最近のトラックバック

« 豚インフルエンザ-よくわからん大騒ぎ | トップページ | どうにも異様な日本(人)の対応-豚インフルエンザ-本気で心配してんのか? »

2009年5月 2日 (土)

豚インフルエンザ-インフルエンザA型-「正しく怖がる」怖がり方とはどのようなものか

今日(5月2日)付けの毎日新聞,4ページの発信箱というコラムで,科学環境部の元村 有希子さんが,「正しく怖がる」という文章を載せている。なかなか素晴らしいコラムで感心した。

<「ものを怖がらな過ぎたり,怖がり過ぎたりするのはやさしいが,正当に怖がることはなかなかむつかしい」と書いたのは地球物理学者の寺田寅彦(「小爆発二件」)。このことは新型インフルエンザにぴたり当てはまる。>という冒頭の書き出しが非常にうまい。

さきほど夕方のニュースをテレビで見ていたら,今日がゴールデンウィークを海外で過ごす人の出国ラッシュのピークだというニュースが流れていた。関西空港でマスクをしながら出国審査に並ぶ人の列を見て,これは「正しい怖がり方」なのかなあといぶかしく思った。

その後,成田に到着した飛行機内で行われる機内検疫の様子を写したビデオ(ここ1~2日に乗客が撮影したものらしい)を放映していたが,ただでさえ疲れる飛行機の長旅をあんな目にあってまでしたくないと感じた。

そもそも,インフルエンザの潜伏期間は10日くらいのはずで,ゴールデンウィークで海外に行く人は渡航期間が1週間前後の人がほとんどだろうから,帰国時点での検疫はあまり意味がないはずだ。

そう思ってテレビを見続けていたら,SARS騒ぎのときに香川県に旅行した台湾人医師のエピソードが続けて放送された。この医師はSARSに感染していたが,成田到着時点では潜伏期間中で発症しておらず,台湾に帰国後発症が判明し,その医師が宿泊していた香川県のホテルや従業員が営業停止や外出禁止を強いられ,たいへんな目にあったという話だ。

そう考えると,今回はゴールデンウィークを海外で過ごす日本人が多いことから,帰国後数日~10数日(5月10日~20日)くらいの間に新型インフルエンザの患者が結構な数,出てくるのではないか。ゴールデンウィーク明けの2週間くらいこそ,しっかりマスクをして,あまり外出しないほうがいいんじゃないだろうか。

毎日新聞のコラムに話を戻すと,そのなかで元村さんは<この50年で診断技術は格段に進歩し,栄養状態も向上した。万一感染しても,タミフルなどの治療薬がある。>と書いているが,タミフルはそれほどの万能薬なのか。今回のインフルエンザが現時点で言われている「弱毒性」であるならば,タミフルがあってもなくても,安静にしていれば(栄養補給や安静・睡眠に注意していれば)数日で治るはずだし(タミフルやリレンザは発症後早期に服用しなければそのベネフィットは少ない)し,なによりもこれらの薬はノイラミニダーゼという,インフルエンザウイルスの増殖過程に必要な酵素を阻害するだけであり,ウイルスそのものを死滅させる薬ではないはず。

逆に,ヒトヒト感染が拡大した結果,現時点で弱毒性と言われている新型インフルエンザAが「強毒性」に変化したならば,タミフルやリレンザがあっても(ないよりはましだろうが),重症化する患者は相当多くなるのではないだろうか。

上記のコラムではまた<何より私たちは「情報」という武器を持っている。どこで何か起きても,その情報を専門家がすぐに共有し,ネットや電話会議で戦略を練る。(中略)今や世界が一つの人体のようなものだ。そこに侵入した未知のウイルスに対してできるのは,用心深く,冷静に向き合うことだ。難しいけれど,それに尽きる。>と結んでいる。

(中略)以降,それに尽きる,まではその通りだし,異論はないのだが,私たちが持っているという「『情報』という武器」が,「用心深く,冷静に向き合う」というわれわれの態度にどういう影響を及ぼしているのか,そのところの判断が書かれていない。

わたしの感想では,ネットやテレビ,新聞等から「『情報』という武器」が大量に流されているのはその通りだが,その武器の評価の仕方や使い方までマスターしている人は少ない。むしろ情報に過剰反応して無駄な動きをする場合が多いのではないか。だから情報は必要ない,などと言うつもりはもちろんないが,各人が置かれている状況はそれぞれ違うのだから,情報は情報として参考にしながらも,結局,各人で判断して行動する,それがもっとも大切なのではないだろうか。

狂牛病騒ぎのときもそうだったが,どうも誰も彼もが実際のリスクや自分が置かれている状況などを判断せず,同じ行動を取ってしまう。こういう騒ぎがあるたびに,なんだかなあ,もうちょっと冷静に考えようよ,といいたくなっていまう(最後は結局,昨日と同じような結びになってしまいました)。

« 豚インフルエンザ-よくわからん大騒ぎ | トップページ | どうにも異様な日本(人)の対応-豚インフルエンザ-本気で心配してんのか? »

医学・医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/29400640

この記事へのトラックバック一覧です: 豚インフルエンザ-インフルエンザA型-「正しく怖がる」怖がり方とはどのようなものか:

« 豚インフルエンザ-よくわからん大騒ぎ | トップページ | どうにも異様な日本(人)の対応-豚インフルエンザ-本気で心配してんのか? »