最近のトラックバック

« 気になる言葉の使い方-その① 「プレシャー」「開き直り」 | トップページ | 週刊新潮,「謝罪記事」は「誤報」そのものよりひどい »

2009年4月 8日 (水)

チョーつまらなかったウルトラマンショー

昨年の12月,子どもにせがまれて見に行った炎人戦隊ゴオーンジャーのショーは意外におもしろくブログにも書いたが,それに味をしめて(?),先週,ウルトラマンショーを見に行った。さいたま市文化センターというところで行われた,円谷プロダクションの公式イベントだったが,これが全くつまらなかった。ゴオーンジャーショーは東京ドームシティーの野外スタジアムで行われ,安っぽいとはいえ,舞台装置もそれなりにあった。何よりも出演者たちがある程度アクションの心得があり,動きがよかった。つまらないお涙頂戴のストーリーはあったが,基本的にはテレビと同じような内容だったし,登場人物(登場怪物)の数も多く,テンポのよい繰り返しで見ていて飽きなかった。

ところが,今回観たウルトラマンショーは,まず舞台装置が全くショボイ。幼稚園の学芸会でももう少しマシな背景や大道具を使うだろうというぐらいの手抜きだった。ストーリーが単純,お涙頂戴なのは仕方ないとしても,ウルトラマン役をやった数名がみな小柄でしかも動きが悪い。本当にど素人がおっかなびっくりアクションをやっている感じで,観ていた席がかなり後方だったにもかかわらず,その動きの悪さにあきれた。

あの公演のチケットが1枚3000円(しかも大人も子どもも同じ料金。私のところは子ども2人なので配偶者とあわせて4枚,12000円也)とはボッタクリもいいところだろう。しかも写真撮影は一切禁止。屋内のショーなので上映中の撮影禁止は理解できるとしても,ショーのあとのウルトラマンとの握手会(さすがにこれは追加オプション料金取られなかったが)のときでも写真禁止とは一体どういう了見なのか。撮影を許していたのは会場の外とロビーにおいてあるウルトラマンの人形だけだった。子どもはそれなりに喜んでいたが,私は連日の「夜勤」仕事のため途中で眠ってしまった。もう円谷プロのショーには2度と行かないつもりだ。

一方,東京ドームシティーのショーは,前回気にいったのでまた行こうと思っている。この4月から シアターGロッソという屋内シアターが東京ドームシティーに出来たので,ゴールデンウィークの子どもサービスはその劇場で「侍戦隊シンケンジャーショー」を観るつもりだ。実はもうチケットを予約してしまった。こちらは1枚1500円で値段もウルトラマンショーに比べればまだリーズナブル。侍戦隊シンケンジャーとは,2月初めに終了したテレビ番組,炎人戦隊ゴオーンジャーの後釜だが,また子どもにつまらない(しかし安くない)おもちゃをせがまれそうでその点は少し気が重い。

« 気になる言葉の使い方-その① 「プレシャー」「開き直り」 | トップページ | 週刊新潮,「謝罪記事」は「誤報」そのものよりひどい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
最近ウルトラマンショーにかなり子供を連れていきますが、撮影禁止といったことはありません
むしろウルトラマンたちは快く応じてくれます
熊本にあるウルトラマンランドでも、そうですね

また、アクションはかなり熟練したスタッフがすると思われる動きを毎回見せています
ゴレンジャー系のアルバイトスタッフとは比べられないくらい、屋上イベントなどでもちゃんとしたスタッフが来るように感じます


ふっと、おもったのですが
円谷以外の団体(ニセモノ)がやってたのではないでしょうか?

保険の日高 様
>円谷以外の団体(ニセモノ)がやってたのではないでしょうか?
そうかもしれません。なにしろ,2年前の話ですから。場所は埼玉県(たぶん川口だった)でした。
でも,子どもは,ウルトラマンショーもゴレンジャー系のショーも,もう行きたいと言わなくなり,
なんだかさびしいです。(DSやポケモンにははまっていますが)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/29016614

この記事へのトラックバック一覧です: チョーつまらなかったウルトラマンショー:

« 気になる言葉の使い方-その① 「プレシャー」「開き直り」 | トップページ | 週刊新潮,「謝罪記事」は「誤報」そのものよりひどい »