最近のトラックバック

« 嫌な感じがする国を挙げての節電運動―“非国民”なんて言葉が復活しないことを願いたい | トップページ | 日本は「下士官・兵隊は優秀だがリーダー・参謀は無能」は本当なのだろうか―内閣不信任案が提出されるらしいが..... »

2011年5月25日 (水)

何故すぐ立場を決めなければならないのか―やはり“売らんかな”が動機だろうか

続けてブログを書いているが,急に“創作意欲”が湧いてきたわけではない。本当は,急に入ったあさって締切の仕事がはかどらず,逃げ場所を探しているのだが,ネット遊び(検索)や有名人のツイッタ―のフォローも飽きてきたので,仕方なく(?)ブログを書いている。

ツイッタ―といえば,入門書(?)を買ってはみたもののまだきちんと読んでいない。アカウントを作ろうと思えばすぐに作れることはわかったが,始めたとしても,つぶやきたいことなどそんなにないし,フォロワーの少なさから,人間関係の狭さが明らかになるだけなので,当面のところ,やるつもりはない。ただ,有名人のツイッターは,ブラウザにBookmarkして時々のぞいている。ツイッタ―の利用の仕方としては邪道なのだろうけど。それにしても,デーブ・スペクターの日本語力(ダジャレ能力)はすごいと思う。

タイトルに戻って,えっと一体何を書きたかったのだろうか。そうそう。前のエントリーで原発のことを少し話題にしたが,週刊誌などでも,原発推進(擁護)寄りの雑誌から,反原発(危険煽り派)まで,それぞれの立場がすぐに決まってしまうのが不思議と言えば不思議だ。ま,朝日新聞の週刊アエラが,地震直後に防毒マスクをかぶった人の写真を表紙にしたのは,朝日らしいという気がするが,週刊ポストは今回の地震に関しては,原発リスク擁護波というか,冷静さを強調するスタンス。一方,週刊現代は,原発のリスクを強調(煽る)するような記事が多い。週刊新潮と週刊文春もどちらかと言えば現代寄りか。この両誌は,原発事故そのものよりも,それに対する政府や政治の対応のまずさや政治のごたごたに多くのページを割いている気がする。

いずれにしても,雑誌もそれぞれのスタンスをそれぞれ取っている。編集方針と書けばかっこいいが,穿った見方をすれば,マーケティング戦略,つまり,“売らんかな”が動機のような気がする。

脱線ついでにさらに話を拡大させると,政治における対立軸とか,政策の違い,なんてものも,それぞれの政党や政治家の理念や信念に基づくものではなく,ようするに,いま何が一番売れる(= 政治では票が獲得できる)かという観点からのマーケティング戦略でしかないだろう。

最近,管総理を辞めさせるため,内閣不信任案を提出しようという動きが野党から出ており,あまつさえ民主党のなかからも同調者が出てきているという。わたしも管直人は好きになれないし(最近そうなったのではなく,薬害エイズ問題で被害者に土下座して謝っていた,華やかなりし頃からどうも好きになれなかった),現在の国難を担うリーダーとしてはなはだ不満だが,だからといって,じゃあ,自民党の谷垣氏がいいか?みんなの党の渡辺氏か?剛腕(?)の小沢一郎か?,いや,若手のホープ(?),自民党の河野太郎氏か?,いやいや,自民の石波茂氏ではどうか?などなど,いろん政治家を頭に思い浮かべても,クエスチョンマークが増える一方だ。

ああ,もう限界。仕事をはじめよう。

« 嫌な感じがする国を挙げての節電運動―“非国民”なんて言葉が復活しないことを願いたい | トップページ | 日本は「下士官・兵隊は優秀だがリーダー・参謀は無能」は本当なのだろうか―内閣不信任案が提出されるらしいが..... »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/40097072

この記事へのトラックバック一覧です: 何故すぐ立場を決めなければならないのか―やはり“売らんかな”が動機だろうか:

« 嫌な感じがする国を挙げての節電運動―“非国民”なんて言葉が復活しないことを願いたい | トップページ | 日本は「下士官・兵隊は優秀だがリーダー・参謀は無能」は本当なのだろうか―内閣不信任案が提出されるらしいが..... »