最近のトラックバック

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月13日 (水)

子ども手当とともに民主党政権も10月以降廃止.....がいいんじゃない?!

子ども手当、10月以降廃止へ…復興財源を優先

<政府・民主党は12日、中学生まで1人当たり月1万3000円を支給している「子ども手当」について、支給期限が切れる10月以降は廃止する方向で調整に入った。

 東日本大震災の復興に多額の予算が必要となるため財源確保は困難と判断した。10月以降、自公政権時代の児童手当を修正した上で支給を継続する方針だ。

 子ども手当は時限立法である「子ども手当法」に基づいて支給されている。政府は、11年度は3歳未満児への支給額を月2万円とするための新たな法案を今国会に提出したが野党の反対で成立を断念し、10年度の支給額を9月まで延長する「つなぎ法」を共産、社民両党などの協力を得て成立させた。

 しかし、10月以降も支給を継続する場合、新たに約1兆1000億円が必要となるため、復興財源の確保を優先することにした。

 子ども手当が廃止されると、恒久法の児童手当法に基づき、所得制限のある児童手当が自動的に復活する> (2011年4月13日03時03分  読売新聞)>                                            

          ↓                       

<日本国民は,民主党にまかせていた政権運営の間違いを認め,10月までに民主党政権を廃止する方向で決意を固めたもようだ。

 民主党政権が廃止されると,野党第一党の自民党が自動的に政権に復帰する>

前半はいいけど,後半(自民党の政権復帰)は手ばなしでは喜べないなあ。でも,まあ,民主党政権よりはマシか。

「スパワールド世界の大温泉」に行ってきました-②

チェックインの際,月曜日だというのに,本日は満室という看板が目についた。春休みで家族連れが多いのか。「流行っているんだなあ」,「風呂は混雑していないか」,などと心配になる。もちろん,スーパー銭湯なので,日帰りというか,風呂に入りにくるだけの人もいれば,サウナで夜を過ごすように,リラックスルーム(地下にある。男性用のみ)で朝まで寝ている人もいる。

おもしろいと思ったのは,かなりの規模の施設なのに,入り口を非常に狭くしており,一旦入ると,土足禁止。つまり,家のなかにいるように,素足ですごし,館内着(サウナで用意されているペラペラの浴衣風の着物ではなく,上下にわかれた,パジャマのような服)で過ごせること。宿泊施設(ホテル)と入浴施設(一番上はプール)は別の建物になっており,ロビー階の2階でつながっている。

風呂は世界の大温泉,というだけあって,ヨーロッパゾーン(4F)とアジアゾーン(6F)があり,月替わりでそれぞれ,男風呂と女風呂になる。4月はヨーロッパゾーンが男性用,アジアゾーンが女性用となっていた。詳しくはスパワールドのサイトを見てください。

Img_5689_3 2泊したが,なかなか快適だった。風呂が予想外によかった。場所に多少の偏見をもっていたからかもしれないが,清潔感に欠けるのではと心配をしていたが,そのようなことはなく,きわめて快適。タオルや館内着も新しいものが豊富に用意されており,多数の風呂を楽しめた。

また,8Fにあるプールは,規模はたいしたことはないが,周遊プールと遊園地のアトラクション的なもの(ゴムボートで渦を巻きながら落ちる遊びなどなど。うまく表現できない)があり,下の娘は乗れなかったが,長男はギリギリ,身長が足りたので何度か一緒にやってみた(別料金要ります)。

  館内にフードコートや飲食店もたくさんあるが(3Fに集まっている),少し歩けば,新世界のネオンが輝いている。せっかくだから,外に出て子どもに大阪の「二度づけ禁止」の串カツを食べさせた。さびれた感じは否めないものの,夜は東京の繁華街のような,地震による節電は行われていないので,大衆盛り場の雰囲気がそれなりに残っており,わたし自身は楽しかった。

2011年4月12日 (火)

「スパワールド世界の大温泉」に行ってきました-①

4/4(月)~6(水)まで,春休みの旅行を兼ね,子どもを連れて大阪の実家に行ってきた。介護施設にいる老親に孫の顔を見せ,花見にも連れて行ったが,泊まりは新世界に近いスパワールド(SPA WORLD)というスーパー銭湯のようなところにした。

