最近のトラックバック

« 「特別養護老人ホーム」(鈴木 栄 著)-知恵と愛情にあふれた経営姿勢に感激 | トップページ | 子ども手当ては貯金するにきまっている »

2009年12月 6日 (日)

スタジオマリオも悪くない

昨年は息子と娘が七五三だったので10月にスタジオアリスで写真を撮った。ああいうところで写真を撮るのは初めての経験で,期待値が低かったこともあり,逆に満足感が高かったことは以前に書いた

次の七五三は娘が7歳になってからなのでしばらく関係ないと思っていたが,配偶者が年賀状用の写真を撮ってもらおうと言い出した。昨年はアリスで撮影した七五三写真を年賀状にも使ったが,それ以前はデジカメでとった子どものスナップ写真などを使っていた。子どもだけのワンカット撮影なら1万数千円で済むというので,アリスでもよかったのだが,今回はスタジオマリオ,というアリスの二番煎じみたいな店に行ってみた。

結果は,結婚式のお色直しのような衣装を着せておもしろく撮影できたので,まあ,悪くはなかった。2人一緒のワンカットで済ますつもりが,親バカ心が働いて,結局,娘1人,息子1人のそれぞれの写真も撮り,アルバムなども勧められるままに購入。合計3万9500円也となってしまったが,担当の女性の対応が(子どもに対しても親に対しても)非常によかったのでついつい購入してしまった。

七五三のシーズンが終わり,店がガラガラだった(一応予約はしていったが)のもよかったのかもしれない。それと,こういう仕事はやはり店員さんの対応でサービスの満足度が極端に変わるとあらためて思った。今回のスタジオマリオでも,最初に衣装の案内をしてくれた女性はとても愛想がいいとは言えず,仕事に対するいやいや感,飽き飽き感が出まくっていた。

それで少し鼻白んだのだが(衣装の数もアリスに比べて少ないような印象を持った),着替えとそのあとの撮影をメインで担当してくれた件の女性がまるで幼稚園の先生のように子どもあしらいがうまい。見ている親も楽しくなってくる感じで,撮影の時間そのものがサービスだと改めて感心した。

以前も書いたかもしれないが,今のように撮影機器の性能が高くなってくると,特殊な写真を除いていわゆるプロのカメラマン(写真家)や写真屋さんが差別化できる余地はどんどんなくなってくると思う。(いや,すでになくなっているからこそ,スタジオアリスやスタジオマリオが大盛況になるのだろう)。写真の出来栄えは今回もパソコンの画面で見た限りすごぶるいい。だが,その良さと満足感は写真の撮影技術によるものではなく(つまり,写真そのものは誰が撮影してもタイミングさえあえばきれいに撮れるようになっている),それ以前の着付けや子どものあやし,など,トータルでのサービスの満足感だと確信した。

ちなみに,こういう店では客が自分で持ち込んだカメラでのスチール写真撮影は禁止されているが(当然だろう),ビデオ撮影であれば許されるようだ(スタジオアリスは昨年のことで確認していないが,今回のスタジオマリオでは店の撮影や他の客に迷惑にならない範囲でならかまわないと記されている案内を見た)。わたしはスチールもビデオとダメだろうと思っていたので持っていかなかったが,ビデオ撮影がOKなら持っていけばよかったと悔やんだ。昨年の七五三シーズンとは違い,待ちの人が全然いなかったので撮影風景を思う存分に撮影できたからだ。

« 「特別養護老人ホーム」(鈴木 栄 著)-知恵と愛情にあふれた経営姿勢に感激 | トップページ | 子ども手当ては貯金するにきまっている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私はマリオで働いて、まだ8ヶ月の未熟物ですが、
今回こう言った生のお客様の感想を目にする事が出来、大変勉強になりました。

店舗は違えど、同じマリオで働くスタッフとして
お客様に満足して頂けるようなサービスが出来るよう
心がけたいと思いました。
アリスをご利用下さっていたにも関わらず、マリオに来て頂きましてありがとうございました。

通りすがりの人 様
 4月に上の息子が小学校に入るので,また,アリスかマリオのお世話になってしまいそうです。お仕事,頑張ってください。

マリオでも、3月は入園・入学のキャンペーンを行っていて、撮影料が無料になったり、プレゼントが付いたりもしますので、よろしければご利用下さいね♪
息子様の入学の思い出に残るような素敵なお写真が撮れると良いですね☆

春からの新生活が楽しみですね(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/32511784

この記事へのトラックバック一覧です: スタジオマリオも悪くない:

« 「特別養護老人ホーム」(鈴木 栄 著)-知恵と愛情にあふれた経営姿勢に感激 | トップページ | 子ども手当ては貯金するにきまっている »