最近のトラックバック

« 3年目も無事に終了―いろんな感想-② | トップページ | 謹賀新年-新年の誓い »

2010年12月30日 (木)

3年目も無事終了―いろんな感想-③

もう時間がない。今年最後のエントリーがこれではどうもすっきしないが,まあ,仕方ない。

3年目が終わって,いろんな感想,ということでダラダラ書いているが,一体何を書きたいのか。

「決断の“正しさ”を判断する根拠」,これが一体なんなのか,ということだ。

堺屋太一氏がある著書で書いていたと思うが,人間は(特に現代の人間がそうだと思うが),“正しさ”と“有利さ”を混同する場合が,少なくない。

“正しさ”を判断する根拠の1つは,迷いがなくなる,ということだと思う。

それでも,“正しい”という言葉には,有利不利という価値判断のニュアンスを除けるとしても,やはり,間違った,に対する,正しいという意味で,何らかの価値判断がある。

そういう意味での“正しい決断”ということではなく,その人にとって,運命あるいは宿命(必然と言い換えてもいいかもしれない),と感じられる決断であるかどうか。それを判断する根拠の1つは,迷いがない,ということだと思う。客観的には不利に決まっているのに,常識はずれであることが明らかなのに,ある選択をし,それに迷いがない。

その決断(選択)が,結婚であっても,就職であっても,退職して転職,あるいは独立―であっても,迷いながらの決断は絶対に後悔する。

フリーになって,3年,このことだけは自信を持っていえる。そして,迷いがないかどうかは心のなかのことなので,確認できるのは自分自身だけだ。だれにも相談できない。

追記:「迷いながらの決断は絶対に後悔する」は真実だが,だからといって,「迷いのない決断に後悔が残らない」というわけではない。逆は必ずしも真ならずだ。

« 3年目も無事に終了―いろんな感想-② | トップページ | 謹賀新年-新年の誓い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/38024983

この記事へのトラックバック一覧です: 3年目も無事終了―いろんな感想-③:

« 3年目も無事に終了―いろんな感想-② | トップページ | 謹賀新年-新年の誓い »