最近のトラックバック

« 「iPS細胞ができた!」を読んだが編集のまずさにがっかり | トップページ | 「近いうちに一杯」のカラ誘いはやめたい »

2010年1月11日 (月)

腹がたって仕方ない週刊現代の民主党議員の「告発記事」

これまでで最も正月気分のでないひどい年末年始だった。子どもを連れての帰省,親の介護問題に絡んだ兄弟喧嘩,年明け早々の事務所の引越し(まだ段ボール箱が片付いていない)など,バタバタと「行事」が続き,どうも落ち着かない。

話変わって,週刊現代の最新号(2010年1月23日号)に掲載されている,<「なんか」おかしい!民主党政権 ぶち抜き大特集」>の最初に掲載されている<民主党議員 決死の告発集会,「助けて!小沢さんが怖いんです」>という民主党議員4人の座談会記事には本当に腹がたった。

中堅議員A,中堅議員B,ベテラン議員C,若手議員D,という匿名で4人の民主党議員が小沢幹事長や鳩山首相のことを愚痴っているのだが,これで「決死の告発」とはあきれてものがいえない。

匿名でしか掲載できないのならこんな座談会に最初から出席などするな。民主党議員の数は多いので特定するのは容易でないかもしれないが,記事中に実名で話題になっている幹部は除外できるし,中堅,ベテラン,若手と3分類してあるので,それぞれ数十人程度には絞れるのではないか。イヤ,小沢氏などはこの座談会に出た4人が誰であるか,すでにつかんでいるかもしれない。

座談会の内容は,ほかの雑誌や新聞でも読めるようなことばかりで,建設的な内容はなにもない。絶大な権力を握っている小沢氏と何も決断できない鳩山首相,脱官僚を理由に各大臣がかなりバラバラなことを発言する現在の民主党政権に問題の多いことはだれでも理解できる。

しかし,議員として税金から歳費をもらっている当事者が,こんな愚痴座談会を匿名で掲載させるとはいったいどういう頭をしているのだろうか。

紙面に制限があるので,週刊現代側で相当編集しているのは間違いない。今後,この記事が大きな問題(座談会に出席した議員A,B,C,Dが小沢氏から「粛清」される,など)になるか,あるいは,民主党内では全く無視されるかはわからない(たぶん後者だと思う)が,もし,自分たちの名前が特定され,大事(おおごと)になった場合,こいつら4人は,「記事は自分の意図したことが反映されていない」「週刊現代が歪曲した編集をした」などと言い訳するだろう。

しかし,週刊誌に記事が出ることを了承したのであれば,そういうこともリスクに入れておくべきだし,事前に原稿のチェックはしているはずだ(していないとすれば,それだけでリスク管理が甘い)。まさか,この座談会そのものが捏造とは考えらないし(もしそうであれば,今度は週刊現代が廃刊リスクを負うことになる),週刊現代側には,録音テープ(or 録音ファイル)やテープおこしが保管されているにきまっている。

座談会の最後は議員Cの<その時,われわわれは民主党内にいられるのか?小沢さんに追い出されて,渡辺喜美の「みんなの党」に行くしかなくなっているかも。>という発言で終わっているが,こんな発言は「みんなの党」に対して失礼だし,なによりも,こいつらは,税金の無駄使いを厳しく批判している民主党議員の一員でありながら,自分たちも税金で食っている立場を忘れている。

本当に腹が立つ。週刊現代の座談会に出た議員A,B,C,Dは名乗り出て,即刻議員バッジを外すべきだ。「決死」の覚悟があるというなら,小沢氏や鳩山氏を刺し殺すくらしのことをしてはどうか。何もできずにいるのなら,黙って静かにしていろ!週刊誌でこんな愚痴座談会を掲載して,おまえら恥ずかしくないのか。

« 「iPS細胞ができた!」を読んだが編集のまずさにがっかり | トップページ | 「近いうちに一杯」のカラ誘いはやめたい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/32941551

この記事へのトラックバック一覧です: 腹がたって仕方ない週刊現代の民主党議員の「告発記事」:

« 「iPS細胞ができた!」を読んだが編集のまずさにがっかり | トップページ | 「近いうちに一杯」のカラ誘いはやめたい »