最近のトラックバック

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月26日 (水)

週刊誌ネタ豊富なこの1カ月

年末からの1カ月は,週刊誌ネタ(ie. わたしがブログのネタにしたいこと)が多く,取り上げたいことが山ほどあるのだが,正月明けから2週間ほど,iPhoneとの格闘(?)と新しく買ったパソコン(DELLのデスクトップ。Windows 7 + office 2010)になれるのに費やし,仕事をあまりしていないので,今になって,かなりたいへんな状況になっている。

昨日書いたとおり,iPhoneにはだいぶ慣れ,アプリも有料,無料合わせて30個くらい追加インストールした。まあ,一見おもしろいが,どれもたいしたことはないという気もする。ただ,iTunesのメニューにある,iTune U という,海外の大学の授業や講演を無料でダウンロードできるサービスは,うまく活用すれば相当有意義な使い方ができる気がする。とりあえず,アメリカのメディカルスクールからいくつかの番組をダウンロードしてiPhoneに入れてみた。

Windows 7やOffice 2010も,まだ全然,慣れないが,使い方練習ばかりしてはいられないので,そろそろ本腰を入れて仕事を始めなければ。コンピュータを買いかえると,新しいOSやアプリケーションの解説書(できるシリーズ,とか,かんたん~,など)を思わず買ってしまう。買っても,ほとんどが積読(つんどく)になるのは内心わかっているし,ネットでもレファレンスサイトがいくつもあるのは理解しているのだが,自分が安心するためだけに購入する。こういうところは,年だなあ,とつくづく感じる。若い人は,いじっているうちに感覚的に覚え,それでもわからないことは,ネットで調べたり,質問サイトで解決するのだろう。

話がタイトルとズレしまっているが,ここ1カ月の出来事でわたしがおもしろいと思ったり,いろいろ考えさせられた(させられている)ことをアトランダムに書くと,1)NHK新会長問題,2)慶応放射線科,近藤誠氏の抗がん薬は効かない,関連の記事(年末に月刊文春に載ったのを皮切りに,年明けから週刊文春で2回,週刊現代1回,月刊文春1回),3)内閣改造(与謝野さんの入閣と枝野官房長官の福耳),4)児童養護施設の施設状況や基準に関するニュース,5)日本の優秀さを湛える記事やバブル期待記事,6)2011年の景気に関連した記事(中国の経済,2011年は米国大統領選前の年なのでNYの株は上がる,日本株が見直される,などの記事),7)市川海老蔵の事件―その他,いっぱいある。8)野田聖子の50歳出産のニュースもあったな(これは,どういうわけか,週刊誌ではほとんど取り上げられていない印象がある。どうも,なんからの力というか,規制が働いている気がする。2chなどでは盛りあがっているのだろうが)。

どれについても,自分なりの感想はあるのだが,ゆっくり書いている時間がない。1)NHK会長問題,についてだけちょっと書いておきたい〔以下の内容は,新聞記事のほか,おもに,週刊文春(1月20日号,143ページ)の記事を参照したもの〕。

NHK新会長にいったん“内定”していた慶応前塾長の安西祐一郎氏が,NHKの経営委員のメンバーからの反対必至の情勢のなか,受諾撤回を求められ,最初は拒否したが,結局,涙の会見で辞退した,というお騒がせな一件だ。これについては,JR東海前副会長の松本正之氏が急遽,新会長に決まり,経営委員長の小丸氏も辞任することになったそうだが,そもそも,安西氏の会長就任にケチがつき始めたのは,「都内に部屋を用意できるのか」「交際費はどのくらいあるのか」「副会長は自分が連れてこれるのか」という三つの条件を付けたのがきっかけだという。

これに対し,安西氏は条件を付けたのではなく,問い合わせをしただけ,と主張。一方,週刊文春の記事によると,「安西氏は三つの条件を含む約10項目をNHK側に打診しており,その質問事項が箇条書きにしてある書面を入手している経営委員もいるほどです。今さら,『あれは条件提示ではなく,単に問い合わせをしただけ』と言っても通らないでしょう。脇が甘すぎます」(NHK関係者の言葉)。

真相はわからないが,10項目の箇条書き書類のようななものがあったのはどうも事実のようだ。結局,それが,NHK会長就任を受諾するにあたっての安西氏の“提示条件”だったのか,それが,“条件に関する確認事項(お問い合わせ)”だったのか,というところだろう。

