最近のトラックバック

« 2012年最後のブログエントリー① プロフィール欄を更新しました。 | トップページ | 大阪市立桜宮高校の体罰問題-雑感 »

2012年12月29日 (土)

2012年最後のブログエントリー② 今年は自分にとってどういう一年だったか

実はあと15分くらいしか時間がない。今年のカレンダーでは,サラリーマンなどは今日から休みの人がほとんどだろう。年始は4日が金曜日だが,実際には7日の月曜日からが多いのではないか。

フリーランス(自営業者)の年末は意外に忙しい。人にもよるだろうが,私はきちんと経理の帳簿もエクセルを使ったソフト(この言い方はヘンだな)でつけているので,年内に経理処理はほとんど終えて,あとは,社会保険料等の控除証明書やクライアントからの支払調書(源泉徴収税の徴収額)が年明けに届けば,確定申告の準備はほとんど終わりである。きわめて単純な経理なのだが,来年(つまり1月1日)からの経理処理のために,データを更新したり,仕訳項目を設定しなおしたりと結構手間がかかる(経理ソフトを書籍の付録でついていたフリーソフトにしているため。再来年あたりからは弥生かなにかを買ってもっとスマートにできないかと思っている)。

今年,仕事的(収入的)には悪くはなかった。フリーになる前に勤務していた医学新聞の会社からの仕事は激減したが,それを補う程度に新しいクライアントからの仕事が入ったからだ。しかし,来年以降は不安材料山積である。世の中は円安,株高,アベノミクスだと,来年の日本経済に期待しているような雰囲気があるが,わたしが糊口をしのいでいる製薬業界(からの広告費や販促費)は,不思議と,製造業や建設業,小売業といった“一般的な”産業(こういう云い方は妙だが)が景気いいとき,むしろ悪い傾向にあるような気がする。これは経験的にそう思っているだけなのだが。

私生活では,新しい趣味を1つ始めた。これについては,続かない不安要素がいろいろあるので,少なくとも2~3年続いてからブログネタにしようと考えている。まあ,そんなにもったいぶるほどのものではないし,第一,このブログのアクセス数ならそういうことも気にする必要はないのだが。

さて,時間がなくなった。早く家に戻らないと配偶者の堪忍袋の尾が切れるのでこのへんにしよう。明日は,2人の子どもと今,上映中の映画,フランケンウィニーを観に行くことになっている。

みなさん,よいお年をお迎えください。

« 2012年最後のブログエントリー① プロフィール欄を更新しました。 | トップページ | 大阪市立桜宮高校の体罰問題-雑感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/48517290

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年最後のブログエントリー② 今年は自分にとってどういう一年だったか:

« 2012年最後のブログエントリー① プロフィール欄を更新しました。 | トップページ | 大阪市立桜宮高校の体罰問題-雑感 »