最近のトラックバック

« 学会取材 - 米国骨代謝学会(ASBMR 2011)-雑感 | トップページ | スティーブ・ジョブズ氏死去-合掌 »

2011年9月26日 (月)

「岩手の作家12人が震災アンソロジーを発行-印税全額を被災地支援に寄付 /岩手」 - もちろんよいことだけれど。。。

金曜日にサンディエゴから戻ったが,肩こりがどうにも耐えられなくなったので,土曜日に「行きつけ」の鍼灸院で,鍼 + マッサージをしてもらった(あまり効果はなかったが)。

とりあえず治療されている間はいい気持で,流れているFMラジオをなにげなく聞いていたところ,岩手の作家12人が震災アンソロジーを発行-印税全額を被災地支援に寄付というこの本の紹介放送が流れ,とりまとめを担当したという直木賞作家の高橋克彦氏(盛岡市在住)のインタビューが聞こえてきた。

本は読んでいないのでその内容について何かを書こうというわけではないのだが,そのインタビューで高橋氏が震災直後の様子などを述べ,以下のような内容のことを述べた(忘れてしまったので,正確な引用ではありません)。

ようするに<このような甚大な災害に直面して,作家などという仕事の意味に疑問を持った。生活そのものが崩壊している現実(日常生活に必要なお店がすべて閉店/壊滅してしまっている)を前にして,芸術などの無力さを感じた>というような感想(不正確。ご容赦)だったと思う。

これを聞いて,わたしは「またか」と思ってしまった。今回のような大災害が起これば,人生や仕事について考えなおす(反省する)気持ちになるのは誰でも同じだ。関東にいて,何の被害も経験していないわたしでさえ多少は「今後の生き方」について地震とからめて考えたくらいだから,震災地で実際に地震に遭遇した人が,人生や仕事について考えを改めるに至るのは当然かもしれない〔関東や関東以外の被災地でない日本中の人々にとっても,今回の地震は,今後の不安(次は自分の住んでいるところに大地震が来るのではという不安)を高めることになったであろうし,この不安は日本に住んでいる誰もが抱いているだろう〕。

しかし,「芸術は無力だ」とか,「大震災を前にして小説などは何の意味もない」的な反省はどうか?率直に言って,そのような感慨をまじめにもったとしたら,直木賞作家もたいしたことないなあ,とわたしは思ってしまう。

そんなこと,あたりまえではないか。大災害に遭遇しなければ,そういうこともわかっていなかったのだろうか。生き延びることが最優先の状況におかれれば,芸術も小説もありはしない。しかし,ある程度,生活が落ち着いてくれば,人間は個々の性格や感受性,おかれた環境にもよるが,小説が必要になる人もいれば,音楽が必要になる人もいる。映画で心が救われるひともいれば,絵画で何かを表現したり,あるいは感じたりする人もいる。

大地震に直面して自分の仕事の意味とか価値に疑問を持つということは,逆に言えば,それまで自分の仕事というものを「過大評価」していたといえるのではないか。

急いでいるのでどうも文章が混乱してきているが(いつものことか?),わたしは「大震災以後,考え方が変わった」とか,「大震災以後,日本人が変わった」ということを躊躇なく言ったり,そういう見方を素直に受け入れる人に対してどうも疑問を感じてしまう(2001年の9.11のアメリカ同時多発テロのあとも,9.11以降,アメリカは変わった,というようなことを新聞やテレビでよく耳にしたが,その後の10年のアメリカが「本質的な意味で」変わっただろうか?何も変わっていないんじゃないだろうか。9.11以降も住宅バブルに踊り,リーマンショックを起こしたのは3年前だ)。

もちろん,直接被害にあわれた方々の生活は一変してしまったであろう。しかし,その後の人間のいとなみは,例えば,「日本人はあの震災以降,変わった」というような言い方が妥当なほど,変わっているだろうか(個々の極端な悲劇,具体例を探せば,「人生(観)がひっくりかえってしまった」例はいくらでもあるだろうが)。

人間は変わらない。あれほどの大災害があっても基本的には変わらない。震災後の悲劇と,それにもかかわわらず,相変わらずの政治のごたごたとか,(直接的に見聞きした具体例は知らないが,間違いなく存在するであろう)震災利権がらみの卑しい争いなどを考えると,人間は,悲しいほど変わらない(変われない)ものだとわたしは思う。

だからこそ,衣食住だけでなく,小説も音楽も映画も娯楽も,やはり必要なのだ。そして,そんなこと,今回の大震災に遭遇しなくても,小説家なら理解していてもいいんじゃないの?というのがわたしの疑問だった。そうであれば,「震災に直面して小説などに意味があるのか?」などという子どものような感想は出てこないはずだ。

これから,福島県立医大へ取材仕事に行く。

« 学会取材 - 米国骨代謝学会(ASBMR 2011)-雑感 | トップページ | スティーブ・ジョブズ氏死去-合掌 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/42030243

この記事へのトラックバック一覧です: 「岩手の作家12人が震災アンソロジーを発行-印税全額を被災地支援に寄付 /岩手」 - もちろんよいことだけれど。。。:

« 学会取材 - 米国骨代謝学会(ASBMR 2011)-雑感 | トップページ | スティーブ・ジョブズ氏死去-合掌 »