最近のトラックバック

« 「派遣切り」と「雇い止め」 | トップページ | ブログを書く理由-準備体操としてのブログ »

2009年1月23日 (金)

理解できない-「第三者の卵子提供による体外受精」だけを取り上げる感覚

締切の原稿がまだできていないのでブログばかり書いているのは気が引けるのだが、「非配偶者間の体外受精、クリニック団体も2例の出産成功」という記事を偶然、目にしたので書かずにはいられない。

わたしは、自分自身、不妊治療経験者だが、今の仕事をはじめるずっと以前から疑問に思っていたのは、AID(artificial insemination by donor;非配偶者間人工授精)のことだ。日本では、すでに1948年からAIDが実施されており、すでに1万人以上の赤ちゃんがこれによって生まれているとされるのに、これに関する調査やフォローアップは十分されず、メディアでもあまり取り上げられない。最近ではAID施行例は減っているようだが、これだけの人数がAIDで生まれているとなると、知らぬまま異母兄弟で結婚しているカップルが日本で生まれている可能性も十分あるはずだ。

それなのに、厚生科学審議会の生殖医療部会が、「非配偶者からの精子・卵子の提供・胚の提供を認め、子どもの出自を知る権利を認める報告書」をまとめたのはやっと2003年になってからだ。

学会でも世間でも、「第三者の卵子提供による体外受精」に関する議論のみが頻繁になされているような印象を受けるが、50年以上の歴史のあるAIDを振り返り、それに関与した大学医学部や病院、個人(当初は医学部の男子学生などがボランティアあるいは半ば強制(?)で精子を提供していたと聞く)から事実関係を調査し、過去のAIDに関して、問題点はなかったか、今後もAIDを続けるのか、続けるとすれば、どういう基準で行うべきなのか、そういうことをもっと議論すべてきではないのかと思う。

50年前の不妊治療が現在からみて技術的にはもちろん、その施行規準やルールといった面でもかなり不適切であったことは十分推測できるが、だからといってそれに目をつぶっていていいわけがない。少なくとも1万人以上がAIDで生まれ(ということは、自分の父親が実は生物学的父親ではなく、そのことを知らない人が1万人いて)、その人たちのうちのかなりの数の人もすでに結婚して子どもをもうけているということだ。

そういうことを問題にせず、「第三者の卵子提供による体外受精」が是か非かだけを議論する学会や厚労省、マスコミの姿勢が理解できない。

http://blogrank.toremaga.com/

« 「派遣切り」と「雇い止め」 | トップページ | ブログを書く理由-準備体操としてのブログ »

不妊治療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/27383243

この記事へのトラックバック一覧です: 理解できない-「第三者の卵子提供による体外受精」だけを取り上げる感覚:

« 「派遣切り」と「雇い止め」 | トップページ | ブログを書く理由-準備体操としてのブログ »