最近のトラックバック

« 2012年最後のブログエントリー② 今年は自分にとってどういう一年だったか | トップページ | 「経済成長っているの?」- こういう“庶民の心に訴える”的記事は大嫌いだ。心配すべきは成長の要不要ではなく経済水準の維持であり,あるいは,低下への覚悟だ。その覚悟があるならこういうふざけたことを言え。 »

2013年1月17日 (木)

大阪市立桜宮高校の体罰問題-雑感

大阪市立桜宮高校バスケットボール部のキャプテンが自殺した事件が大きく報じられ、さまざまな意見がネットやテレビ、新聞、雑誌でも飛び交っている。多くをフォローしているわけではないが、この高校ではバスケットボール部だけではなく、バレーボール部でも体罰が頻繁に行われており、問題になっていたようだ。

最初にこの自殺のニュースをテレビで聞いたとき、わたしは正直「なぜ、自殺するのか」と訝しく思った。体罰が激しかったとはいえ、高校生であれば、反抗や抗議もできただろうし、学校(他の先生)や親に訴えることもできたのではないかと。

実際、このニュースが出た最初の1~2日、テレビのワイドショーなどを見ていると、言葉を選びながらも「体罰もときには必要。特に、スポーツの強豪校などではある程度仕方ない」とか、「どこからが行き過ぎた体罰でどこからが(許容範囲の)体罰かという線引きは難しい」というニュアンスを込めた発言をしている司会者やコメンテーターが結構いた。

一方、「体罰とそうでないものとの区別は明確につく。体罰は絶対に行けない」という、いわば単純かつ(テレビ的に)安全なコメントをしている人もいたが、どうも偽善的というか、視聴者にこびへつらっている感じがして良い印象は持てなかった。

しかし、その後のニュースを見ていると、わたしも桜宮高校の体罰はやはり異常なものであると感じられてきた。体罰というよりもイジメやリンチに近いかもしれない。

理不尽なほど殴られるのであれば自殺を選ぶ前にバスケットボール部をなぜ退部しなかったのか、とわたしなどは考えたが、おそらく、退部という選択肢を考えられないほど恐怖を感じていたか、心理的に追い詰められていたのだろう。この学校が体育(科)で有名な学校であったこともこの生徒が退部を選べなかった理由のようだ。

それでも、親は学校を退学させてでもクラブ活動から引き離すべきだった。ご両親を批判しているのはなく、ただただ無念に思うのだ。

ところが一方では体罰を容認しているような親もいて、ネット上では喧々諤々のやりとりがあるようだ。

桜宮高校の暴力事件(これはやはり体罰ではなく、暴力事件=犯罪、であろう)は、極端な例かもしれないが、「良い体罰」と「悪い体罰」というものがあるのだろうか。もしそのようなものがあると仮定した場合、それらを分ける違いはなんであろうか。

要素の1つとして、生徒に対する愛情があるかどうか、をあげる人が多いのではないだろうか。指示通りのプレーや練習ができない生徒に対する「腹立たしさ」や「イライラ」をただぶつけ、そのウサ晴らしとして叱っているのではなく、根底に深い愛情があって、いわば「愛のムチ」として体罰が行われる場合は、それは「良い体罰」であり、そういう体罰は受け入れられ、生徒も恨みを抱かずに、後年、感謝する、というような考え方だ。

深い愛情が根底にあることが人を育てるうえで重要であり、貴重であることに異論はないが、そのような立派な先生や指導者は現実には少ない。立派な先生や指導者に遭遇した生徒は幸せだが、それは結果論的な感想でしかなく、したがって、「自分は昔、体罰を含む厳しい指導を受けて、それを今では感謝している」というような人がいたとしても、そのことは、今回の桜宮高校の体罰を弁護する何の根拠にもならない。また、こういうことを念仏のように唱えていても現実的な対策のヒントにはならない。

ではどうすればいいのか。どこで線引きをすればいいのか。「軽いビンタ程度でも体罰として一切禁止」がさらに進んで、「言葉の暴力も生徒を傷つけるから強い口調での叱責も禁止」と何もかも禁止にすれば、教育や指導はおそらく不可能になるだろう。

これは非常に難しい問題であり、わたしには名案などとうてい思い浮かばない。

ただ、親が(親バカ愛ではない)真の愛情をもって子どもに接し、子どもの異常や異変を早期に察知し、今回のような悲劇が起こる前に手を差し伸べるしかないのではないか。

良い先生や指導者、あるいは友だちにめぐり会うかどうかは、偶然の要素が大きいので(その良い偶然の確率を高めることを期待して、親は私立の中学や高校に通わせるのであろう。その当否はともかくとして)、親が学校や先生、指導者をよく観察・評価し(というと不遜に聞こえるかもしれないが)、今回の桜宮高校の監督のようにサディスティックな指導者だと思われれば、退部あるいは退学をさせるしかないのではないだろうか。

« 2012年最後のブログエントリー② 今年は自分にとってどういう一年だったか | トップページ | 「経済成長っているの?」- こういう“庶民の心に訴える”的記事は大嫌いだ。心配すべきは成長の要不要ではなく経済水準の維持であり,あるいは,低下への覚悟だ。その覚悟があるならこういうふざけたことを言え。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/48788711

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市立桜宮高校の体罰問題-雑感:

« 2012年最後のブログエントリー② 今年は自分にとってどういう一年だったか | トップページ | 「経済成長っているの?」- こういう“庶民の心に訴える”的記事は大嫌いだ。心配すべきは成長の要不要ではなく経済水準の維持であり,あるいは,低下への覚悟だ。その覚悟があるならこういうふざけたことを言え。 »