最近のトラックバック

« 最近のニュース雑感 | トップページ | チョーつまらなかったウルトラマンショー »

2009年3月25日 (水)

気になる言葉の使い方-その① 「プレシャー」「開き直り」

20日と21日,日本循環器学会(日循)の取材仕事で大阪へ行っていたが,速報の仕事だったので自分の担当演題の取材とその原稿書きで手一杯で,他の演題を聴講する時間がなかった。いや,本当は時間を作れたはずだが,予想以上に原稿作成に苦戦し,いっぱいいっぱいになってしまった。情けない。(19日には,やはり大阪で開かれた国際蘇生科学シンポジウムも取材したが,その原稿はこれからだ。どうも取り掛かる前から疲れを感じる)。

昨日は,別の仕事で富山県の泊(とまり)というところへ日帰りで行ってきた。糸魚川から親不知海岸沿いを走る電車に乗って辿り着いた泊駅。人の気配の少ないさびれた感じの町並みだったが,集合時刻までに2時間近く時間があったので,ただ1つだけあった「大型スーパー」(実は小さい)に入り,フードコートのような蕎麦・うどんの店でランチの定食を食べた。ちょうどワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝戦を中継しているところで,10回表イチローのタイムリー安打まで見ることができた。野球ファンでは全然ないが,それなりに応援に力が入ったのはやはり国別対抗,という大会のせいであろう。

「気になる言葉の使い方」が全然出てこないが,その①,としたのは,今後いろいろと書いていきたいからだ。話し言葉であっても書き言葉であっても,他人の言動で気になること(内容ではなく言葉のチョイスやその使い方)というのは誰にでもあると思う。比較するデータもなければそのような試みをしたこともないのだが,わたしはそのように気になる頻度が平均より高いのではないかとずいぶん以前から感じていた。わたしのような仕事をしている人間にとって,これはむしろ必要な「資質」あるいは「感受性」だという気持ち(自負?)がある一方,どうにもやっかいな性質だなと感じることも多い。

いつまでたっても具体例に入れないが,野球の話に戻ると,野球の解説や報道にほぼ必ずでてくる,「プレッシャー」,「開き直る」という言葉はなんとかならないものかと思う。別に難しい言葉を使えと言うつもりはないが,もう少し語彙を増やしてもいいんじゃないだろうか。元選手の解説者などは,もともとそういう訓練を受けていないから仕方ないという気がしないでもないが(それでも,プロの解説者として金を取っている以上,表現・言葉の種類,使い方に気を使うべきとは思う),アナウンサーでもなんの考えもなく,「プレッシャー」,「開き直り」を連発しているのには閉口する。

« 最近のニュース雑感 | トップページ | チョーつまらなかったウルトラマンショー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/28803785

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる言葉の使い方-その① 「プレシャー」「開き直り」:

« 最近のニュース雑感 | トップページ | チョーつまらなかったウルトラマンショー »