最近のトラックバック

« 親の介護問題-③:介護施設の人員配置基準から考える施設介護の恐ろしさ | トップページ | とりとめないエントリーのためのエントリー »

2009年9月29日 (火)

ICS 2009 (国際禁制学会)取材

今日からInternational Continence Society(国際禁制学会;ICS)の取材のためサンフランシスコへ行く。昨年,カイロまで行った「おしっこ」の学会だ。この仕事はサラリーマンの時から続いている仕事で,ICSはもう5回目だ。昨年のカイロの取材は,帰国後,猛烈な下痢に悩まされ,そのあとあったフィラデルフィアでの米国腎蔵学会(ASN)の期間中も,ずーっと腹痛&頻便(こんな言葉あるのだろうか)に悩まされた。

今回はサンフランシスコなのでカイロで経験したような下痢の心配はない。新型インフルは注意しなければならないが,これは今や日本にいても同じだろう。

仕事は取材というか,演題の撮影と録音仕事が中心なので,肉体労働が中心で,自分の好みでセッションに出席したり聞いたりする余裕は学会速報以上になさそうだが,まあ,なんとか時間を見つけて,1つ2つは紹介してみたい。

尿失禁や便失禁は介護にも関係してくる重要な問題で,個人的にも興味は強く持っている。

あと,知らない人は知らないのだが,サンフランシスコだけでないが,アメリカの沿岸部は魚介類がうまい。ウニ,イクラなど,寿司を一杯食べこようと思う。アメリカンステーキもきっと食べるだろうが,こちらは最近,胃袋が小さくなって若いころほど受け付けてくれない。

長いフライトは憂鬱だが,直行便で乗換えがないことだけが唯一助かる。

« 親の介護問題-③:介護施設の人員配置基準から考える施設介護の恐ろしさ | トップページ | とりとめないエントリーのためのエントリー »

医学・医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/31553658

この記事へのトラックバック一覧です: ICS 2009 (国際禁制学会)取材:

« 親の介護問題-③:介護施設の人員配置基準から考える施設介護の恐ろしさ | トップページ | とりとめないエントリーのためのエントリー »