最近のトラックバック

« 臨床試験を“勝った負けた“で語るのはどうかと思う | トップページ | 学会取材-米国血液学会(ASH) »

2010年11月11日 (木)

“その人らしい人生”っていったいなんなんだ?!

前回(臨床試験を勝った負けたで語るのはどうかと思う)とは意味あいがまったく異なるが,ここ一年,学会を取材していて非常に気になるというか,どうもひっかかる言葉があることを思い出した。

“その人らしい人生”という言い方だ。

パラメディカル(栄養士,言語聴覚士,看護師,検査技師)などの参加が多い学会を取材すると(今年わたしが取材した学会では,静脈経腸栄養学会,摂食嚥下リハビリテーション学会,などがある),何故かこういう表現をよく聞く。あくまでもわたしの感想でしかないが,特に女性の発表者から「その人らしい人生を送らせてあげるために」云々,という言い方を聞くことが少なくない印象を持っている。

学会発表でなくとも,新聞雑誌やネットの文章を読んでいて,“その人らしい人生”とか“自分らしい人生”という表現に出会うと,目が点になるというか,疑問符が湧き出すことが多い。

“......らしい”,を国語辞典で調べると「…としての特質をよくそなえている、いかにも…の様子である、…にふさわしい、などの意を表す」,とあり,「男らしい」「子供らしい」「学者らしい」など,という用例が出ていた。

この意味で~らしいを使っているとすれば,“その人らしい人生”というとき,その言葉を使っている人は,“その人”がどういう人であるか,その人の性格,好み,本性を把握していなければならない。

そんなことが容易にできるわけはないと思うのだが,何故か,深い考えもなく,「最後までその人らしい人生を送れるように(患者さんを)手助けしてあげたい」のような結論を学会発表で何回か聞いた。

では,“自分らしい人生”という言葉はどうか(ここからは,話が脱線していきます)。これなら,自分のことであるから,“その人らしい人生”よりは確固たる根拠がありそうだが,実際はどうだろうか。

自分というもの,自分の好み・嗜好,あるいは,暇な大学生が好きそうな言葉で言うと,「自分のやりたいこと」が明確になっていないのに,自分らしい人生もクソもないのではないだろうか。そして,これら(自分の好み,やりたいこと,性格 = 個性)は,そう簡単に確立されるものではない。

夜中に仕事をしないでいったい何を書いているのだろうとわれながらあきれるが,“その人らしい人生”とか“自分らしい人生”というような言葉を安易に使う人は,深く自省することが少ないのではないかと思う。

わたしなど,“その人らしさ”,あるいは,”自分らしさ”は,その人,あるいは,自分がこれまでやってきたこと,自分がいまやっていること,とイコールだと思っているので,妙に悩んだり深刻ぶったり,もったいつけたりして,“その人らしい人生”とか,“自分らしい人生”と言っているのを聞くと,「ウダウダ言っているいまのオマエがそのままオマエのすべてだよ」「それがオマエらしさだよ」と言いたくなってしまう。

「本当の自分」とか「真の自己」とか,も同様で,あまり好きな言葉ではない。「自分探し」にいたっては,どこにそんなものが落ちているのか?と言いたくなってくる。

高校生くらいまでならともなく,成人してからも,こういうウダウダ言いやがって人間が多すぎる気がする。

« 臨床試験を“勝った負けた“で語るのはどうかと思う | トップページ | 学会取材-米国血液学会(ASH) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/37616948

この記事へのトラックバック一覧です: “その人らしい人生”っていったいなんなんだ?!:

» 俺バイト辞めてくる [Brahms]
これ系ってむちゃくちゃ効率いいな! まったりやってたけど1週間で20万ぐらい稼げたわ(笑) [続きを読む]

» 病院側と年収・待遇交渉ができる(美容外科医の求人) [美容外科医の求人の探し方]
現役の美容外科医の方、または美容外科医への転職を考えてる方へ。 エージェントに求人を相談して年収アップを目指すことができます。 年収条件や待遇、勤務時間の交渉などの待遇を病院側にはいいにくいもの。 そこで転職支援のプロフェッショナルであるエージェントに転職を相談すれば、 年収条件や待遇、勤務時間の交渉などを一手に引き受けてくれます。 もちろん経験に見合わない条件や、乖離がありすぎる条件は、病院側に対しても不愉快な気持ちにさせてしまいますので、 キャリアコンサルタントがあなたの市場... [続きを読む]

« 臨床試験を“勝った負けた“で語るのはどうかと思う | トップページ | 学会取材-米国血液学会(ASH) »