最近のトラックバック

« 政治問題の様を呈してきたVytorin(ENHANCE,SEAS)-「Ca拮抗薬」論争の再演か? | トップページ | 学会取材-日本受精着床学会 »

2008年8月27日 (水)

インドで代理出産した夫婦の記事を読んで-赤ちゃんは物じゃないぞ!

7月に日本人の夫婦がインド人の代理母に赤ちゃんを生んでもらったが,出産の直前にこの日本人夫婦が離婚したため,赤ちゃんがインドから出国できないというニュースが最近新聞や雑誌で報道され話題になっている。わたしは自分自身,長男を体外受精(顕微受精[ICSI])で授かったので,不妊治療や生殖補助医療(ART)にはとりわけ関心が高いが,今回のニュースは純粋な医学的問題というよりも,不妊治療というものに対する考え方やかかわり方における問題が浮き彫りになったケースという気がする。

ここでは,週刊朝日8月29日号(131~133ページ)の記事<インド代理出産 「夫」の告白と「離婚妻」の言い分>という記事を読んでの感想などを記したい。この「夫」は40代の医師であり(専門は不明だが産科医でないことは間違いない。ネットで調べたら45歳とあり,わたしとほぼ同年代だ。また,この「夫」は離婚歴があり,最初の結婚で子供をもうけており,その子供とは離婚後会えていないという),前妻も40代だという。昨年10月に結婚してすぐに不妊治療をはじめたそうだが,女性の年齢を考えればこれはおかしいことではないかもしれない。解せないのは,この「夫」が結婚前からインドを訪れ,代理出産の準備をしていたらしいことだ。

昨年の10月に結婚して,その翌月の11月に夫婦でインドを訪れ,代理母となった20代のインド人女性と契約を結んだとある。この契約書には前妻も同意書に署名をしており,そのことからこの前妻の「無責任さ」(出産以前に離婚してしまったこと)は非難されるべきだが,これについて週刊誌の記事には前妻の言い分として<同意書は読む時間も与えられず,当時,新婚2ヶ月目だった私は到底納得出来る内容ではないため署名を断りました。しかし,病院側は「あなたのご主人の赤ちゃんは彼1人で迎えに来るから問題ないし,この同意書に法的拘束力はない。」と,元夫は「あなたに押し付けることはないので,書名しろ。」と両者に言い立てられて,署名させられました>と書かれている。

この記事を読む限り,確かにこの「夫」の奇妙さが強く印象付けられるが,前妻の行動にもわたしは疑問が残る。上記の前妻の言葉は,まるで訪問販売で商品や契約内容がよくわらぬまま契約書にサインさせられてしまった,と言っているようだ。

しかし,この女性は少なくとも9ヶ月の不妊治療歴があり,代理母というものがどういうものかぐらいはわかっていたはずだ。今回の場合は,卵子提供者は代理母とは別のネパール人の女性(そのことが問題をさらに複雑化させ,赤ちゃんの国籍問題や出国問題に障害となっているのだが)で,精子はこの「夫」のものらしい。インドでは,遺伝的に父親あるいは母親がインド人でない限りインド国籍を取得することはできないため,この赤ちゃんはインド人としてのパスポートはとれない。しかも,独身男性(今のこの「夫」は独身男性だ)は子供の親権を得ることはできないという。

この「夫」は医師でありながらどうしてこうも奇妙な行動を取ったのだろうか。そもそも,前の結婚で子供を作っているのだから,この「夫」は男性不妊ではないはずだ。40代の前妻が結婚後すぐに不妊治療を開始したということは,妻になんらかの不妊原因があることがわかっていたためだろうか。<インドで昨年の11月にIVF(体外受精)に挑戦し,その後,日本で2度不妊治療を行うも失敗>と記事にはある。日本で2度の不妊治療の内容が書いていないのでわからないが,IVFとかICSIとか,いずれにしても,ARTによる治療を行ったのであろうことは想像できる。

この記事には最後のほうに「夫」の父親というのも出てきて,<(中略)息子はSY,つまり世間がよくわからない。子供が欲しくて,もう年齢がいっているから急いでいるのかなとも思いますが>と言っているが,一番よくわからないのはあなたの息子さんですよ,とわたしは心の中で叫んでしまった。

この記事に出てくる,「夫」,前妻,「夫」の父親,の発言を読んでいると,どう言えばいいのか,とにかく軽い印象を受ける。直接責められるべきは「夫」と前妻であり,一番責任が重いのはこの「夫」に違いないが,とにかく,赤ちゃんを作るということを物を作るのと同じようにしか考えていないのではないか。安い労働力が供給されるので工場を中国に作って生産を始めよう,というような考え方と同じように感じてしまう。そうとでも考えなければ,結婚前からインドにわたり,向こうの代理母を探したり,向こうの医師と連絡をとりあったりしていたという行動がどうしても理解できない。

確かに日本で代理母による出産をすることは非常に困難だが(それを違法とする法律はないが,日本の学会は原則禁止している。ごく少数の医師が自分の判断で試みているのが現状だ),この「夫」と前妻にはまだ,不妊治療としてやるべきことはかなり残っていたのではとわたしは推測している(判断材料は少ないが)。少なくとも,男性不妊ではないし,女性も日本でも「不妊治療を2回試みた」のだから,子宮摘出などの絶対的な不妊原因があるとは思えない。

結局,自分たちの性急な判断や思い込み,判断ミス,勘違い,などによりこのような事態を招いたのではないだろうか。一番の被害者はいまインドで「夫」の母親に付き添われているこの赤ちゃんだろう。

「赤ちゃんは物じゃないんだぞ!代理母であれ,体外受精であれ,あるいは自然妊娠であれ,子供を作って(妊娠して)生むことは大変な作業ではあるが,生んでから育てることのほうがもっと大変だし重要なことなんだぞ。そんなことに想いが至らないひとは不妊治療なんかにかかわるな」と言いたい気分だ。

なお,明日,福岡で開かれる日本受精着床学会の取材をする予定なので,取材を依頼されている演題以外で聴講できるものがあれば聞いてみて,感想を書いてみたいと思います。

« 政治問題の様を呈してきたVytorin(ENHANCE,SEAS)-「Ca拮抗薬」論争の再演か? | トップページ | 学会取材-日本受精着床学会 »

不妊治療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/23281312

この記事へのトラックバック一覧です: インドで代理出産した夫婦の記事を読んで-赤ちゃんは物じゃないぞ!:

« 政治問題の様を呈してきたVytorin(ENHANCE,SEAS)-「Ca拮抗薬」論争の再演か? | トップページ | 学会取材-日本受精着床学会 »