最近のトラックバック

« 「経済成長っているの?」- こういう“庶民の心に訴える”的記事は大嫌いだ。心配すべきは成長の要不要ではなく経済水準の維持であり,あるいは,低下への覚悟だ。その覚悟があるならこういうふざけたことを言え。 | トップページ | 週刊文春 3月7日号 <池上彰のそこからですか!?/ドラッグ・ラグに泣いた安倍首相 > はちょっとおかしいんでないかい? »

2013年1月30日 (水)

体罰問題-忘れられている視点,体罰(暴力)を使っている人間は感情的になっている

体罰問題についてはもう書かないでおこうと思ったのだが,仕事がはかどらないときはブログを書きたくなるという“いつもの発作”が出てきた(ー_ー)!! 。明日は大阪で仕事があるのでこんなことをしている暇はないのだが。。。 短く,さっさと書こう。

昨日は,女子柔道日本代表,園田隆二監督の「体罰・パワハラ」について選手が日本オリンピック委員会(JOC)に告発,というニュースがでて,大阪・桜宮高校の体罰・自殺事件に触発されての告発か,と思ったが,これについてはどうもそうではないらしい。

今朝のテレビをみていたら,告発状は桜宮の事件が報道される以前にJOCに提出されていて,ようするにJOCはそれを発表せず,うやむやにしようとしていたらしい(内部調査らしいことはしたようだが)。

教育現場での体罰とオリンピック選手やプロのスポーツチームでの体罰は次元が違うという考え方や意見もあるだろうが,一つ共通しているところがある。

体罰に関しては,元巨人軍の桑田真澄氏は桜宮の事件が報道されてすぐ意見を述べ,わたしもその考えに共感している。体罰では強いチームは作れない,という桑田氏の意見に対し,強いチーム(選手)を作るには体罰は必要,というような考えを持つ人はまだいるようだ。

今回,告発された園田隆二監督は,柔道の技術面では研究熱心で,評価されているというのを新聞で読んだ。ただ,女子柔道のオリンピックでのメダル数をみると(ネットで調べて数えてみた),シドニーが4個(金1,銀1,銅2),アテネ6個(金5,銀1),北京5個(金2,銀1,銅2),ロンドン3個(金1,銀1,銅1)と,成績はむしろ下降ぎみだ。

園田隆二監督は北京五輪後の2008年に代表監督に就任したらしく(それ以前もコーチはしていたようだが),これを無理やり関連づけると,はげしい体罰を活用した園田監督は(少なくともそれ以前と比べて「強いチームを作れなかった」ことになり,桑田氏の体罰では強くならないを証明していることになるのではないか。

もっとも,北京以前の監督が園田監督よりもさらに厳しい体罰稽古をしていて,それに比べて,園田監督の体罰はむしろ緩かった,というのなら話は少し変わってくるが。。。

ただ,日本人のメダルが減っているということは,その分,外国の選手がメダルをとっているということであり,外国では,日本のチームで普通に行われているような体罰はありえない,ということなので,そうすると,体罰をしている日本のチームが弱くなり,そうでない外国の選手が強くなっている,とみることができる。

これも新聞かなにかで読んだだけだが,ロンドンオリンピックのとき,平手打ちをくらわせて選手を叱咤する園田監督をみて,止めに入った(入ろうとした?)海外の監督がいたとかいなかったとか。。。

またまた長くなってきたが,一連の体罰問題で欠けている視点としてわたしが思うのは,体罰を加えている人間は必ず感情的になっているだろう,という点だ。もちろん,その度合いは個々の監督や場面場面で異なるだろうが,おおざっぱに想像すると,1)選手(チーム)のやる気(気合)が不足していたり,2)監督に指示されたとおりの動きができなかったり,3)凡ミスをしたり。ま,みな同じようなことだが,監督にとって「腹立たしい」「はがゆい」「苛立たしい」動きを生徒(選手)がしている(した)ときだろう。

そういう場面であれば,監督は当然,感情的になっている。そして,感情的になれば,判断力も狂う。この判断力とは,例えば,試合中であれば,劣勢になっている試合を立て直すための指示や選手交代などの判断。あるいは,練習中であれば,自分の叱り方(体罰の仕方?)が選手(生徒)が受け入れられる程度のものであり,選手(生徒)の成長を伸ばすようなものであるかどうか,といった点に関する判断力である。

いま問題になっている桜宮高校や女子柔道監督の体罰問題で最も重要な点はここだとわたしは思う。監督自身の心の反応(感情)を十分モニタリングしたうえで,冷静に指導,叱咤し,その手段の1つとして,“鉄拳制裁”を使っているのか。

だが,そこまで冷静に自分の感情をコントロールできる人間であれば,生徒を自殺へ追いやるほどの体罰を行うはずはない。オリンピックの代表になろうかというような選手から告発されるほどの体罰になるはずがない。

結局,体罰で問題を起こす監督は,「チーム(選手)を強くする」という大義名分に依存して,冷静な判断や自己抑制を失っている人間なのだと思う。

「体罰で強いチームは作れない」理由は,体罰に頼って選手を指導しているような監督は,畢竟,指導者としても,そのスポーツ(武道など)の知識や能力(戦術や練習方法,作戦)においても劣っているからではないだろうか。

さらに話を教育全般に広げて,生活指導で生徒や自分の子どもをしかる(しつけ)の場合でも同じことだと思う。軽いビンタや怒鳴りつけるくらいのことは,教育やしつけでは必要悪だとわたしも思う(ただ,このような状況になると,学校でビンタなどはもってのほか。ちょっと強い口調での叱責も“体罰”や“ハラスメント”と取られるリスクがあるだろう)。しかし,その場合でも,「自分のうさ晴らし」として叱っていないか。「頭にきて」叱っていないか。

「頭にきて」反応するときは,喧嘩をするときだけだろう(喧嘩だって,体力や知力が同等であれば,冷静さを失った方が負ける可能性が高い)。

以上,自戒を込めて。さて,仕事しよ。

« 「経済成長っているの?」- こういう“庶民の心に訴える”的記事は大嫌いだ。心配すべきは成長の要不要ではなく経済水準の維持であり,あるいは,低下への覚悟だ。その覚悟があるならこういうふざけたことを言え。 | トップページ | 週刊文春 3月7日号 <池上彰のそこからですか!?/ドラッグ・ラグに泣いた安倍首相 > はちょっとおかしいんでないかい? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/49055751

この記事へのトラックバック一覧です: 体罰問題-忘れられている視点,体罰(暴力)を使っている人間は感情的になっている:

« 「経済成長っているの?」- こういう“庶民の心に訴える”的記事は大嫌いだ。心配すべきは成長の要不要ではなく経済水準の維持であり,あるいは,低下への覚悟だ。その覚悟があるならこういうふざけたことを言え。 | トップページ | 週刊文春 3月7日号 <池上彰のそこからですか!?/ドラッグ・ラグに泣いた安倍首相 > はちょっとおかしいんでないかい? »