しかし,これが,本当に単なるお問い合わせだったとしても,安西氏はNHK新会長を普通の”お仕事”言い換えると,“就職”としてとらえ,だからその条件を確認したのに対し,NHK経営委員の何人か(あるいは多く)は,NHK会長職を”半ボランティア的な仕事と考えていたのではないか。

それでも,JALの会長を引き受けた稲盛氏のように無報酬ということはなく,NHKの社内基準通りの会長報酬は当然出るはずだから,それ以上,細かい条件を問い合わせる,というその行為そのものが反発を買ったのだろう。(ちなみに,無報酬で引き受けた,JALの稲盛会長に対しても,京セラとの関係やなにかで,批判的な週刊誌記事が何回かでている)。

脇が甘い,といえば確かに脇が甘いのだが,私がこの騒動に結構関心を持ったのは,日本ではやはり“条件”は口に出さないほがいいのだなあ,と感じたからだ。

ここで,いきなり低レベルの話になって恐縮だが,わたしの仕事でも,新しい仕事を依頼されるにあたって,原稿料とか取材料等の報酬額が,発注先から提示されないことが少なくない。過去に何回か同じ仕事をしていて,大体,金額がわかっている(決まっている)クライアントや仕事の場合はまだいいのだが,初めての仕事や新しいクライアントの場合,やはり気になる。

そこで,こちから「これ,なんぼでんの?(報酬はいくらですか)」と聞くことになるのだが,こちから言うまえに,ギャラを提示してほしい,というのが“下請け”としての偽わらざる気持ちだ。少なくとも,その話(= 条件交渉の口火)は依頼者側から切ってほしい,ということだ。

私のいる医療関連の業界ではないが,フリーのライターをやっているある人の経験談として間接的に聞いた話に次のようなものがある。そのライターA氏が某雑誌の編集部の間で「A氏は金に汚い」と噂されるようになったのだが,その噂のきっかけは,ある仕事を依頼されたA氏が「担当編集者に原稿料を問い合わせたこと」だったという。

「原稿料いくらですか」と聞いて→あの人は金に汚い,になるのか。NHK新会長にからむ安西氏の記事を読んでわたしはこのエピソードのことを思い出してしまった。

2011年1月25日 (火)

少しiPhoneのおもしろさがわかってきた

昨年の7月,携帯をiPhone 3GSに変えたことは以前書いたが,その後,電話とメールしか使わないまま数か月経過。そのうちに,11月頃だったか,電話が“片側通信”(わたしは相手の声が聞こえるが,こちらかの声は相手に聞こえない)という故障が始まり,ついに年明け,普通の携帯に戻そうか,というところまで追い込まれてしまった(追い込まれる,とは大げさだが)。

そもそも,携帯に限らず,新品で買ったものに故障が発生すると,無料で修理あるいは交換してもらえたとしても,それまでの問い合わせや手続きにとられる時間がバカにならない。そういう面倒さに対する耐性度は人によってさまざまだろうが,私はそいうのがかなり嫌いなほうなので,“忍容性”が低い。

しかも,iPhoneの場合,問い合わせ先がソフトバンクなのか,アップルなのか(iPhone 3GSまでの端末の問題はソフトバンクが対応,iPhone 4はアップルが対応),最初はわからなかったうえに,データのバックアップ(電話帳など)などをiTunes経由でパソコンにとっておかなければならない(修理の前提として,初期化を必ず行うため),などがわかってきて,面倒くさいので,年内はそのままにしておいた。

しかし,当初は3回に1回くらいに発生する“片側通信”が,ほぼ毎回発生し,いよいよ電話としての機能をまったくはたさなくなってきたので,年があけてからiPhoneを買った代理店(ソフトバンクショップではない,町のカメラ屋さんのような店)に持っていった。

iPhoneを卒業,どころか,iPhoneから脱落し,普通の携帯に変えるつもりでもっていったのだが,端末のローン払いが,iPhone前の端末とiPhoneの両方のこっているので,3台目の割賦販売はできないとのこと。それじゃあ,残っている1台分は一括で払うからと申し出たが,支払いはソフトバンクショップでないと受け付けられないらしく,その日はそのまま退却した。(それが結果的にはよかった。あのとき,そのカメラ屋で支払ができていれば,今頃はまた,ソフトバンクの普通の携帯に戻っているところだった)。

