最近のトラックバック

« 韓国ドラマ <スカーレットレター~ 裏切りの代償~> つっこみどころ満載だがハマってしまった | トップページ | 今さらですが。。。ロンドンオリンピック雑感―インタビュアーの質問なんとかしろよ »

2012年7月13日 (金)

三笠宮さま(96)の心臓手術が示唆するこれからの高齢化医療の課題

三笠宮さま(96)が心臓手術(僧帽弁形成術)を受けられ,術後経過も今のところ順調のようである。医者でない私は,純粋に医学的なことを言う立場にないが,このニュースを聞いて,「96歳で心臓手術?」と驚いた人は少なくないはずだ。ツイッタ―などでも,そのような反応のツイートを一般の人だけでなく,医師からも出されていた。

明確な“反対意見”はさすがに見なかったが,皇族であるかどうかという問題ではなく,一般的な感覚として96歳で外科手術をする必要があるのか?という感想は抱いて当然だと思う。

96歳というのはかなり例外的だとは思うが,いわゆる後期高齢者にあたる75歳以上で外科手術を受ける例は現在,ますます増えているらしい。

もちろん心臓だけの話ではない。がんは高齢になるほど増えるので,75歳,80歳になってがんを手術する人は多く,今後ますます増えるであろう。

しかし,例えば,80歳の認知症患者にがんが見つかった場合はどうするか。外科的に(= 医学的に)切除可能ながんであれば,家族がやってくれと言えば,医師は拒否できない(拒否する理由がない)という。しかし,がんをとっても認知症はそのまま残る。

また,これは外科手術ではないが,似たような例は,透析患者にも少なくないようだ。透析患者も高齢になるほど増えるが,認知症を合併している透析患者というのは,透析施設でも頭の痛い問題らしい。認知症のある高齢のがん患者に,がんの切除手術をするよりも面倒なことかもしれない。透析の場合,数時間はおとなしく寝ていなければならず,それが,長期に続くからだ。

かくいうわたしの母親も,2007年に心筋梗塞で倒れ,PCIで救命されたあと,心不全で入退院をくりかえし,翌年,79歳のときに岸和田徳洲会病院で僧房弁置換,バイパス手術など,複数の手術を10時間かけて受けた。そのかいあって,退院後,1年くらいは自宅での生活が可能になったが,その後,やはり心機能が低下し,今年の3月には肺炎を併発して,「もってもあと2週間」と医者から言われた。その後,もちなおし,現在,とりあえずは生きている。

何がいいたいかというと,医療技術の進歩にともない,昔ならもう何もせずに見守りましょう,という年齢の高齢者に手術や透析など(胃ろうもそうだが),さまざまな介入や治療が行われるようになってきている。医学的な適応は医者が判断することであり,それが適応であれば,医師は拒否しない(拒否できない)が,本当にこのままでいいのだろうか。

これは微妙でセンシティブな問題なので慎重に書きたいところだが,やはり,子どもや青年,壮年と後期高齢者以上の年齢の人の命は同じようには扱えないのではないか。もちろん,すべての人に平等に,最高の医療を提供する,のが理想だし,それができるにこしたことはないが,それができない状況はいずれやってくるのではないか(現状でも,実際はそうだが)。

時間がないので,ここで筆を置くが,三笠宮さまの心臓手術のニュースは,最近,考えているいろいろなことと関連があり,どうも落ち着かない気分にさせられた。「高齢になったらどの程度までの医療を受けるか」。この問題は,あと20年もすれば自分の問題として真剣に考えなければならない。そして,これからの日本人が真剣に考えなければならない問題だと思う。

« 韓国ドラマ <スカーレットレター~ 裏切りの代償~> つっこみどころ満載だがハマってしまった | トップページ | 今さらですが。。。ロンドンオリンピック雑感―インタビュアーの質問なんとかしろよ »

医学・医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/46312078

この記事へのトラックバック一覧です: 三笠宮さま(96)の心臓手術が示唆するこれからの高齢化医療の課題:

« 韓国ドラマ <スカーレットレター~ 裏切りの代償~> つっこみどころ満載だがハマってしまった | トップページ | 今さらですが。。。ロンドンオリンピック雑感―インタビュアーの質問なんとかしろよ »