最近のトラックバック

« スタジオマリオも悪くない | トップページ | 新年のマスターベーション的討論番組に辟易 »

2009年12月27日 (日)

子ども手当ては貯金するにきまっている

今年もあと数日。中年過ぎてからの無謀な「独立」もどうにかこうにか2年が過ぎた。来年はひとつの節目となる3年目だ。どうなることやら。

今年は8月末時点で9月以降の仕事の見通しが全くたっていなかったので,個人事業主としての経験も2年未満で途絶か,と一時は心配したが,終わってみれば,10~12月の3か月は昨年同様,最も忙しい時期となった。ありがたいことだ。

この3か月,国内の学会を結構な数取材したので,書きたいことは山ほどあるのだが,ゆっくり書いている時間がないので省略する(年末年始で暇をもてあますことがあれば書くかもしれません)。

話し変わって,2010年度から始まりそうな子ども手当ては,所得制限なしで決まりそうであるが,わたしにとっては所得制限あろうがなかろうが関係ない。絶対に支給対象になるからである(自慢にならんが)。

対象年齢となる子どもを2人持つ親として,合計で月に2万6000円(2010年度)あるいは5万2000円(2011年度以降)の追加収入は助かるが,わたしはないもとの考えて絶対に貯金することにしている。いつまで続くか,はなはだ疑問を感じるからだ。政府の施策の当てにならなさについては,1999年度の税制改正で導入された「恒久減税」である定率減税が2006年に廃止されて以来,継続性は全く当てにしないことにしている。(30年続いている暫定税率とやらもあるが)。

« スタジオマリオも悪くない | トップページ | 新年のマスターベーション的討論番組に辟易 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/32750999

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども手当ては貯金するにきまっている:

« スタジオマリオも悪くない | トップページ | 新年のマスターベーション的討論番組に辟易 »