最近のトラックバック

« 東日本巨大地震から1週間 - その② : 何もしないで静かに見守ることが最善の協力かもしれない | トップページ | 東日本巨大地震から1週間 - その④ : 一番我欲の強いおまえに言われたくないね,石原慎太郎 »

2011年3月19日 (土)

東日本巨大地震から1週間 - その③ : 今回も思い出した寺田寅彦の言葉

ここ2~3日政府は,被災者に対する救援活動よりも,原発事故への対応に時間を割いているようだが,避難所にいる人たちの寒さや飢えを少しでも改善してあげることを優先させるべきだろう。いや,原発もこれ以上の拡大は阻止すべきだから,同時進行で行うべきなのだが,管直人は「一度に複数のことが処理できないヤツ」という評価をネット上のどこかで読んだ記憶がある。出典が不確かなので無責任は承知だが,報道等でつたえられる彼の言動を考えると,たぶんそんなヤツなんだろうなと思う。たしかに,こういう危機的な状況のいま,自分の国のトップを非難しても益はないのだが.....。

原発に関しては,大きく,悲観波と楽観派に分かれているようで,ブログやツイッターでの情報のやりとりがすごい。(ちなみにわたしはツイッタ―はやっていないし,そのやり方(?)もわからないが,ほかのひとのブログ経由で今回は,ツイッタ―のやりとり(?)をいろいろと読んでいる。時代についていくためにツイッターもしようかという気にになり,アマゾンで入門本を注文してしまった。こういうところがまさにアナログ人間だ)。

それで思い出したのが,寺田寅彦の「ものを怖がらな過ぎたり,怖がり過ぎたりするのはやさしいが,正当に怖がることはなかなかむつかしい」という言葉だ。豚インフルエンザが流行ったころにブログに書いたが(豚インフルエンザはその後,新型インフルエンザと呼ばれるようになったが,懐かしい言葉だ。つい2年前のことなのに)。

原発に関しては,状況が刻一刻と変化しているが(新型インフルエンザのときもそうだけど),冷静に考えてみれば,一次情報は,現場で働いていた原発従業員(東電の社員と非正規雇用での従業員[←けっこういるらしい])が一番知っているはずだから,彼らから,正確に情報を聞き取り,それを,専門家が冷静に分析,判断すべきだろう(まあ,やってはいると思うが)。

わたしは和光が近いので,理研(和光研究所)が出している,放射線モニタリングポストの情報を見るが,それでみるとこのあたりは,心配するほどの放射線量ではない。離れているから当たり前といえば当たり前だが,外国の企業や政府のなかには,社員を帰国させたり,原発から半径80km以降への移動(アメリカ政府)を勧めたりという報道を目にするにつれ,どうも過剰反応なんじゃないかという気がしてくる。

ちなみに,寺田寅彦が上記の文章を書いたのは,関東大震災が起きたときだったらしい。

« 東日本巨大地震から1週間 - その② : 何もしないで静かに見守ることが最善の協力かもしれない | トップページ | 東日本巨大地震から1週間 - その④ : 一番我欲の強いおまえに言われたくないね,石原慎太郎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/39284036

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本巨大地震から1週間 - その③ : 今回も思い出した寺田寅彦の言葉:

» 「寺田寅彦で読む 『地震と日本人』」 第1期目次 [「新・中央競馬予想戦記」とかいろいろ]
始めるにあたってhttp://you-max.cocolog-nifty.com [続きを読む]

« 東日本巨大地震から1週間 - その② : 何もしないで静かに見守ることが最善の協力かもしれない | トップページ | 東日本巨大地震から1週間 - その④ : 一番我欲の強いおまえに言われたくないね,石原慎太郎 »