最近のトラックバック

« ツイッターのフォローも飽きてきた | トップページ | きれいな海と生の豚:沖縄初体験 »

2011年7月17日 (日)

「肉用牛から暫定基準値を超える放射性セシウムが検出」と聞くと怖そうだけど.......。

福島県南相馬市の農家が出荷した肉用牛から暫定基準値を超える放射性セシウムが検出されたということで,大騒ぎになっているが,「食の安全」ということになるとどうしてこうも大騒ぎになるのかと不思議に思う。子どもの給食の材料に福島からの肉が使用されているということを以前から「警告」していた“意識の高い主婦”たちが,今回のニュースを聞いて「それ見たことか。わたしたちの言っていたことが正しい」とばかりに集まって,興奮ぎみに相談しあっている場面をテレビでのニュースで見た。

厚生労働省は,汚染牛食べても健康に影響なし,と言う見解を発表したが,「汚染牛」という言葉が出た時点で,健康に影響なし,という判断に説得力はなくなっている。

原発事故直後の放射線量についての「ただちに健康に影響があるレベルではない」と同じで,心配する人は絶対心配するだろう。

本当のところは,低線量被曝に関しても,今回の汚染牛(これを食べると内部被曝になるわけか?)に関しても「データがないから判断できない」というのが正しい見解だろう。ただし,国の基準というのは,相当厳しい(かなり非現実的な量の)基準値を採用していることから,健康に影響なし,というのはわたしは普通に受け入れている。

政治家でも有名人でもないので,そういう話はわたしのところには絶対に来ないが,カメラの前で福島県産の今回問題になった牛肉のステーキを食べて,時給1万円でもくれるなら,喜んで参加したい気分だ。

危険の程度が定まらない事象に対して過大な恐怖を抱くのは心理学的には説明つくらしいが,「放射線」とか「食の安全」ということになると,どうも,わたしの感覚からすると,過剰に反応する人が少なくないような印象を受ける。そういう人の割合は,実際はそれほど多くはない(少なくとも過半数ではない)と思うのだが,マスコミはそれがいいネタになるので,大きくとりあつかい,実際以上に多くの人が怖がっているような印象が広まり,それに影響されて,追加で怖がる人が出てくる。風評被害と言われるものはこのように拡大していくのではないか。

わたしなど,カップラーメンやコンビニで売っている弁当類の食塩含有量(しかも,ナトリウム表示してあるのでミスリーディング。ナトリウム量の約2.5倍の量の食塩摂取になる)の多さのほうが,はるかに健康に影響あり,と思うが。。。。

(追記:2~3日前に,「ネット閲覧に費やす時間を減らそうと思う」,と書いたばかりなのに,相変わらず,ニュースサイトやブログ,ツイッタ―を見てしまっている。われながら情けない)。

« ツイッターのフォローも飽きてきた | トップページ | きれいな海と生の豚:沖縄初体験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/40842748

この記事へのトラックバック一覧です: 「肉用牛から暫定基準値を超える放射性セシウムが検出」と聞くと怖そうだけど.......。:

« ツイッターのフォローも飽きてきた | トップページ | きれいな海と生の豚:沖縄初体験 »