最近のトラックバック

« 長時間並ぶほどでもない「モンスターズ・インク ライド&ゴーシーク!」 | トップページ | ちょっと期待はずれだった「侍戦隊シンケンジャーショー」 »

2009年5月 5日 (火)

あきれた日本の病院-これが本当ならああイヤだ-発熱患者の受診拒否

新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)についてはもう書く気はしなくなっているのだが,日経のサイトを見ていたら,こんなニュースがアップされていた。このニュースだけでは詳しいことはわからないが,日本の病院・医療はこんな程度なのかとかなりゲンナリした。リンクはいずれはずれるので,下に記事の全文をコピペしておく。

<発熱患者の受診拒否、東京都内で92件に  新型インフルエンザの感染者が出た国に最近渡航していないなど、感染している可能性が低いにもかかわらず、発熱などを訴えた人の診察を拒否するケースが東京都内の病院で相次ぎ、2日朝から5日正午までに計92件にのぼることが、都の調べで分かった。過剰ともいえる病院側の対応について、都感染症対策課は「病院は冷静に対応してほしい」と呼び掛けている。

 同課によると、診察拒否は、都が設置した発熱相談センターへの相談電話で判明。大学病院が断ったケースもあった。

 感染国への渡航歴がないのに発熱相談センターに相談することを勧められたという人が大半だが、同センターから一般病院での受診を勧められたのに診察を拒否されたケースもあった。中には「成田空港に勤務している」「友人に外国人がいる」と話したことで拒否された人もいたという。>

一般の人が冷静さを欠いて非合理な行動を取るのはまだしも,病院でこういう状況とは一体どういうことなんだろうか。こういうのこそ「医療崩壊」の兆しじゃないのだろうか。まあ,個々の状況や「受診拒否」というのが実際は他の病院への紹介ということなのかもしれないが,目の前に熱のある患者がいて,何も手当てしないで帰したとしたら,これはやはり受診拒否だろう。

« 長時間並ぶほどでもない「モンスターズ・インク ライド&ゴーシーク!」 | トップページ | ちょっと期待はずれだった「侍戦隊シンケンジャーショー」 »

医学・医療」カテゴリの記事

コメント

「諸君、担当医は、院長命に背き患者の診察を放棄した。受け入れ態勢がないから医療は出来んと言って患者の診察を勝手に断りよった。これが病院か。病院は受け入れ態勢がなくても受け入れをしなければならないのだ。検査キットがない、やれタミフルがない、リレンザがないなどは診察を放棄する理由にならぬ。

(中略)

担当医には応召義務があるということを忘れちゃいかん。病院は公立である。市長が守って下さる・・・」

以下、訓示は一時間以上も続いたため、当直明け通常勤務後の残業の連続で、抵抗力の落ちている医師がウイルスに罹り、病気で抵抗力の落ちた入院患者および外来患者に伝染する事態となった。

…。
……。
………。

感染者や感染者疑いを受け入れる、院内感染を防ぐための態勢が整ってないのに、「応召義務云々」で無理に患者を受け入れたら、院内感染が起きて「病院自体が感染源」になってしまう危険性があるんですけどね…。

感染者を受け入れるための準備が整っている「発熱外来」ならともかく、検査キットも無い、リレンザが無い、タミフルも無い、院内感染を防ぐための設備も整えられてない一般病院では、患者を受け入れられなくても仕方がないと思いますよ。

一般医療機関の現状はこんな感じです。

●タミフル・リレンザは既に出荷制限がかかっており現在は指定病院にしか入荷されない。各病院におけるそれらのストックも(当然ながら)万全ではない

●インフルエンザ検診キットは消費期限が短く、この時期に一般医療機関におけるストックはまずない。もし追加生産されても、それらは指定病院や検疫機関へ最優先に出荷される為、一般医療機関には入荷されない。

上記のように受け入れ体制が不充分な一般医療機関にてそのような患者を受け入れ、新型インフルエンザによる集団院内感染が発生したら誰が責任を取るんでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/29452933

この記事へのトラックバック一覧です: あきれた日本の病院-これが本当ならああイヤだ-発熱患者の受診拒否:

« 長時間並ぶほどでもない「モンスターズ・インク ライド&ゴーシーク!」 | トップページ | ちょっと期待はずれだった「侍戦隊シンケンジャーショー」 »