最近のトラックバック

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月18日 (水)

JAL問題が日本の将来とダブって見える

ここのところJAL(日本航空)の経営再建問題がニュースになっているが,わたしはこの問題が日本という国の将来を暗示しているような気がして仕方ない。この12月のボーナスがゼロになり,JALの職員はたいへんだろうが,月に平均40万円とも言われる年金をもらっているJAL OBの人たちは,いったいどんな気持ちでいるのだろう。

JALのような会社だと,親子やひょっとしたら,祖父の代から3代,JALで働いています,なんて人がいてもおかしくないように思う。事実上破産している会社からたくさんの年金を受取りながら,自分の息子や娘はその会社で働いて,冬のボーナスがゼロ。そして,JAL OBである親は年金の減額に反対している(そういう親子がいればの話だが)。

わたしにはこれがどうにも将来の日本の状況とダブって見えてしまう。

JALには官僚や政治(家)なども長期間,深くかかわっているので,JAL問題は単純な民間企業の問題と同じようには批評できないし,そう簡単に解決しないだろう。これまで利権や天下りがらみで甘い汁を吸ってきた政治家や役人は相当いるはずだし,JAL(およびJAL職員)は無理難題も押し付けられているはずだ(今週号の週刊現代にもそのような内容の記事が載っている)

それでも,いまのような経営状態にした責任は一義的にはやはりJALの経営者にあるし,元社員や現在の社員にも,個々人の言い分はあるにしろ,ポジションに応じた責任はあるはずだ。それでも,JALのOBの人たちは自分たちの年金の満額受取りに拘泥するのだろうか。JAL の年金問題は法的な根拠もあり,特別立法が作られ減額が決定されても,OBが訴訟を起こせば勝つ可能性もあるそうだ。

一国民として言わせてもらえば,別にJALが完全消滅しても不便はそれほどないと思う。海外へ行くにはANAもあるし,外国のエアラインもくさるほどあり,全く支障はないはずだ。国内便は一時的には少し混乱というか不便はあるかもしれないが,ANAは当然便数を増やすだろうし,新興のエアライン(スカーマークやエアドゥ,スカイネットアジア)にとってはビジネスチャンスだろう。オープンスカイ協定が結ばれれば(時間の問題だろう),効率の悪い航空会社など,税金で延命しておく理由などますますなくなるだろう。

ただ,どうも日本という国全体の問題とJAL問題をダブらせて見てしまうので,JALにはこの問題をうまく乗り切ってもらいたいという気持ちもある。

実は明日,JALで大阪へ飛ぶのだが,今のような状況で安全航行に問題はないのだろうか。ちょっと心配だ。

2009年11月13日 (金)

新型インフルエンザのワクチン接種はどこで受けるのがよいか---意外な穴場(?)見つけました

新型インフルエンザの小児に対するワクチン接種を前倒しで実施する自治体が増えている。わたしの住む自治体では来週あたりから接種開始という新聞記事を読んだので,近所の内科/小児科クリニックに電話してみた。しかし,予想通りというか,確実な入荷予定日が定まらないので,まだ予約を受け付けられないと言われた。

ところが,配偶者が意外な情報をママ仲間から聞きつけてきた。眼科医院でも新型インフルを打ってくれるらしく,そこならもう予約が取れるという。内科/小児科や耳鼻咽喉科でインフルエンザの予防接種を受けることは考えに入っていたが,正直なところ,眼科は想像の範囲外だった。

実際,インフルエンザのワクチン接種で,眼科の開業医を考える人はあまりいないのではないだろうか。

というわけで,幼稚園児の子どもだけだが,来週,新型インフルのワクチン1回目が接種できることになった。大人はさすがにまだ打ってくれないようだが。

予約を取れずに困っている人,眼科医院は穴場かもしれませんよ。

2009年11月10日 (火)

あきれたamazonの対応-まったく腹が立つ

週末にアマゾン(amazon.co.jp)に注文した本について「カード会社から認証が得られないので発送を保留している。カード入力情報に間違いがないか確認せよ」とのメールが入っていた。

おかしいと思いながらも自分のアカウントページに進み確認したが,間違いはない。その旨,amazonに連絡したが,驚くべき返事が返ってきた。「システム上どうしようもないので,(客である)あなたがカード会社に電話して確認せよ。注文を取り消したかったら,取り消せ」(もちろんもっと丁寧な言葉ではあったが,返事の内容はそういうことだった)。

腹が立ったが仕方ないので使用したクレジットカード会社に電話して,調べてもらったところ,カードに問題(残高不足,有効期限切れなど)がないだけでなく,そのカード会社にamazonから認証依頼の情報がそもそも入っていないということが判明した。したがって,カード会社からamazonに(わたしのオーダーに関して)認証拒否をしたという記録もない。この調査結果が正しければ,責任はすべてamazon側にあるはず。

上記の内容を2度にわたってamazonのカスタマーサービスにメールしたが,2度とも戻ってきたのは自動送信による客を物扱いした慇懃無礼このうえないメールだった。「自動送信のメールではなく,きちんと御社の調査結果を報告してほしい」と書いたにもかかわらず,誠意のない謝罪文をうだうだと書いたあげく,こんな名文(↓)で締めくくってくれた。

「当サイトのシステムに関する説明となり恐縮ではございますが、当サイトで行わ
れるすべての電子取引は、Amazon.co.jpのデータ処理装置を通じて行われており
、認証が得られない原因に関しましては、個々のケースにより異なりますほか、
お客様の個人情報やクレジットカードのセキュリティに関わることから、当サイ
トでは認証ができませんでした原因を特定することができません。
そのため、現
状では、クレジットカードの認証ができませんでした場合には、認証不可の原因
に関わらず、一律、お客様自身でクレジットカード会社へ認証状況をお確かめい
ただきましたうえで、アカウントサービスよりクレジットカード情報の再登録を
行っていただきますか
、もしくは、カスタマーサービスにて再認証のお手続きを
随時行わせていただいております。」

一部太字にしたのはわたしだが,文章はそのままだ。書籍を売っている会社がこんなメールを送ってはずかしくないのだろうか。もちろんこれは,コンピュータの自動メールか,ほとんどそれに近いコピペメールだろう。

悔しいのは,それでも,自分が今後もamazonを使ってしまうだろうとわかっているからだ(実はさっきも1冊注文してしまった。クソ)。

ただ,今後はほかのオンライン書店も広く使おうと思う。仕事がら,毎月,相当数の書籍や雑誌を購入するが,慣れと複数のショップを使うことの面倒さのため,最近ではほとんどamazonだけになっていた。わたしごときが抵抗してもアマゾンの売上には0.1ミクロンの影響も与えられないが,まずはamazonで購入という習慣は改めよう決心した。

amazonは勝ち組で,たしかに素晴らしいサービスを作り上げたことは認めるが,もう少し謙虚にカスタマーサービスをやれないものだろうか。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »