最近のトラックバック

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月26日 (月)

ついに出た!- インフルエンザワクチンの大騒ぎに対する批判記事

新型インフルエンザのワクチンをめぐる政府や日本国中の混乱やバカ騒ぎ報道を見ていて,いつかこういう記事が出ると思っていたが,ついに出た,という感じだ。

若者よ、新型インフルエンザに大いにかかれ
21世紀型医療は「自分で治す」~手を洗うな、マスクはするな、キスをしよう

というこの記事は,Japan Business Pressというサイトにされたもので,川嶋 諭 氏によるレポート記事だ。発言は<免疫学の世界的権威である>安保徹氏(新潟大学大学院教授)によるもの。

見出しだけを拾ってみても,<ワクチンに多額の税金は全くのムダ>,<若い人よ、積極的にインフルエンザにかかりなさい!>,<公園で子供を遊ばせた日は手を洗わせない>,<人間はウイルスを取り入れるためにキスをする>,<21世紀型医療は自己治癒力のサポート役>,<定期健診の数字に怯えるとがんにかかりやすくなる>

となかなか刺激的な言葉が並ぶ。しかし,冷静に読んでみると,それほど過激なことや無茶なことが書かれているとは思えない。「うーん,どうかなあ?」と疑問を感じる箇所もあるが,総合的な私の感想は「この記事に賛成」だ。

医療従事者へのワクチン接種が開始される少し前,受験生や乳幼児を持つ親を対象にテレビがイヤというほどワクチン不足をあおっていたが,「ワクチンを打っても,絶対インフルエンザに感染しないという保証はない」というごく当たり前だが一番重要なメッセージを目立つように繰り返し流していた番組はわたしの記憶ではなかった。コメンテーターとして出ていた「専門家」が,そのような内容のことを申しわけ程度に言うことはあっても,その発言に注意が向けられることはなくむしろ素通りしている感じだった。

<ワクチンに多額の税金は全くのムダ>かどうかは,大規模な研究でも行われない限り,結論のでない問題だが,「ワクチンさえ打てば」とワクチンを過剰にありがたがっている現状については,もっとおかしいと思うべきだろう。

そもそも,(季節性の)インフルエンザワクチンの有効性については,前橋医師会の調査報告書が出て以来,否定的なヒトは全く否定的だ。もちろん,これについては,反対意見もあり,現状ではどちらの見解が有力なのかは知らないが,医師の間でもまだ議論が残っているということを一般の人はどれほど知っているだろうか(それでもわたしは,季節性インフルエンザのワクチンを今年もすでに打ったが....)。

次に,新型インフルエンザについては,ウイルスが同定されているのだから(流行株を予想して作る季節性インフルエンザのワクチンに比べれば),有効性は確実なのかも?とは思うが,本当の有効性に関する科学的なデータはどう考えてもまだないはずだ(今,新聞やテレビなどで報道される有効性に関するデータといのは,抗体価の上昇を調べただけのものや,非常に短期間のデータだ)。今年流行したばかりで,厳密な有効性などわかるはずがない。最初は2回接種だったのが大人は1回接種でも有効となったり,子どもでも1回もで有効,という報道がなされたり,接種回数に関するこの混乱ぶりそのものが,「誰も(専門家でさえ)本当に正確なことはわからない」ということを示している。

わたしはなにも,専門家が当てにならない,と強調したいわけではない。ただ,今年大流行した新型インフルエンザについては,分かっていることよりも分からないことのほうが多いのではないか(?),くらいの想像力をどうして一般の人は働かせないのだろうか。

「分からないことが多いから心配なんだよ」と反論されそうだが,その分からない新型インフルエンザのワクチンについてだけ,何故,有効性に疑問を持たずに,「受験生は高校生と同じ順序で優先されないのか?」みたいな意見が出てくるのだろうか(テレビで何人かの浪人生がインタビューに答えているのを見た)。

いや,確実に言えることはいくつかある。それは予防と体調管理の重要性だ。1)手洗いをまめに行うこと,2)人ごみに出ることは控えること,3)睡眠を十分にとり,栄養バランスの良い食物を食べること,4)規則正しい生活をすること,さらに(有効性については多少議論あるようだが),5)(外出から戻ったときなど)うがいを励行する,6)マスクをつける(これは咳が出る人のエチケットの問題でもあるだろう)などを行い,そのうえで,万が一感染した場合の「発症予防」もしくは「重症化予防」を期待して打つのがワクチンではないのか。

