最近のトラックバック

« バンクーバーオリンピック-結構楽しみにしている | トップページ | 学会取材-日本循環器学会 »

2010年2月20日 (土)

上村愛子の涙に感動

バンクーバーオリンピックが始まってすでに1週間。時差の関係で見たい競技のLive中継時間がほとんど「勤務時間中」になってしまうので,あまりテレビを見られない。自営業者の特権として,勤務時間など無視して,テレビ中継の時間は家にいてテレビを見ていればいいのだが(仕事場にはテレビを置いていない),ここ一ヵ月間,取材等で外出が続き,それも適わない。

上村愛子選手のモーグル4位はやっぱり「惜しい!」と言いたくなってしまう。メダルを逸したことを残念がるのは失礼という考え方もあるが,本人が一番悔しい思いをしているのだから,やはり,「残念だったね」,ということは仕方ないだろう(わたしが本人にそうつたえるチャンスはまったくゼロだが)。

今回の決勝では,雨で雪がベトついていて,それが体重の軽い上村選手(というか,すべての日本人選手)には不利に働いたという記事を読んだ。そういう雪質の場合,体重が軽い選手はスピードが出ないらしい。そういえば,上村選手はスピードに乗れなかった,という文章もどこかで読んだ。

上村選手は長野の出身と思っていたが,実は兵庫県伊丹市出身で,心房中隔欠損症で生まれたため,ご両親が空気の良い長野県に引越したということも今回,新聞(か雑誌)で知った。その後,学校でイジメにあい,それを回避する目的も兼ねて,お母さんがカナダ(しかもバンクーバー)にスキー留学させたのだという(心房中隔欠損症は自然治癒)。当時はまだ,アルペンスキーの選手をめざしていたそうだが,カナダでモーグルを目にし,その後,モーグル選手としての生活が始まる。

オリンピックでのメダルに縁はなかったとはいえ,それ以外は順風満帆の人生を送ってきたのだと思っていたので,この話には驚き,感動した。

ジャンプの葛西選手は同じオッサンとして応援していたが(とはいえ,あちらのほうがかなり若い),ノーマルヒルは全然ダメだった。まだラージヒルは残っているが,オッサンといえば,もう1人のベテラン,岡部はラージヒルにも出られないそうで,もし団体戦からもはずされたら,これ以上の残念はないだろう。団体戦だけでも出させてあげてほしい。

高橋大輔選手のフィギア,銅メダルも感動ものだ。これは,昨日の午後1時~3時くらい(日本時間)に結果が出たが,その間,仕事場でパソコンの前にいながら,結局,仕事ができなかった。ネットのニュースを更新ばかりしていた。仕事をしないという意味では,家に帰ってテレビを見ていてもまったく同じだった。なにをやってんだか。

« バンクーバーオリンピック-結構楽しみにしている | トップページ | 学会取材-日本循環器学会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/33449990

この記事へのトラックバック一覧です: 上村愛子の涙に感動:

« バンクーバーオリンピック-結構楽しみにしている | トップページ | 学会取材-日本循環器学会 »