最近のトラックバック

« 東日本巨大地震から1週間 - その①: 最初 「管直人はなんて悪運が強いんだ」と思った | トップページ | 東日本巨大地震から1週間 - その③ : 今回も思い出した寺田寅彦の言葉 »

2011年3月19日 (土)

東日本巨大地震から1週間 - その② : 何もしないで静かに見守ることが最善の協力かもしれない

めまぐるしい一週間だったが,わたし自身について言えば,都内へ通勤するサラリーマンではないし,取材等で出かけてもいなかったので,帰宅難民にもならずにすんだ。地震の翌日,ガソリンが底をつきかけていたので満タンにしたが,そのときはまだ,いまほどガソリンスタンドに行列はできていなかった。しかし,スーパーなどで大量に食料品などを買う人は出始めており,どうにも疑問が湧いてきた。

たしかに,今回の地震は余震が多く,その震源地も宮城沖から離れた長野や東海など,どんどん移動している印象がある。余震は時間がたつほど頻度は減り,規模も小さくなるはずだが,この一週間,体に感じる地震が起きなかった日はない。地震そのものがうねりをもって日本列島全体をゆらし続けているのだろうか。そうであれば,近いうちに,今度は「関東大震災」が起きないともかぎらない。

そう思うと不安が増し,カップめんや日持ちのする食料,水を備蓄したいという気持ちもわからないではないが,いまは,すでに被災された宮城,福島,岩手のひとたちに物資が届くことを最優先すべきだろう。とはいっても,遠くで眺めているだけのわれわれにできることは限られている。家族や親戚,友人が被災地にいる人は,呼び寄せるという選択肢もあるが,そうでない人にとっては,「じゃまをしない」ことしかないのではないだろうか。

お金はじゃまにはならないので,余裕のある人は募金をすればいいと思うが,それよりも,必要以上の食料買いだめや特に,ガソリン・燃料類の買いだめは慎みたい。そして,テレビにかじりついてばかりいないで早寝早起きすること。節電にもなるし,生活健全化にもなる。

« 東日本巨大地震から1週間 - その①: 最初 「管直人はなんて悪運が強いんだ」と思った | トップページ | 東日本巨大地震から1週間 - その③ : 今回も思い出した寺田寅彦の言葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/39283728

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本巨大地震から1週間 - その② : 何もしないで静かに見守ることが最善の協力かもしれない:

« 東日本巨大地震から1週間 - その①: 最初 「管直人はなんて悪運が強いんだ」と思った | トップページ | 東日本巨大地震から1週間 - その③ : 今回も思い出した寺田寅彦の言葉 »