その日,事務所に戻ってから,どうも悔しいので,ソフトバンク(iPhoneテクニカルサポート)とアップルケアに電話して,なんとかデータのバックアップをパソコンにとることができ(もっとも,追加アプリを1つも入れていなかったので,電話帳のバックアップのみであり,やり方を知っている人にとっては何でもない作業だ),数日後,ソフトバンクに行き,不具合を伝えると,意外にもあっさりと新しい端末と交換してくれた。

その後,電話の調子がいいので,せっかくだからとiTunesを使ったアプリの購入や,Fonルータでの無線LANの設定(ルータはiPhone購入時に無料で提供されたが,まだ一度も使っていなかった),BBモバイルの設定(ソフトバンクの無線LAN回線。マクドナルドなどにあるらしい)など,数日かけていろいろやっているうちに,やっとiPhoneの使い方が感覚的にわかってきた気がする。

やはり,これは携帯電話というよりも, “携帯電話機能がついたデータ通信端末”だ。iPhoneに変えるまえ,携帯電話とiPhoneの2台持つ人が結構いると聞き,その理由がよくわからなかったが,いまは何となくわかる(ドコモやAUの携帯を使っている人や,おサイフケータイを使いたい人が,iPhoneも使いたいので2台持つというのを聞いたことがあるが,ソフトバンクを使っている人でも,普通の携帯電話とiPhoneの2台持ちは,iPhoneの使い方によってはアリだと思う)。

わたしは,いまの3GS端末の割賦支払(2年+数か月契約で実質的には無料)が終わったら,普通の携帯に戻し,iPhoneの代わりにiPadを使おうかとも思うが,それまではiPhoneをいじってもう少し遊んでみるつもりだ。

2011年1月 9日 (日)

「その訳はありえんだろう!」シリーズ-医学英語(和訳)を中心に-第3回(番外編)

新年早々,「その訳はありえんだろう!」シリーズ再開とは,今年はこれまでよりも翻訳に力を入れるのか,と勘違いされそうだが,特にそういうわけでもない。定期的に依頼されている医学ニュースの和訳校正をしていて,今週買ったばかりのパソコンを壊したくなるほどイライラしてきたので,気分転換にブログを書くことにした。

翻訳(和訳)で大きな間違いを回避するために必要な条件(十分条件ではない)を重要なものから挙げると,1)原文の理解〔さらにそのために必要な条件は,狭い意味での語学力(英語の試験で評価される英語力)と内容(subject mater)に関する知識だ〕,2)それを日本語で表す表現力(日本語力)―だと思う。

まず,1)をクリアしていなければ,翻訳などできるわけはないと思うのだが,どうも内容の理解が不十分なまま,見切り発車で訳し始めてしまったような翻訳原稿に時々遭遇する(もっとも,この理解にもレベルがあり,幅広い背景知識をもとにした解説ができるほどの深い理解は,専門家でない翻訳者には不可能であるし,翻訳者には通常,そこまでは求められない)。

この数時間,目を通した翻訳原稿のなかに,もとの英文をまったく理解していないんじゃないかと思わるものが何本かあり,まったくウンザリしている。翻訳元の原文を理解できているかいないかは,訳者本人がわかるはずなのに,わからないまま何故,訳し始めることができるのか,理解しがたい。そうして出来上がった翻訳文(和訳)は,当然のことであるが,原文の英語よりもさらに理解不能な複雑怪奇なものになっている。

2011年1月 6日 (木)

謹賀新年-新年の誓い

新年あけましておめでとうございます。

と書いてはみたものの今日はすでに1月6日。正月気分も忘れて仕事モードに入らなければいけない時期なのに,どうももたもたしている。

年末にやろうと思っていた事務所の大掃除をせぬまま年始を迎え,昨日届いた新しいデスクトップパソコンと散らかった書類・書籍に囲まれて途方にくれている。今年の新年の誓いは「毎日10~15分の事務所整理(含む掃除)」と決めた。

机回りが散らかっている人というのは,あまり仕事ができる人という感じがしないが,そういう意味ではわたしはまったく仕事のできない人になってしまう。整理の極意は,散らかる前に整理する,ということだと思う。いまの事務所に引っ越してちょうど1年。時間が立つほど紙類や本のたぐい,細かい備品・文具などがたまり,整理を怠っているうちに,かなり困った状態になってしまった。困ったものだ。

パソコン購入や昨年6月ころから使い始めたiPhoneについてもいろいろと書きたいことがあるが,いまはとにかく掃除だ。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »