最近のトラックバック

« 疲れやすい - もしや,男性更年期か?! | トップページ | 何故すぐ立場を決めなければならないのか―やはり“売らんかな”が動機だろうか »

2011年5月24日 (火)

嫌な感じがする国を挙げての節電運動―“非国民”なんて言葉が復活しないことを願いたい

浜岡原発の停止が決まり,“反原発派”は国内のすべての原発の停止(定期点検等で現在停止中のものは再稼働禁止)を求めて熱心にやっているようだ。

原発やエネルギー問題に関する新聞や雑誌,ネットの記事やブログには結構,目を通しているが,みなもう言いたい放題(?)という感じで頭がクラクラする。

わたしは“原発推進派”でも“原発擁護派”でもないが,政治的(左翼的?)な匂いのぷんぷんする“反原発運動家”や,これまで原発にたいして関心を持たなかったのに,にわか知識で急に“反原発派”に変身し,稼ぎどき,とばかりにさまざまなメディアに登場する「ジャーナリスト」や「専門家」にはどうも違和感を感じる。

現在の電気供給量でこの夏をいったい乗り越えられるのだろうか。以前のエントリーにも少し書いたが,すべての原発の即時停止などと言っている人は,電力不足によるマイナス面をどのくらい具体的に考えているのだろうか

これまでの原発建設の進め方に問題が多かったことはその通りだろう。反対派は原発を建設しようとする相手に絶対の安全性を迫り,それ以外の妥協点を提供しないので,東電など原発建設側は現実にはありえない“絶対安全”をお経のように繰り返す。それを信じた地元地域や住民は,補助金や雇用機会(就職先)を得て,経済的恩恵を享受してきたにもかかわらず,このような事態になったいま,「騙された」,「絶対安全と言ったじゃないか」と東電を攻めたてる。

“絶対安全”を踏絵にしてしまえば,いつかは「裏切られる」のは冷静に考えれば当たり前ではないだろうか。これは何も原発に限った話ではなく,人間社会が続く限り,あらゆる時代,あらゆる状況,あらゆる場面で言えることだ。絶対に守られる“絶対”は,いま生きている人間も100数十年後には“絶対に死んでいる”という絶対だけだ。

原発停止のことに話を戻すと,技術的なことはわたしはもちろんわからないが,首都圏に近く,東海地震の危険地帯のど真ん中にある(らしい)浜岡原発をこの時点で停止させるのは仕方ないとは思う。

しかし,そこから一気に,すべての原発を即時停止,へ行ってしまうのはどうか。代替エネルギーとか自然エネルギーとか言うひとがいるが,これまで国内電力の約30%を供給してきた原発にすぐにとって代われるものはまだないし,将来,そういう技術が開発されるかもしれないが,それは数十年先の話であろう。

現実的な選択肢としては,国内原発の安全性をさまざまな角度から再点検し,地震対策や津波対策,災害時の電源その他のバックアップ体制の不備を大至急,修正したうえで,使い続けていくしかないのではないだろうか。

もちろん,稼働を停止していた火力発電その他の(原発でない)発電設備を再稼働させて使うことも選択肢だし,実際に行われているようだが(これはこれで,環境にとってどうなの?という疑問は残るし,古い発電設備の安全性も大丈夫なのかと素人的には疑問がわく),それでも,夏にブラックアウトを起こさないためには,相当な節電が求められるのではないだろうか。

今,駅やスーパー,繁華街や会社など,国をあげての“節電運動”が行われており,これこそ地震直後に海外諸国が賞賛した日本人の模範的行動なのかもしれないが,「ほしがりません,勝つまでは」なぞというスローガンで困窮生活をしいられたという太平洋戦争の頃のようにならないかと心配している。

本当は,まさかそこまでは,という気持ちもあるが,節電対策盛んな最近の雰囲気はどうもイヤな感じがする。夏にがんがん冷房をかけていると,“非国民”なんて注意する見回り隊が町内会から現れないだろうか。そんなことにならないよう祈りたい。

« 疲れやすい - もしや,男性更年期か?! | トップページ | 何故すぐ立場を決めなければならないのか―やはり“売らんかな”が動機だろうか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/40097034

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌な感じがする国を挙げての節電運動―“非国民”なんて言葉が復活しないことを願いたい:

« 疲れやすい - もしや,男性更年期か?! | トップページ | 何故すぐ立場を決めなければならないのか―やはり“売らんかな”が動機だろうか »