最近のトラックバック

« もう8月-光陰矢の如し | トップページ | 北京オリンピック感想-2 »

2008年8月12日 (火)

北京オリンピック感想-1

金曜日から北京オリンピックのテレビ観戦に時間を費やしたり,事務所に「出勤」していても日本人選手の成績が気になってブラウザでニュースサイトをチェックしてばかりいる。特にスポーツ好きというわけでもなく,ナショナリストでもないのに自分でも不思議に思う。4年に1度の開催ということで,オリンピックが過去を振り返ったときの記憶の節目となりやすいことも関係しているのかもしれない(歌謡曲などである時期に流行ってよく聞いていた曲とそのときの経験が一緒になって思い出されることがあるのと同じだ)。

ちょっと前,女子マラソンの野口みずき選手欠場を知った。非常に残念だ。わたしは今回のオリンピックで野口選手を一番応援していた。オリンピック前に放送された彼女の練習ぶりを伝えるテレビ番組も観ていたし,アテネの金メダリストでありながら,シドニーの高橋尚子ほどメディアに取り上げられないことで逆に好感を持っていた。陸上選手として若い頃から全国的に注目されていた名選手でないにもかかわらず,圧倒的な練習量で実力を伸ばし,過去6回のマラソンのうち5回も優勝している。スイスから早期帰国したとはいえ,まさか欠場にまでは至らないだろうという根拠のない希望的観測を抱いていただけに本当に吃驚だ(昨夜か今朝のテレビだったかは忘れてしまったが,スポーツライターの二宮清純氏が,明日から北京に取材に行くのだが,野口みずきに一番注目していると言っていた。その口ぶりから,野口みずきの出場を前提としているような印象を受けたので,野口出場を確信する「裏情報」でも持っているのかと思ったが,そうでもなかったようだ)。

柔道の谷亮子が準決勝で負けた試合に関しては,最後に谷選手にだけ指導が出たことに疑問を感じた人も多いと思う。わたしもあの判定は不公平じゃないかと思ったし,何よりも試合そのものがつまらなかった。あれで勝って飛び上がって喜んでいた相手のルーマニア選手(美人ではあるが)のリアクションにも違和感を感じた。もっとも,このルーマニアの選手が決勝でも勝って金メダルを取ったらしい(興味がないので試合も観ていないし,どういう勝ち方をしたのかも知らない)。今回だけに限らないし,これもすでにいろんな人が感じていることだろうが,柔道は“指導”や“効果”のポイントだけによる判定勝ち/判定負け,になる試合が多くなっている印象(あくまで印象)があり,つまらない試合が多くなっている気がする。(そういう点でも,男子66kg級で金を取った内柴選手の柔道は立派だと感じたし,今日も女子63kg級のの谷本選手がすべて1本勝ちで決勝に進んでいるという[とここまで書いてネットのニュースに目をやったら,決勝も1本勝ちで谷本金メダル,と出ている!!])。

北島の平泳ぎ100メートル金メダルも文句なく素晴らしいが,決勝直後のインタビューで涙を流していたシーンには好感を持った。自信満々でボクシングのチンピラ亀田ほどひどくはないが,どちらというとビックマウスタイプだと思っていた。ただ,世界新記録はレーザーレーサーの水着によるプラスが0.05くらいあるんじゃないかとは感じた。

« もう8月-光陰矢の如し | トップページ | 北京オリンピック感想-2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/22942985

この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピック感想-1:

« もう8月-光陰矢の如し | トップページ | 北京オリンピック感想-2 »