最近のトラックバック

« プレミアムエコノミー感想―長時間フライトで許容できるギリギリの座席幅― | トップページ | 3年目も無事に終了―いろんな感想-② »

2010年12月30日 (木)

3年目も無事に終了-いろんな感想-①

今年最後のブログ更新をしようと気合を入れてパソコンの前に座ったのに,ローマ字入力ができなくなり(ワードではローマ字入力ができるのに,ブラウザ上ではできない。この症状は結構頻繁に発生して困っている),一時間近く無駄にしてしまった。

フリー生活3年目も無事終了。数字(売上)的に考えれば,今年はかなりよかった(企業でいえば,開業以来,この3年間は増収・増益だ。みみっちい数字でのアップなので自慢するとかえって恥ずかしいが)。しかし,去年の年末と比べると何故か不安感が強い。

1つは来年の仕事の状況が見えていないこと(去年も見えていなかったが,何故か今年のほうが不安感が強い)。また,長時間労働が日常的になってきており,能率アップどころか,能率ダウンをこの半年感じるからだ。

独立3年目をなんとか乗り越え,最近考えることをとりとめなく書いてみたいと思ったのだが,どうも考えがまとまらないし(いつものことか),ゆっくり書いている時間がない。

とりとめなく思つくままに書いていく。作家の村上龍が『逃げる中高年、欲望のない若者たち』という本を書いたそうだ。新聞の広告でしばらく前に見た。読んでいないので内容には言及できないが,逃げる中高年 = 会社にしがみついているサラリーマン,と思ってしまうのは偏見だろうか。欲望のない若者たち,というのは,どういう人を指しているのだろうか。私の見聞きした狭い範囲での印象では,いまは若者(一応,30歳未満としておこう)も,少なくとも正社員のポジションを得た人では,“逃げる若者”,つまり,会社を飛び出すことなど考えないで,ひたすら守りに入っている人が多い気がする。

タイトル的には興味を引かれるので,正月に書店で立ち読みでもしてみようと思う。

« プレミアムエコノミー感想―長時間フライトで許容できるギリギリの座席幅― | トップページ | 3年目も無事に終了―いろんな感想-② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/38024705

この記事へのトラックバック一覧です: 3年目も無事に終了-いろんな感想-①:

« プレミアムエコノミー感想―長時間フライトで許容できるギリギリの座席幅― | トップページ | 3年目も無事に終了―いろんな感想-② »