最近のトラックバック

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月28日 (土)

ナイアガラの写真アップのみ

Imgp2241_2  ICSの取材仕事は終了。あと50分でホテルを出る。帰りの13時間のフライトを考えると気が重い。トロントに着いた翌日,ナイアガラフォールズにまで足を伸ばした。10数年前に配偶者と一度訪れたことがあるが,今回は風向きの関係なのか,晴れていたのに水しぶきが柵の手前まで雨のように降ってきて水浸しになってしまった。きれいな虹がかかっていた。滝は遠くから見るよりも至近距離から大量の水の流れをみるほうが迫力があるし,なによりも怖い。

学会は取材仕事が多く,仕事と関係のない演題はまったく聴講できなかった(1つだけ,招待講演を聞いたが書いている時間がない)。

Imgp2250_2 Imgp2272

2010年8月22日 (日)

学会取材-ICS2010-①

明日から国際禁制学会(International Continence Society;ICS)2010 の取材でカナダ・トロントへ行く。フリーになってから毎年行っている学会で,サラリーマン時代を含めるともう6回目か。今年のICSは国際泌尿婦人科学会(International Urogynegological Association;IUGA)との合同学会だ。

トロントへ行くのも20年ぶりくらいだろうか。3年前にモントリオールへ行くトランジットで空港に降りたことはあるが。

2010年8月17日 (火)

あっと言う間に8月も後半-世間が静かだとどうも.....仕事のやる気が出ん

8月は仕事が少ないので,散乱した事務所の掃除・片付けや積んどくのままホコリをかぶっている本を一気に読もうなどと考えていたが,まったく予定通りにことが進まないという予想通りの展開になってしまった。それどころか,わずかの仕事すら,進んでいない。特に,先週(8/9~)から今週一杯は,世間が静かなのでどうも自分まで休み気分になってしまう。

7/30~8/2までは,白馬にキャンプに行ってきた。といっても,テントに寝たのは初日だけで,2泊目と3泊目はホテルでの宿泊。「ホテル五龍館」というちょっとユニークな温泉ホテルがあり,自前でキャンプ施設に申し込んだりするのは面倒,ましてや,テントやバーベキューの道具をそろえるなんてもってのほか,というわたしとわたしの配偶者のようなアウトドア向きでない夫婦が,子どもにキャンプ経験させるのに至れりつくせりのプランを用意してくれていたからだ。キャンプ場,テント,バーベキューの材料と火おこし,すべてホテルでやってくれるので簡単。早朝のカブトムシ獲りツアーや夜のホタル鑑賞ツアーもあり,なかなかいい経験をさせてもらった。ホテルも建物は新しくないが,清潔で食事(部屋ではなく,食堂で食べる)もおいしかった(ちなみにこのホテル,昨年だったが,ガイアの夜明けでも紹介されたらしい)。

Img_0200 2日目(キャンプで泊まった翌日。全然眠れず,ほとんど徹夜状態)は,ホテルのチェックインが午後3時からしかできないので,ゴンドラ,リフトに乗って,八方尾根を散策。あいにく,曇が多く,景色はイマイチだったが,長野オリンピックのダウンヒルのスタート地点やお花畑を鑑賞できた。ダウンヒルのスタート地点から下の方を覗いてみたが,わたしには断崖絶壁にしか見えなかった。

Img_0231_2 3日目は「国営アルプスあづみの公園(大町・松川地区)」で遊んだが,これまたなかなかいい公園で,しかも入園料が子どもは無料,大人は200円だったか300円だった か,金額は忘れたが安かった。ちょうど,昆虫展も開かれていたので,そこでも標本をみたり,生きているカブトムシやクワガタをいじらせたり。そのほか。遊具も豊富で素晴らしい公園だった(写真のカブトムシは展示されていた模型です)。

明日から20日までは家族を連れての関西帰省。中日の19日は,「ひらぱー(枚方パーク)」に子どもを連れていかなければならない。天気がよさそうなのはありがたいが,ここ2~3日の暑さを考えるとジェットコースターのうえで焼け死んでしまうのではないかと怖れている。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »