最近のトラックバック

« 石原幹事長の揚げ足取るだけでは不毛②―尊厳死や終末期医療,延命治療の議論をもっとすべきだ | トップページ | 嫌いな人間-いいとこ取りするやつ,あれもこれも欲しがるやつ-最近の諸問題(尖閣や竹島の問題)やそれに対する“著名人”の反応など »

2012年9月12日 (水)

石原幹事長の揚げ足取るだけでは不毛①―尊厳死や終末期医療,延命治療の議論をもっとすべきだ

今日(もう昨夜か)の報道ステーションで谷垣総裁を“裏切って”自民党総裁選に出る石原伸晃幹事長が,増大し続ける社会保障費をどうするかという話のなかで,「生活保護」と「尊厳死」に触れたことがツイッタ―で話題になっている。

話題になっているというか,「社会保障費抑制の文脈で触れることがそもそもけしからん」という“反発派”と「尊厳死を医療費抑制政策として言ったわけじゃなく,全く別の文脈で触れたのだから誤解だ」という石原擁護派(?)のツイート合戦という感じか。ま,どちらの“陣営”も眠れぬ夜のツイッタ―の肴にしているだけで,別に深刻に考える必要もないけど。

まずは,くだんの動画が見られるURLを貼り付けておく。http://dai.ly/RDnHf8

これを見て,尊厳死推進⇒終末期医療(費)抑制⇒医療費削減⇒人の命を粗末にする,と批判しているのが“反発派”,そういう意図で言ったんじゃないというのが石原幹事長“擁護派”か。

最後に古館キャスターも擁護するようなコメントを入れているが,この動画を見る限り,「そういう意図で言ったのではない」と解釈するのが素直な見方ではないだろうか。

しかし,自民党総裁選(いまの状況では,次期衆院選挙後,総理大臣になる可能性少なくない)に出ようという政治家の発言としてはいかにも軽率な気はする。あの流れで,いくら「誤解を招くかもしれないが」とか,予防線を張っても,誤解される可能性は予見できたはずだ。一言で言うと「脇が甘い」。

私は石原伸晃など嫌いだし,父親の石原慎太郎も(一部評価するところはあるが)実態以上に大物扱いされていると思っている。

したがって,石原幹事長を擁護したい気などはさらさらないが,それでも,東日本大震災直後に出たアホ大臣たちの数々の失言よりはまだマシ(軽率度が低い)だと思うし,この発言から<尊厳死を推進して医療費を抑制する気か?>との批判は的外れだと思う。

もっとも,そういう「脇の甘さ」は政治家の資質としては重大な欠陥とも言えるので,このインタビューはそういった面での石原幹事長の「実力(のなさ)」が改めて暴露されたと言えるかもしれない。

« 石原幹事長の揚げ足取るだけでは不毛②―尊厳死や終末期医療,延命治療の議論をもっとすべきだ | トップページ | 嫌いな人間-いいとこ取りするやつ,あれもこれも欲しがるやつ-最近の諸問題(尖閣や竹島の問題)やそれに対する“著名人”の反応など »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/47041255

この記事へのトラックバック一覧です: 石原幹事長の揚げ足取るだけでは不毛①―尊厳死や終末期医療,延命治療の議論をもっとすべきだ:

« 石原幹事長の揚げ足取るだけでは不毛②―尊厳死や終末期医療,延命治療の議論をもっとすべきだ | トップページ | 嫌いな人間-いいとこ取りするやつ,あれもこれも欲しがるやつ-最近の諸問題(尖閣や竹島の問題)やそれに対する“著名人”の反応など »