最近のトラックバック

« 香川県立中央病院の“受精卵取り違え”事故 | トップページ | 素晴らしい医学統計の本を見つけました »

2009年2月27日 (金)

授業料未納者に「卒業証書渡さない」,ことが「不適切」」なのか?!

今年に入ってからは,医療・医学関連以外のことを書くことが多くなり,「ちょっとメディカル」というタイトルを返上しなきゃいけないかなあという気分になっている。

それでも,授業料未納者に「卒業証書渡さない」通知 島根県教委> という記事が目に止まり,???と疑問符が湧いてきた。

<島根県の8つの県立高校が、保護者向けに「授業料を滞納している生徒に卒業証書を渡さない」と通告していたことが27日、分かった。県教育委員会は「卒業証書を人質に取ったと思われても仕方なく不適切」とし、各校を厳重注意した。>とあるが,どうして学校が厳重注意されなきゃいけないのか。不適切なのは授業料を払わなかった生徒(保護者)のほうじゃないのか。

この8つの高校の1つは安来高校で,記事には,<県教委などによると、安来高校(安来市)は、毎月約10人の滞納があり、今年1月に3年生の約150人全員に「期限までに全額納入がない場合、卒業証書をお渡しできません」との文書を配布。期限までに納入があり3月1日の卒業式では全員に卒業証書を授与する>とある。

残りの7校についてはこの記事では高校の名前は出ていないが,<ほか7校は、平成16年度以降、支払い能力があるのに滞納していた保護者計65人に、口頭や文書で通告。うち1校では18年度、1人に卒業式で証書を渡さず、後日に手渡した>ということだ。

きわめてまっとうな対応ではないのか。この8つの学校の対応のどこに厳重注意されるべきところがあるというのか。

教育委員会がこういう対応をとり,それについて新聞が批判記事ならともかく,一見すると学校側が悪いような記事を書くから,よけいに事の本質が見えてこなくなる。

こんな記事を目にした子供はどう考えるだろうか。まともに育っている人間であれば,高校生にもなれば,「払うべきものを払わなければもらうものはもらえない」ということは理解でき,教育委員会の対応がむしろおかしいことに気づくだろうが,「支払い能力があるのに滞納する」ような親に育てられてきた高校生なら,教育委員会の厳重注意が当り前と信じ,学校の対応を間違っていると思い込むのではないだろうか。

そんな考えに疑問を持たずに高校を“卒業”した人間が結婚し,子どもを作れば,自分の子どもの給食費も授業料も払わず,学校が悪い,と言うに決まっている。

家賃の支払いが滞ればアパートを追い出され,住宅ローンの返済ができなくなれば家を手放さなければならない。電話代を払わなければ通話できなくなり,電気代を払わなければ電気は止められる。こんなあたりまえのことすら教えられなくて,何が学校だ,何が教育委員会だ。

« 香川県立中央病院の“受精卵取り違え”事故 | トップページ | 素晴らしい医学統計の本を見つけました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/28393395

この記事へのトラックバック一覧です: 授業料未納者に「卒業証書渡さない」,ことが「不適切」」なのか?!:

« 香川県立中央病院の“受精卵取り違え”事故 | トップページ | 素晴らしい医学統計の本を見つけました »