最近のトラックバック

« 何故すぐ立場を決めなければならないのか―やはり“売らんかな”が動機だろうか | トップページ | ナイジェリアで“出産工場”(baby farm)が摘発されたらしい »

2011年6月 1日 (水)

日本は「下士官・兵隊は優秀だがリーダー・参謀は無能」は本当なのだろうか―内閣不信任案が提出されるらしいが.....

報道によると,管首相に対する内閣不信任案が今日中に国会に提出されるらしい。明日には採決のようだ。可決されるかどうかは,民主党から何人造反が出るかによるが,否決となって管首相が続投となっても,民主党はガタガタになり(すでにガタガタだが),自民党(こちらもとっくの昔に傾いている)と造反組との連携など,いろいろな動きが出てくるだろう。

可決となった場合は,衆議院解散総選挙か内閣総辞職で,解散はいまの時期にはやれないだろうというのが常識的な見方だが,「精神状態が尋常でないくらい不安定」(らしい)管首相なら,「一発勝負」に出ないとも限らない。総辞職の場合は,これも普通は民主党から誰かが首相になるはずだが,造反が大量に出て,それでも民主党から首相が出るのだろうか。

可能性がゼロを承知の放言だが,この際,杉良太郎にやってもらうのがいいんじゃないか。彼の長年の慈善活動は半端なものではない(首相は国会議員のなかからしか選ばれないことは知っている)。

ところで,以前からよく言われ,今回の震災後もいろんなところで疑問なく書かれているのが,日本は,

「下士官・兵隊は優秀だがリーダー・参謀は無能」とか,「強欲で無能な政治家・経営陣を、無欲で優秀な現場が支えている」などという指摘だ(以降,このことを,この“仮説”という云い方で書く)

第二次大戦のときもそうだったらしいし,今回の震災でも,現場で災害救助にあたる自衛隊の隊員や福島原発で働く「名もなき」職員,福島原発に放水に行った東京消防庁の隊員などをほめたたえる文脈で使われている。また,一般企業に話を広げてこの“仮説”を持ち出す人もいる。

しかし,わたしはどうもにも疑問がわく。それは,「現場(下のもの)は優秀,上(リーダー)が無能」というこの評価が本当に正しいのかどうか。いろんな組織や場面,機会があるから,それを十把一絡げに日本は。。。。とやってしまうのは乱暴ではないかという疑問。

さらに,もしこの“仮説”がおおむね正しいとしても,「現在の無能なリーダーや参謀,政治家,経営陣」も,その多くは,若かりし頃,「優秀な下士官や兵隊,現場の人間」であったはずだ,ということだ。

まさか,日本では若いときから無能で強欲なものだけが,リーダーや参謀,政治家,経営者になりやすく,「優秀な下士官や兵隊,現場の人間」は,リーダーや参謀,政治家,経営者にならない(なれない)ということはないだろう。

リーダーや参謀,政治家,経営者に求められる資質(向いている人間)と,下士官や兵隊,現場の人間に求められる資質(向いている人間)はたしかかに違うだろう。

「現場は優秀でリーダーは無能」というこの“仮説”が真実ならば,1)日本では優秀だったはずの現場の人間が(リーダーや経営者や政治家など)上の人間になると無能になる,2)日本には優秀なリーダーや経営者や政治家などに必要な資質を備えた人材が少ない―の2つのどちらか,あるいは,両方ということになる。

1)はある意味,一番わかりやすい現象かもしれない。企業でも大学でも,役所でも,政治の世界でも,どういう世界にいても,こういう変化を目の当たりにすることは珍しくない。2)についてはよくわからないが,リーダーや経営者や政治家としてずば抜けてすぐれた資質(それについて正確に記述する能力はわたしにはないが)を備えた人材など,いつの時代でもどの国でも,そういるものではないはずだ。もっとも,0.001%と0.01%の違いであれば,10倍の差なので大きいが.....。

問題にしている“仮説”に戻ると,現場は優秀,という前提を無条件に書いているところがわたしはどうもクエスチョンマークだ。もちろん,今回の震災の現場で活躍された自衛隊の隊員の方々や福島原発の現場で頑張っている名もなき職員の方々の働きには心から敬意を払うし,一生懸命にやっていらっしゃるだろうことは間違いない。しかし,そういう具体例を見て,すぐに,この“仮説”を持ち出すのはどうか?

現実を見てものを考えるのであれば,いまの政治の体たらく,ひどい会社のひどい経営者(立派な会社もあるので,これはひどい会社の場合。東電,みずほ銀行 etc. etc)をそういう状態たらしめているのは,この“仮説”でいうところの,「下士官・兵隊」や「無欲で優秀な現場」が本当はそれほど優秀でも無欲でもなかったからではないのか。少なくともその責任の一端はあるだろう。

常識的に考えれば,リーダーや参謀が低能であるのに,その部下だけが抜群に優秀であることは考えにくい。政治や会社も同じで,強欲で無能な政治家や経営者のいる(多い)国や会社の国民ないしは社員が,途方もなく清廉潔白で有能である可能性も低いのではないか。

「下士官や兵隊」 「現場」 vs 「リーダー・参謀」 「政治家や経営者」を,被害者と加害者のようにまったく別のものととらえて,この“仮説”を疑問なく受け入れることをわたしはどうしてもできない。

« 何故すぐ立場を決めなければならないのか―やはり“売らんかな”が動機だろうか | トップページ | ナイジェリアで“出産工場”(baby farm)が摘発されたらしい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/40222026

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は「下士官・兵隊は優秀だがリーダー・参謀は無能」は本当なのだろうか―内閣不信任案が提出されるらしいが.....:

« 何故すぐ立場を決めなければならないのか―やはり“売らんかな”が動機だろうか | トップページ | ナイジェリアで“出産工場”(baby farm)が摘発されたらしい »