最近のトラックバック

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月24日 (月)

「侍戦隊 シンケンジャーショー」第2弾を観てきました

22日の土曜日,東京ドームシティー,シアターGロッソで,「侍戦隊 シンケンジャーショー」第2弾 シンケンゴールド見参!海中決戦之幕,を観てきた。5月のゴールデンウィークに第1弾を見たときはちょっと期待はずれだったが,今回はかなり良くなっている気がした。まるで,わたしがブログで指摘した問題点を読み(んなこたないだろうが),それらを解決してくれたような気持ちになった。

前回はゴールデンウィーク中ということもあってか,握手会も撮影会なかったが今回は,ショー終了後にどちらも行われた。もちろん有料(握手会は子ども1人につき500円,撮影会は家族全員がシンケンレッドと写真をとってもらいプリント代込みで1000円)だが,今回は,司会のお姉さんも復活し,以前の野外シアターのような一体感が少しは戻った。

舞台では前回より高所でのアクションも増え,なによりも,シンケンジャーたちの動きが前回よりもはるかによくなっていた。練習をつんだのか,あるいは,人を替えたのかはわからないが,室内シアターの難点である空間の狭さを多少は克服する動きと舞台装置になっていた。

最後のシンケンオーだけはやはりショボイ映像(テレビの画像を粗くしたものがそのまま映っている感じ)だったが,今回は,海中決戦の幕,ということもあり,海岸や海中の場面はスクリーンの映像と舞台を合成してなかなかうまくやっていた。

今回初めて登場したシンケンゴールドの動きも悪くなかった。ただ,サカナマル(さかなの形をした剣)が,鞘に剣を入れにくいのか,練習不足なのか,いずれにしても,剣を戻すたびに,ゆっくりと鞘の穴を探しながら剣をもどしている感じで少々ぎこちない印象を受けた。

しかしこういうことばかり書いていると,全然仕事しないで家族と遊んでばかりいるような印象を与えてしまうかもなあ。実際のところは,先週の月曜日から木曜日まで,1人で帰省し,親の介護で疲れるやら,気が滅入るやら。それでも子どもや配偶者は,容赦なく夏休みの家族サービスを求めてくるし........。まったく,サムライは辛い(おまえはシンケンジャーか?)

握手会(舞台の右端に子どもらが並んで,シンケンジャー全員と握手して舞台左からおりる)Img_6154_2

 撮影引換券(↓)(1000円也)

  Img_6168

2009年8月13日 (木)

八ヶ岳方面(滝沢牧場ほか)へ行ってきました-ETC割引は安いけど疲れる

8月7日から9日まで,八ヶ岳方面に遊びに行ってきた。ETC割引を利用するためETC搭載器をオートバックスで装着していざ出陣。圏央道から八王子JCTで中央自動車道に入り,行きは渋滞もなくスムーズだった。しかし,帰り(9日)は大変だった。

宿泊した施設(わたしの住む市が持っている安い保養所[というよりむしろ合宿所])が舗装道路から3kmほど奥まったところにあり,そこまでの砂利道が8日夜の大雨で流されてしまったらしい。9日の午前9時に出発しようと思ったら,道路が寸断されているから待機しろと施設から指示が出た。重機を3台手配して道を作っているところだという。結局,12時まで足止めを食って,ようやく出発。通過できるようになったはいえ,車が壊れてしまうんじゃないかと思うほどのでこぼこ道で,30~40分かけてようやく舗装道路に出られた。

そのあとすぐに帰宅の途につけばよかったのだが,それほど遠くないところに八ヶ岳アウトレットがあるというので50分ほどドライブ。たいしたモールでもないのに満員で車はモール外の臨時駐車場に止めることになった。

3時過ぎに小淵沢ICから中央自動車道に入ったが,そのあとは私にとって(おおげさでなく)地獄だった。途中,八ヶ岳PAで一度休憩するまではまだそれほど疲れていなかったが,そのあとは渋滞と日没が重なり,視力が急激に落ちてしまった。八王子JCT付近までノロノロ運転が続き,眼と身体の疲れがたまったところで,急に道路の流れがよくなったので本当に事故をおこすのではと怖くなった。

旅行そのものはまずますだった。宿泊施設のみすぼらしさ(これは覚悟していったのでまあ,あんなもんかと言う感じだった)をのぞけば,晴天ではないものの,昼間,雨にはあわなかったので,滝沢牧場で子どもを馬に乗せたり,牛の乳搾りを体験させたり,別の牧場では羊と遊ばせたりと,首都圏ではできない体験をさせることができた。しかし,今年の夏の天気はどうもヘンだ。太陽が照りつけて皮膚がヒリヒリするような晴天が全然ない。それでいながら湿気が多くて不快だ。どうも,いまの自分の生活や日本の状況と重ね合わせてしまう。

Img_6053802 

Img_611080_4

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »