研究内容にそもそも論理的矛盾があるような気がして仕方がない。

目的のところで,プラセボ効果を実験的に3つの要素に分け,その3つをその後併用していくことで,これら3つの構成要素の相対的な重要性を検討するとある。対象は過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome;IBS)の患者262例(平均年齢39歳,女性は76%)で,プラセボ効果を1)assessment and observation(経過観察),2)placebo treatment(偽の鍼治療),3)supportive patient-practitioner relationship(支持的態度で患者に関心を向ける患者-医師関係)に分け,1)のみを「observation群」,2)のみを「limited群」,2)に3)を加えた群を「augmented群」として,無作為割付してそれぞれの「プラセボ治療」を3週間行い,半数は6週間継続させた。

結果は,Global improvement scale (range 1-7),adequate relief of symptoms, symptom severity score, and quality of life,のいずれにおいても,「augmented群」が有意に改善度が大きく,結論では「プレセボ効果に関係する因子を用量漸増(dose escalation)するようなやり方で加えていくことが可能だ。非特異的な(プラセボ)効果が臨床的にも統計学的にも有意なアウトカムをもたらし,患者-医師関係はその中でも最も確実に効果の得られる(robustな)要素である」としている。

この試験はいったい何を証明したいのだろう?そもそもプラセボ効果を1)assessment and observation,2)placebo treatment,3)supportive patient-practitioner relationship,に分けたことが恣意的なものだし,その3つをプラセボ効果の構成要素と決め付けて試験を開始しているのがよくわからない。

しかも,IBSのような自律神経の不調が関係していると思われる疾患で,なにもしない(経過観察),偽の鍼治療,偽の鍼治療と良好な患者-医師関係,に分ければ,最後の群で症状が改善される可能性が高いことは当然のことではないのだろうか。

このような試験が論文となりBMJというようなジャーナルに載る(筆頭著者のTed J Kaptchuk氏ははハーバードの准教授だ)ということは,医学的・科学的に意義のある論文ということなのだろうか。

« ASCO2008-その3 | トップページ | バンジージャンプの衝撃 »

医学・医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/21587035

この記事へのトラックバック一覧です: プラセボ効果を構成する要素を検証?:

« ASCO2008-その3 | トップページ | バンジージャンプの衝撃 »