Img_5696 場所は,JR天王寺駅と南海本線の新今宮の中間あたり。地下鉄御堂筋線の動物園前が最も近い駅だ。大阪出身だが,ここを利用するのもましてや泊まるのも初めて。実は2月に1人で帰省したとき,新今宮周辺の安いホテルに泊まった際,この温泉の存在を初めて知った。おもしろそうなので,戻ってからネットで調べ,楽天で部屋を探したところ,安い部屋があいていたのですぐに予約した。

このエリアはお世辞にもガラがいいと言えない地域なので,そんなところにあるスーパー銭湯はどうかと思ったが,この施設と隣接する新世界のあたりは,まあ,観光客が行っても問題ない雰囲気だ。ただし,新今宮駅からスパワールドに向かうまでの道沿いには1泊1500円程度で泊まれるホテルが立ち並び,「生活保護受給の相談にのります」といった看板がいくつも出ていて,小さい子ども2人と配偶者を連れて歩くには,少し緊張する。今回は,暗い時間にその道を歩くことは避けたが,2月に1人で歩いたときは,夜だったので不安を感じたのを覚えている。

2011年4月11日 (月)

福島原発事故の危険性を煽るやつ(日本も外国も)に読ませたい - これで農産物への風評被害が少しは収まるといいが

原発事故に関連した放射性物質(放射能)汚染の“問題”がネットやマスコミで騒がしく議論され,多大な風評被害が出ているが,第一級の専門家,ロバート・ゲイル博士の心強いインタビュー記事がDIAMOND ONLINEに載っている。

被災地の復興問題や東日本の電力供給の問題,今後の日本の経済や社会の変容など,懸念すべき課題は山積しており,日本中の人が今後,程度の差はあれ,その影響をこうむることは間違いないが,放射線汚染がらみの“なんでもかんでも危険”という短絡的な考え,特に,農産物や海産物に対する誤った恐怖はすぐに解消すべきと思っていた。

素人がなんと言っても説得力はないが,このような専門家の説明があれば少しは落ち着くのではないかと期待している。

この記事を掲載したDIAMOND ONLINEには“Good job”と言いたいところだが,DIAMOND ONLINEは,広瀬隆氏のこのような「危機煽り記事」も載せており,素直に褒める気にはならない。しかも,この広瀬隆氏の記事の最初のところには,最初アップされたときにはなかった<本稿は、3月16日に掲載されたものです>という,編集部注がかかれており,「震災後5日目の記事なのでその後の展開とズレいても多めにみてください」と伝えたいたいような,言い訳がましさを感じる。(ほかのDIAMOND ONLINEの震災関連の記事にはこのような編集部注は冒頭に載っていないはず。すべての記事の日付は一覧のところにすべて出ている)

ま,それはそれとして,ロバート・ゲイル博士の言葉をわたしは信じる。

2011年4月 3日 (日)

学会取材-SIR-とは関係ないが.....その②―アメリカのメディアも相当ひどい

時期が時期なので,学会のプレスルームなどに入り“from Japan”というと,みな同情してくれる。社交辞令であっても一応はお礼を言っておいたが,テレビのニュースなどを見ると,原発事故のほうが大きく取り上げられている。

アメリカのテレビニュースなど,別に日本にいても見られるし,テレビでなくてもネットで,CNNやその他いくらでも流れているが,日本にいるときは,わざわざ英語のニュースを視聴する気にはならない。

ホテルのテレビで聞くともなしにCNNをつけっぱなしにしていると,マサチューセッツ州の海水から通常より多い放射線が検出され,それが,日本から来たものらしい,などというニュースが流れていた。じっくり耳を傾けていたわけではないし,たとえそうしていても,正確に聞き取れたかどうかはわからないが,まあ,大体そんなことを言っていた。また,福島の原発付近の海から基準値の何千倍もの放射線ヨウ素が検出されたというニュースをレポーターが声高に報告したあと,最後に「But this is Japan's trouble, not our trouble」というようなことを言って(英語,不正確です),自分たちの健康には影響ないので心配はいらない,というあたり,「じゃあ,そんなに大きな声でわめいてレポートするなよ」とつっこみを入れたくなった。まったく,テレビはどこも同じで,結局,視聴率を得るためにセンセーショナルに伝えているだけだ,CNNも変わらないな,とつくづく感じた。