そう考えれば,医療従事者が優先的に接種されるのは,患者との接触の濃さから考えて当然だが,それ以外の人は特に優先順位をつけなくてもいいんじゃないか。まあ,重症化のリスクは,新型に関しては,乳児や若い人が高いということなので,そこで優先順位をつけてもいいのかもしれないが,まず,徹底すべきは,上記の1)~6)で,それがきちんとされていれば,感染リスクは大幅に下がるし,感染しても発病しないか,発病しても軽い症状でおさまる可能性が高いはずだ。

なんだか,最初に紹介した記事の内容からはずれてしまった。<公園で子供を遊ばせた日は手を洗わせない>はちょっと無謀な気はするが,わたしも幼稚園児を持つ親として,子どもを簡単に医者に連れて行きすぎているという忸怩たる気持ちを内心抱いている。多少の熱や咳ぐらいなら,自力で回復させたほうが将来の健康にとっては絶対いいのはわかっている。(しかし,ここでも人間をダメにするインセンティブがある。医療費の無料化だ。自治体によって差はあるだろうが,わたしの住むところでは,小学生までは,保険の自己負担分は市が負担する[=結局われわれの税金]。ありがたいような,ダメになっていくような......。複雑な気持ちだ)。

2009年10月25日 (日)

製品としてどうにも中途半端なデジタルフォトフレーム

デジタルフォトフレームというものを買った。デジカメなどで撮影した写真を入れて干渉する写真立てだ。以前から興味はあったのだが,関西の老人ホームに入居している両親のために思い,先々週,帰省の際に量販店で購入。さらにもう1台を自宅用に楽天のネットショッピングで購入したが,どうも「イマイチ感」が抜けない。

両親に買ったのはDreamMakerという会社の7インチのやつ,自宅用に買ったのはTranscendという会社の8インチ。両社とも日本のメーカーではなく,台湾か韓国の会社らしいが,デジタルフォトフレームはそれなりにたくさん作っている会社だ。両方とも画面の縦横比は4対3なので,写真の比率と同じ。価格は11800円と9800円だった。

量販店で購入したときは,店員が操作方法を知らないのでイライラした。実はこのときは,最初にビックカメラに行き,そこで(店員のあまりの無知さに)頭にきて,ヤマダ電機に移動したのだが,そこでも同様の目に合った。本来なら買わないで店を出るところだが,翌日,親のところへ持っていくつもりでいたので(ヤマダ電機を出てまた別の店に行く気力は残っていなかった),仕方なくヤマダ電気でDreamMakerを購入した。

確かにせいぜい1万円前後(高いものでも2万円程度)の製品なので,大型液晶テレビを売るのに比べれば利益はたいしたことはないだろうが,店員の売る気のなさ(=これはひいてはその店の営業方針と言えるだろう)にあきれてしまった。

ここまでは,メーカーというよりも売り手の問題なのだが,製品そのものにもどうだかなあ,と思うところが多い。DreamMaker,Transcend,両方に共通していることだが,操作法が分かりずらい。説明書はさらにわかりにくい。後者は外国のメーカーということもあるのだろうが,もうちょっとまじめに説明書を作れよといいたい。たしかに,説明書なしでも,ある程度いじっていればなんとなく分かってくるが,どうも不親切感というより,製品に心がこもっていない感じがする(そんなもん期待するほうが無理か?)。

ムダな機能が多いのも気になる。良くも悪くも所詮は「写真立て」なんだから,静止画のスライドショーだけで十分だと思うが,動画やカレンダー機能やらその他もろもろ。たぶん,全く使わなそうな機能満載だ。

買ったのが,外国メーカーだったからこうなのかというと,どうもそうでもないらしい。日本のメーカーではソニーがデジタルフォトフレームを一番熱心に(?)に作っているらしいが,こちらもどうも機能ばかりが多くて値段が高い。さらにひどいと思ったのは,フジとシャープが協力して最近売り出したというやつで,確かに液晶は一番きれいだか,画面比が16:9らしく,これはテレビの画面比らしい。ヤマダ電機の店員曰く,「シャープさんはやっぱり16:9はゆずれなかったんでしょう」だと。でも,写真の比率は4:3だから,16:9の画面で見る場合は,拡大して上下が削られるか,オリジナル写真全体を見る場合は,縮小して,画面の左右があまる映りになる。まったく,自分たちの都合でしか製品を作っていない気がする。

