最近のトラックバック

« ボーイング787に初めて乗りました | トップページ | NHKの朝ドラ,「カーネーション」から学ぶこと,学べないこと »

2012年3月 4日 (日)

ロンドンオリンピック-マラソン男子の代表選考-残り2枠は誰か?またいつもの残酷な選考プロセスか

もう3月か。それにしても今年は寒い。

男子のロンドン五輪代表最終選考会を兼ねたびわ湖毎日マラソンの結果,日本人トップが一般参加の山本亮(佐川急便)選手(2時間8分44秒で第4位)となり,残り2枠を誰にするか,微妙な情勢だ。

先月の東京マラソンで2位(日本人で1番。2時間7分台)となった藤原新(東京陸協)選手の代表入りはほぼ確定のようだ。

残り2枠を山本選手,東京マラソンで日本人2位の前田和浩(九電工)選手(タイムは山本選手より上),福岡国際マラソン(2011年12月)で日本人トップの川内優輝(埼玉県庁)選手(2時間9分57秒で3位),世界選手権(11年9月)で入賞した堀端宏行(旭化成)選手あたりが候補らしい。

川内選手は2月の東京マラソンにも出場。14位(2時間12分51秒,日本人のなかでは9場番目)と“惨敗”し,翌日,懺悔をこめて丸坊主にした写真が印象的だった。

しかし,以前,北京オリンピックの前にも書いたが(ハンセン200メートル出場権喪失で思うこと),こういうあいまいな選考のやり方はなんとかならんものか。一番すっきリするのは,代表選考会を一発勝負にすることだと思うが,選考会を複数回行うにしても,タイムを優先するのか,順位を優先するのか,選考基準をもっと明確に事前に決めて,選考レースが終わった段階で,自動的に決まるようなしくみにするほうがいいと思う。

大会による差(福岡は伝統のある大会だから,うんぬんとかいうネット上のコメントも見た),とか,当日のコンディションはどうのこうの,とか言っていたらきりがない。しかも,終わったあとでそういうことを言う余地があるのはおかしい。それを言い出したら,「その日は風邪で調子が悪くて」も理由になりかねない。

こういうあいまいな選考プロセスは,選考者側の怠慢だと思うし,非常に残酷だとわたしは感じるのだが,そのような批判があまりでないのは不思議だ(ほかの競技でも同じ)。

陸連とかがいろいろな“利害関係”を調整して決めるのだろうか。そんなもの,密室談合の政治と同じではないか。

3月11日は名古屋ウイメンズという女子マラソン(女子の五輪代表最終選考会)の大会がある。1月の大阪国際を欠場した野口みずきの成績が注目されるが(というか,そもそも,出場できるのか,が問題),この大会にはほかにも五輪出場候補の選手が多数でるそうで,ぶっちぎりで1位になる選手がでればいいが,あいまいな結果になると,またややこしいことになるのでは。。。

« ボーイング787に初めて乗りました | トップページ | NHKの朝ドラ,「カーネーション」から学ぶこと,学べないこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/44365200

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンオリンピック-マラソン男子の代表選考-残り2枠は誰か?またいつもの残酷な選考プロセスか:

« ボーイング787に初めて乗りました | トップページ | NHKの朝ドラ,「カーネーション」から学ぶこと,学べないこと »