今回の地震や原発事故に関しては,ネットや新聞,テレビ,雑誌でほんとに膨大な記事が出ていて,いろんなことを考えさせれるが,これ以上,ブログに文字を埋めていると仕事ができなくなるのでそろそろやめにしよう。ただ最後に1つだけ,今日どこかで読んだ笑えないコメントを書いておく。

それによると,最近は,「中国産の野菜です」が“安心”のための表示なっているとか。ウソか本当かは知らないが笑えない話だ。ちょっと前まで,中国産は「農薬」などが多いと敬遠する人が多かったんじゃないのだろうか?

さかのぼれば,アメリカで狂牛病が出れば,「和牛」がもてはやされ,その前に,日本国内のどこかで「狂牛病」騒ぎがあり焼肉屋がガラガラになったときは,「米国産」とか「オーストラリア産」を売りにしている焼肉屋が増えたことをわたしは記憶している。わたしはその頃もふつうに安楽亭に通っていたので,その変化をよく覚えている。

今回の原発事故では,国内の原発をすべて停止させよ,などという人までいる。原発のことはイマイチよくわからないが,こういうことを言う人は,福島第一原発の6基が止まっただけで,計画停電の必要に迫られている日本で,残りの原発をすべて止めれば,どんな不便な生活が待ち受けているか,そのことを考えて言っているのかと疑問に思う。

電気の過剰消費(ムダ使い)への反省は必要だろうし,この震災を期に,日本人のライフスタイルは変容を余儀なくされるかもしれないが,だからといって,いきなり,“エコな生活”へ戻れと叫ばれても困惑してしまう。そういうことを言う人は,まず,自分から進んで,電気をまったく使わない生活とか,それが無理だとしても,計画停電の有無にかかわらず,例えば,1日に6時間は電気をまったくつかわないとか,そういう生活を進んでしてはどうかと思う。(たぶん,そういうことをしている人は日本中探せばいると思うが,“反原発”や“エコ”を声高にとなえて,テレビや雑誌で活躍している人のなかにはいないと思う)。

学会取材-SIR-とは関係ないが.....その①

今回は,出発前のエントリーにも書いたが,成田空港までのスーツケース宅配とバスの運行が読めなかったので,前日の夕方のバスにのり,成田空港周辺のホテルに前泊した(出発が朝の10時代だったこともあるが)。埼玉県南部の駅からバスに乗ると,オカマっぽい女性(きれいだが男性っぽい顔立ち)が乗ってきて,わたしが泊まるホテルと同じホテルへの行き方を運転手に聞いているので,自分も同じホテルに行くと伝えて,成田空港からホテルの送迎バスに一緒に乗ることになった。

タイから来たミスターレディーに違いないと思っていたが,行先を聞くとフィリピンへ帰るとのこと。フィリピン人にしては色白だがと思いながら,雑談していると,やはり今回の地震と原発で怖くなって,帰国を早めたのだという。「オニさんはシゴトですか?」といきなり“おにいさん”と呼ばれて,水商売の人だと確信した。

出発日の成田空港は,朝が早かったせいもあってか,恐れていたほどの混雑ではなかった。シカゴまでの飛行機はガラガラ。またもや,プレミアムエコノミーに無料アップグレードしてもらえ,しかも隣の座席に誰も座らなかったのでスペース的には非常に楽だった(帰りは,プレミアムエコノミーの通路側の席はもらえたが,隣に恰幅のいい日本人のおばさんが座り,かなり圧迫感を感じた)。

学会取材-第36回インターベンショナルラジオロジー学会(SIR)-シカゴ-③

SIRに出席するドクターは,放射線科の医師が多いのだろうということくらいは予測がついたが,やはりそうで,radiologyとか,diagnositic radiologyという所属が多かった。ほかに,radiological surgeryとか,surgical radiology,interventional oncology,などという領域(?)もあり,最初は少し違和感を持ったが,臓器別に分かれている診療科ではないため,これは当然といてば当然か。