一番笑ったのは,シャープの液晶を使っているそのフォトフレームは,液晶画面がきれいなので売れていることは売れているのだが,最初は枠が黒のものしか発売しなかったらしい。じいちゃん,ばあちゃんなどに敬老の日のプレゼントなどに送ることが多いことを考えれば,黒の枠が葬式をイメージさせていやがられるだろうと想像つきそうなものなのに,そんなことも考えないで,黒の枠だけの製品を作り,最近,慌てて白の枠の“新製品”も発売したとのことだった。

メーカーも量販店も,エコポイントを当てに,大型商品を売ることばかりにやっきにならないで,もうちょっと落ち着いて,製品開発や販売に努力したらどうかと感じた。デジタルフォトフレームを選ぶくらいで長い時間説明することの効率の悪さは,理屈のうえでは理解できるし,メーカーもたいした利益にならない製品だから,力が入らないのもわからないでもないが,なんだかどうも,一生懸命工夫して作っている(量販店は売っている)感じがしないんだなあ,デジタルフォトフレームは。

買ってからまだ2週間しか経っていないので,いまのところ,わが家のデジタルフォフレームは,食事のときに子どもの気を散らす程度には注目されているが期待していたほどの製品でなかったことだけは確かだ。

2009年10月12日 (月)

製薬業界はやはり不況に強い?---2010年の米国の製薬業界4~6%の成長?

2010年の米国の製薬業界は4~6%の成長が期待できるとのIMS Healthの予測を伝える記事を読んだ。短期的な成長要因も影響しているとのことであるが,金融危機にあえぐ米国でも製薬産業だけはやはり別の動きをするのかと妙に感心し,また安心してしまった。

この記事では,さらに向こう5年間,(年間)4~7%の成長をIMSは予測しているという。もっとも,この期間に特許が切れるメガブロックバスター(超大型商品)(リピトール etc.)の影響はやはり大きく,今年,来年と合計1ダース程度の大型新薬の発売は予定されているものの,それらがメガブロックバスターになることは期待できない」(IMS healthcare insightの上級副社長,Murray Aitken氏)らしい。

この記事でもう1つ注目すべきは,製薬産業においても,「新興国」の成長率は米国をはじめとする先進国よりも著しく高いと予想されていることだ。特に中国は2013年まで年間20%以上の伸びが予測されている。

うーん。これからは中国への学会取材の仕事が増えるのだろうか。

2009年10月 9日 (金)

とりとめないエントリーのためのエントリー

月曜日にサンフランシスコから戻った。ICSの仕事は前のエントリーでも書いたとおり,取材作業のみがアサイメントだったので,自分の関心でセッションを聞くことはできなかった。

学会とは関係ないが,1つおもしろい話を聞いた。鳩山首相夫人(幸夫人)の元夫(田浦新一朗氏)がかつて経営していた日本料理店「蝶々」はサンフランシスコにあったのだが,少し前に出た週刊誌の「告発」取材記事には,2人が“駆け落ち”したあとは,元夫に何の連絡もなく,詫びも慰謝料もない,というようなことが書かれていた。

ところが,帰国前日にある店で買い物をしていて,サンンシスコ滞在20年という日本人女性の店員と雑談していたら,「鳩山首相のお母さんはブリジストンの創業者の娘さんなんですよね。息子さん(=鳩山首相)のためにちゃんとお金を(幸夫人の元夫に)払ったらしいですよ」という言葉が出てきて,妙に納得してしましまった。

たしかに,ちょっと考えれば,“慰謝料”的なものが全く支払われなかったと考えるほうがよほど不自然だ。しかし,週刊誌(わたしが読んだのは週刊文春)に出た記事では,慰謝料は無し,鳩山首相は,ほかの男の奥さんを寝取った,友愛精神に欠ける人間,のようなトーンだったと記憶している。

真偽のほどはもちろん不明だが,もし,その元夫が本当に鳩山首相の母堂から慰謝料を受け取っていたとしたら(はした金であるはずはないだろう),ああいう「告発」記事の取材を受けるのはあまりみっともよくないなあと感じた次第である。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »