最近のトラックバック

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月27日 (火)

潜在的なフリーランス希望者が意外に多い-早まるのはやめましょう

もうすぐゴールデンウィーク(GW)。体調は少しよくなったとはいえ,まだ本調子に戻らない。体調のせいにして逃げているところはあるが,締切を過ぎた仕事や締め切りが迫っている仕事で毎日ウンウン言っている状況は変わらずだ。GW前に飲み会の約束を2つしたが,それもプレッシャーになりかけてきた。

だいたいブログなど更新している場合ではないのだが,4月はまだ一度しか更新していないし,目の前の仕事がどうもはかどらないのでブログを書いて“準備体操”をしようという気になった(準備体操にはならんだろうが)。

独立して2年4か月。いろいろしんどいことは続いているし,フリー(自営業者)でいるかぎり,そのしんどさは変わりようがないのだろうが(卑近な例を1つ。この2年半,完全な休日は平均して週に1日を切っている。年間休日日数は50日程度。有給休暇はゼロ日[当たり前]),意外だったのは,フリーになりたがっている人がけっこう多いということに気づかされたこと。潜在的なフリーランス予備軍というか,フリーランス希望者というのはかなり多いことに驚いた。

なぜそう思うかというと,仕事関係でいろんな人と話していて,いずれは会社を辞めてフリーのライターや編集者になりたい,という話をする人がかなりいるからだ。はっきりと言う人もいれば,なんとなくこちらの仕事の様子を聞いてくる人もいるが,後者のような人でも,フリーを希望している人はそれが伝わってくるのではっきりわかる。

私がいる業界はフリーランスといっても,医療用医薬品の広告や販売促進に関わる仕事なので,“一般の業界のフリーランスよりも報酬がいい”というのがこの業界にいる人の共通認識になっているようだ。一般の業界のフリーランス,というのもよくわからないが,まあ,週刊誌や雑誌の取材記事や編集記事(これも全国誌からミニコミ誌までピンキリだが)に書くライターの報酬(原稿料や取材料)というほどの意味だ。

結論から言えば,“一般の業界のフリーランスよりも報酬がいい”というのはたぶん正しいが,それは“一般の業界のフリーランス”の報酬がきわめて低いから,それと比較すれば“いい”というだけで,そのことが,イコール,この業界でフリーになってもサラリーマンと同程度の収入は簡単に確保できる,ということではない,ということに気がついていない人が意外に多い。

早まるのはやめましょう。

2010年4月18日 (日)

まったく腹が立つ天候だ―ラリー・キングの精力に脱帽

いろんなところで言われているが,ここ1か月の天候は本当に異常だと思う。わたしはいわゆる“雨男”でないと思っていたが,3月中旬以降,家族を連れて関西に帰省したり,花見に連れて行くつもりで両親のいる施設へ行った今月初めなど,すべて「冷春」にやられてしまった。10℃以下のひらぱー(ひらかたパーク)で息子とジェットコースターの列に並んでいるときなど,なんでこんな罰ゲームを受けなきゃいけないんだという気持ちになった。おかげで,というか,そのせいで体調はボロボロ。2週間以上,咳と鼻がが止まらなかったが,ついに熱が出て喉が痛くなったので,久しぶりに医者にいった。風邪薬で眠くなりながらの仕事は一向にはかどらず,backlog は増える一方。まったく腹が立つ天候だ。地球温暖化は“温暖化”じゃないのか。もっとも,エコ派の人たちは,冷夏も暖冬も,こういう春の異常気象も,すべて二酸化炭素などが原因だと主張するのだろう。本当はどうなんだろうか?どっちでもいいが,なんとかしてほしい。

CNNの看板司会者,ラリー・キング(Larry King)が8度目の離婚というニュースを目にした。まったく元気なじいさんだ。以前は自宅でもケーブルでCNNを視聴できるようにしていたが,ここ数年は海外取材でホテルに泊まるときくらいしかCNNを見ない。このオッサン,わたしが英語に関心をもった数十年前からCNNにいるように感じる(実際はCNN歴25年くらいのようだ)。FENのラジオでも聞いた記憶がある。最近,老けたなあという印象は持っていたが,76歳とは驚いた。しかも,今回別れた奥さんとの間に小さい子ども(まだ小学生くらいか)が2人もいる。

わたしなど,離婚に必要なエネルギーを考えるだけで怯んでしまう。寒暖の激しい春の異常気象くらいで体調をくずし,仕事が滞ってウンウン苦しんでいるわが身がああ情けない。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »