最近のトラックバック

« カイロから-目前のピラミッドの存在感に圧倒される | トップページ | 学会取材-米国腎臓学会(ASN 2008)-① »

2008年10月29日 (水)

スタジオアリス-後日譚

後日譚と書くとオーバーだが,カイロ出張中に,先日スタジオアリスで撮影した七五三の写真(アルバム)が仕上がった。前のエントリーでスタジオアリスについて書いた際,最後に「サービス版程度のサイズのアルバムと,2カットのアルバム2つ(中略),以上と撮影料,貸衣装代,着付け代など混みで5万数千円だから高くはない......」と書いたが,出来上がったのはサービス版どころか,30cm四方程度の立派な本格的アルバムだった。全4カットのそのアルバム1冊と2カットのアルバム2冊,それに,2L判程度の写真2枚を入れた額1つ。写真の仕上がりも素人目にはよく撮れていると思った。お宮参りのときは息子のときも娘のときも,ホテルに入っている「本格的」写真館で撮影してもらったが,撮影後の納品アルバムはスタジオアリスと同程度で,確か10万円以上は支払った記憶がある。別にスタジオアリスに金をもらっているわけではないが,コストパフォーマンス的にはやはりすばらしいサービスだと改めて感心した。

ところで,後日譚といえば,3日前に帰国したカイロ出張のほうがいろいろと書きたいことがあるのだが,来週からフィラデルフィアへ出張があり,その前の仕事処理と出張準備などでバタバタしているのでしばらくはブログ更新はできそうにない。

フリーランスにとって一番重要な「経営課題」は健康維持であり,そのことは1月に独立してから常に頭においてきたつもりだが,最近,その重要性を再認識させられている。

« カイロから-目前のピラミッドの存在感に圧倒される | トップページ | 学会取材-米国腎臓学会(ASN 2008)-① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/24845449

この記事へのトラックバック一覧です: スタジオアリス-後日譚:

« カイロから-目前のピラミッドの存在感に圧倒される | トップページ | 学会取材-米国腎臓学会(ASN 2008)-① »