最近のトラックバック

« 床屋談義---溺れかけている人間のあがきのような自民党---梅雨明けまだかよ | トップページ | 八ヶ岳方面(滝沢牧場ほか)へ行ってきました-ETC割引は安いけど疲れる »

2009年7月28日 (火)

親の介護問題-①

親の介護という今の日本で“最もホット”な問題に直面している。母親はわたしが独立する3か月ほど前に心筋梗塞で倒れ,以来,頭はクリアだが心不全や脳梗塞,糖尿病,骨粗鬆症など,病気のオンパレード。父親は10年ほど前に脳梗塞を2度やり,身体麻痺はないものの脳血管性の認知症がここ3か月で急速に進んできた。

わたし自身は関東に住んでいるので,関西で2人暮らしをしている親をみているのは,親と同じ市内に住む兄夫婦(実務は義姉)と隣県に住む姉で,わたしは遠くから気楽な立場でいろいろ考えているだけだ(としか人には見えないだろう)。それでも,この2年間,平均すれば毎月1回は帰省し,1~3泊くらいはするので,時間的,経済的負担はそれなりにある。

父親が排泄を自覚的にコントロールできなくなり,大・小とも汚すことが多くなった。紙オムツをシブシブはかせ,母親との2人生活を続けていたが,母親が再入院(2年半前から数えれば,再々々々.....入院)し,入院期間が長期になりそうなので,2人暮らしも限界と判断し,父親を施設に入居させることになった。

それにしても,介護問題は難題だ。金,時間,人間関係(兄弟・姉妹や夫婦関係).....。

事故や病気,あるいは癌などで介護問題が発生する前に親が亡くなる「運のいい」人を除けば,われわれすべてがいずれ関わり,なんらかの対応をせまられる問題だ。しかも,明日はわが身であり,いずれ自分も介護される立場になる。ならないで済めば幸せだが.....。

書きたいことは山ほどあるが,締切を過ぎてやり残している仕事があるので,じっくり書いている時間がない。にもかかわらず,読めもしない介護関連の書籍をアマゾンで10冊近く発注し,ネットで介護や施設の情報を収集している。

ヘルパーさんや介護施設で働いている介護士さん,看護師さんなどには本当に頭が下がる。自分の親でさえ,汚物を処理したり糞便で汚れた身体を洗うのは楽しい作業ではない。介護施設にもさまざまな種類があり,それこそピンキリであるし,介護の仕事に従事している“介護のプロ”と呼ばれる人たちも,実際は,不況で仕事を失ったために人手不足の介護業界に「介護でもするか」,「介護の仕事くらいしかない」という動機で入ってきている人がいることもわかっている。もちろん,本当に“介護のプロ”と呼べる素晴らしい人もいるだろうが,そういう人はまだまだ少ないに違いない。

介護をささえる今の日本の制度や環境に改善余地が多いのはそのとおりだが,介護問題への対処は,最終的には個々の問題だと思う。現時点で介護問題(眼前にある具体的課題や将来の自分の問題として)をどう捉え,どう対処するのか,あるいはどのような準備をするのか。これから20~30年の間の日本人にとって,介護問題はわれわれ個人の生き方(死に方)や人間性を試される試金石になると思う。

極端な言い方をすれば,順風満帆な人生を送ってきた人でも,介護が必要になってから最後の10年がガタガタであれば,良い死に方はできないし,逆に,一般的な意味で成功した人生とは言えない人でも,それなりに暖かく自分が満足できる介護を受けて死ぬことができれば,人生の逆転サヨナラヒットを打ったことになるかもしれない。

最後に1冊だけ,オススメの本(雑誌)を書いておきたい。昨日届いて通読した1冊だ。介護する時される時 突然でも慌てない! (TJ MOOK) (ムック) 。発刊されたばかりなので,最新の情報が載っていて役に立つ。

« 床屋談義---溺れかけている人間のあがきのような自民党---梅雨明けまだかよ | トップページ | 八ヶ岳方面(滝沢牧場ほか)へ行ってきました-ETC割引は安いけど疲れる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同感です。私の母も、脳梗塞で倒れ、北海道の介護病棟でもう、4~5年になります。
私は時々行って、ウィークリーマンションや病院のそばの安いホテルに泊まってお見舞いするだけですが、
いつも介護の方やリハビリの方たちに、頭が下がります。
ずっとこのままでいいのかなと思うこともありますが、できることが限られているので、夏休みは孫の顔を見せるくらいしかできませんン。。

medwriterさん北海道ですか。わたしも7/19-22に子ども2人と配偶者を連れて帰省(大阪)しました。出発の前日に母親が今回の入院となり,結局,見舞い&父親の入る施設探しのための帰省でした。幸い,以前から資料を取り寄せていたいくつかの施設(有料老人ホーム)のなかで,入居一時金の安いところに1部屋空きがあり,まさに今日から体験入所ですが,兄弟間(わたしは3人兄弟の末っ子)でも考えの違いがあり,兄弟喧嘩のマグマが沸々しています。介護はホントに重要で,考え方によってはとても興味深いテーマだと考えるこの頃です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/30728256

この記事へのトラックバック一覧です: 親の介護問題-①:

« 床屋談義---溺れかけている人間のあがきのような自民党---梅雨明けまだかよ | トップページ | 八ヶ岳方面(滝沢牧場ほか)へ行ってきました-ETC割引は安いけど疲れる »