最近のトラックバック

« 学会取材-米国骨代謝学会(ASBMR) | トップページ | ネット難民をメシの種にする弁護士-ネットカフェの広告にびっくり »

2008年9月30日 (火)

季節の変わり目-体調不良

季節の変わり目は体調を崩しやすいと言われるが,わたしもきまって調子が悪くなる。やはり温度の変化が大きい日々が続くと風邪を引くことが多い。ASBMRから戻った後,ここ10日間ほど風邪ぎみで仕事がはかどらない。26日は大阪の乳癌学会を取材したが,依頼された演題を取材しただけでそれ以外のセッションに入る気力を持てなかった。

体調が悪いときは物事を悲観的に考えがちになるが,今のわたしもそんな気分だ。冷静に考えると客観的な状況は1か月前となにも変わっていない(仕事の状況は,8月下旬頃に9~11月の仕事がある程度決まり,その後,大幅に増えてもいないがキャンセルも発生していない)のに,自分の能力や今後のことが不安になってくる。おそらく,体調の悪さが体力の衰えと結びつき,「老い」を連想させるからだろうか。こんなとき,街を歩くと健康でノーテンキなやつらばかりと感じてしまうから体調が精神に与える影響はやはりバカにできないと思う。

徒然草の「友とするに悪きもの七あり」といううろ覚えの一節が何故か浮かんできた。書棚の文庫本を探して出してきたら,悪きものとして「一には高くやんごとなき人,二には若き人,三には病なく,身強き人」とある。確かに,健康優良児の鈍感野郎とはつきあいたくない。

実はわたしは占いが嫌いではなく,週刊誌の占い欄などがあると必ず読んでしまう。週刊現代は占いコーナーだけが目当てで毎週買っているようなものだ。ほかにも,週刊朝日にも占いコーナーがあるし,新聞でも朝日新聞夕刊の占い欄はほぼ毎日目を通している。昔は手相の本を何冊か買って,勉強したこともある。新宿の母には観てもらったことはないが,サンシャインの母には占ってもらったことがある。女性ならともかく,男が占いなどと書けばたいていはバカにされるのがオチだが....。

« 学会取材-米国骨代謝学会(ASBMR) | トップページ | ネット難民をメシの種にする弁護士-ネットカフェの広告にびっくり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/24135214

この記事へのトラックバック一覧です: 季節の変わり目-体調不良:

« 学会取材-米国骨代謝学会(ASBMR) | トップページ | ネット難民をメシの種にする弁護士-ネットカフェの広告にびっくり »