素人考えながら,IRの本質は,1)治療手技としての血管内治療(血管内手術),と,2)ドラッグデリバリー技術―の2つに集約されると思った。

1)はmiminally invasive surgeryということだが,同じ,miminally invasiver surgeryといっても,laparoscopic surgery(腹腔鏡手術)ではなく,カテーテルを使った手技だ(これを surgeryと考えるか,内科的治療と呼ぶかは,議論のあるところだと思う)。2)は,循環器などでは薬剤溶出ステントがかなり以前から実用化(承認された治療として)されているが,今回は,放射線を出すmicrosphere(微小球?あるいは微小粒?)を腫瘍にデリバリーする治療や,抗癌薬を局所に注入する研究が多数発表されていた。

ディベートセッションでは,肝癌に対するchemoembolizationに関して,日本の研究(ペーパー)がいくつも紹介され,日本の貢献が大きいことを改めて感じた。

一般的に癌の治療法は,大きく,手術(外科),放射線治療(これら2つは局所療法),そして,全身療法としての化学療法―の3つに分けられるが,IRでは,それぞれ,(endo)vascular surgery(血管内手術あるいは治療),radioembolization(放射線塞栓療法),chemoembolization(化学塞栓療法)が対応している。

ただ,いずれも“局所(血管内)”での治療となり,それが,surgeryとしては,miminally invasiveが売りとなり,放射線療法や化学療法では,局所へのdelivery とその結果としての副作用の少なさが売りになる。

どうも自分のためのメモ書きみたいになってしまった。

学会取材-第36回インターベンショナルラジオロジー学会(SIR)-シカゴ-②

というわけなので(↓),学会取材のタイトルをつけたが,発表内容について,何か書ける状況ではない。お金をもらう仕事としての原稿書きがほとんど進んでいないからだ。

ただ,今回はクライアント(製薬メーカー)のスポンサーがつく仕事ではなかったので,久しぶりに学会のプレスカンファレンスに2回出席してみた。

Img_4944_2 どの学会でもそうだが,プレスルームの対応や設備,無料で提供される食事などで,学会の“豊かさ”が大体推察できる。また,SIRでは,学会出席者全員に対して,昼休みにExhibit(展示会場)のところでランチを無料で提供していた。

出席者数が5000人程度の比較的小規模な学会だからということもあるのだろうが,interventional radiology(IR)の場合,医療機器メーカーがたくさんスポンサーにつくということもあり,金銭的に豊かな学会という印象を持った。

また,初日に配布された学会新聞かなにかに,大会長の挨拶として,「interventional radiologyは,過去10数年間に,期待と失望を繰り返し経験してきたが,これからは,輝ける未来が期待できる」というようなことが書いてあった。IRの“売り”であるmimimally invasive医療(低侵襲医療)に対する需要とIRをめざす若い医師の増加が,bright futureを期待する根拠となっているようだ。

2011年4月 2日 (土)

学会取材-第36回インターベンショナルラジオロジー学会(SIR)-シカゴ-①

昨日(4月1日),シカゴから帰国。今回取材したのは,Society of Interventional Radiology(SIR)という,放射線等による画像診断技術とカテーテル等を使った血管内治療を組み合わせた医学領域だ。循環器(心臓病学)のインターベンション(PCI)が有名だが,循環器のほうはCardiologyの学会でのほうが発表が多いのだろう。この学会では,むしろ,肝臓や婦人科,泌尿器科に関連する発表のほうが多い印象を持った。また,複数の領域が関係するが,interventional oncologyというカテゴリーも確立されているようだ。

急な仕事で,事前勉強(homework)をあまりしていかなかったので(ほかの学会でも同じだ←すでにこのブログで何度か書いている「知識の自転車操業」),現地でほとんど原稿を書けなかった(書かなかったか?)。月曜から家族を連れて旅行に出かけるので,この週末には,来週締切の分だけでも納品しておきたいのだが,全然やる気が湧いてこない。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »