最近のトラックバック

« 素晴らしい医学統計の本を見つけました | トップページ | 気になる言葉の使い方-その① 「プレシャー」「開き直り」 »

2009年3月17日 (火)

最近のニュース雑感

多忙なような多忙でないような,焦燥感だけが強く,それでいて充実感のない毎日が続いている。これも季節の変わり目につきものの体調の変化と関係があるのだろうか。幸い,花粉症には全く無縁なので,そういう苦しみは感じていない。ただ,風邪をひきかけているのは間違いない。全身に悪寒が走る。

しあさってから大阪で学会取材の仕事が2つ続くのに,その準備が不十分で焦っている。ブログの更新もしばらくできそうにないので,何か書きたいがどうも気力が湧かない(平均して週1回,月に4~5回の更新を自分で“ノルマ”と決めているのだが)。そこで気になった最近のニュースの感想でも書いてみる。

米国の製薬メーカー広告費を大幅削減-2008年度 米国の製薬業界の広告費支出が2008年は18.4%減り,430億ドル(約4兆3000億円)だったそうだ。このニュースで少し驚いたというか気になったのは,Of the top 10 advertising sectors, the drug industry's, ranked second, was the largest, followed by the top-spending automotive industry's 15.5% cutback and an 11.4% drop in ad spend for motion pictures. (産業別では広告費の落ち込みが一番大きかったのは製薬業界で,2番目は自動車産業の15.5%の低下,3番目が映画産業の11.4%の低下)というところだ。(広告費の総額では自動車業界がトップ,製薬業界は2位で,削減率では製薬業界が1位ということ)。

不況で広告費が削られるのは理解できるが,製薬業界の広告費削減率が1位とは米国の話とは言え,聞き捨てならない。何故なら,わたしの仕事の量,いわば食い扶持は,最終的には製薬業界の広告費の量に大きな影響を受けるからだ。広告費の構成内容の違いはあるにしろ(米国ではテレビを使った消費者[= 患者]向けの広告[DTC]がかなり多い),製薬業界の広告費の削減率が自動車産業より大きいとは意外だった。

●「葬式の金ない」白昼の熱海、妻の遺体空き地へ これは理解に苦しむニュースだ。<15日午後0時半頃、静岡県熱海市桃山町の路上で、「男が引きずっているシートから人の足が出ていた」との110番通報があった。駆け付けた熱海署員がシートの中を調べたところ、女性の遺体があり、同署は、近くのアクセサリー販売業中村寛容疑者(59)を死体遺棄の疑いで現行犯逮捕した。><遺体は妻の愛子さん(60)で、調べに対し中村容疑者は「14日昼頃、自宅で死んでいるのを見つけた。葬式の金がなく、自宅近くの所有地に埋めようと思った」などと供述。遺体に外傷はなく、同署は司法解剖して死因などを詳しく調べる。> ということだが,葬式の金がない→自宅近くの所有地に埋めよう,という発想はどこからくるのだろうか。まだ捜査段階なので真相はわからない....。事件(自分が殺したからどこかに埋めて隠す)なら動機は理解しやすいが。ただ,この「葬式の金がない」ことまで不況のせいにして,国や市町村の対策不備を批判する報道や記事が現われないことを願うばかりだ。

●日テレ「真相報道バンキシャ!」誤報問題と社長辞任 この種のニュースは正直のところ飽き飽きというか,全く驚かない。しかし,テレビにしろ新聞・雑誌の報道や記事にしろ,自分では眉に大量の唾をつけて見たり読んだりしているつもりでも,いつのまにか無批判に信じたり,受け入れたり,影響されてたりしているので注意が必要だ。今回の社長辞任劇では,会見「取材制限」で紛糾して,会見を2回やったそうだが,こんなもの,何回やっても,同様の“事件”はまた起きるに決まっている。

買い替えで不要になるアナログテレビを2万円で買い取ってくれる? 2011年の地デジ完全移行を推進するために,追加景気対策の一環としてアナログテレビの2万円での買い取り(プラスリサイクル料)を国が負担する,という案らしい。これまた,お金をばら撒いてくれるわけで,「ありがたい」話ではあるが,一体全体,お金はどこからこんなに湧いてくるのかと疑問を感じてしまう。わたしなどは,来年,ちょうどいいい機会だから,テレビの買い替えをしないで,テレビなしの生活をしようと少し考えていたところだ(実際,30代の初め,まだ独身だった頃,テレビなしの生活を2年ほど続けたが,慣れてしまえば全く不便を感じなかった)。しかし,どうせなら2万円じゃなく,5万円くらい出してくれんかなあ。

« 素晴らしい医学統計の本を見つけました | トップページ | 気になる言葉の使い方-その① 「プレシャー」「開き直り」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

広告費削減の話、アメリカの話としても聞き捨てなりませんね。

ここ数年、大型製薬会社の合併のあおりで、クライアントを一つ失った私も、
新規クライアントが出現して、まだまだ大丈夫と思っていましたが、
単価が下がるようなことになるだけでも困ります。
また、情報、お願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/28632706

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のニュース雑感:

« 素晴らしい医学統計の本を見つけました | トップページ | 気になる言葉の使い方-その① 「プレシャー」「開き直り」 »