最近のトラックバック

« 学会取材:米国精神医学会(APA 2013)-② | トップページ | ランドマークとなった今年の米国臨床腫瘍学会(ASCO 2013)-デジャブ感と嫌悪感と悔恨 »

2013年5月29日 (水)

学会取材予定-米国臨床腫瘍学会(ASCO 2013)

明日から米国臨床腫瘍学会(ASCO 2013)の仕事でシカゴへ行く。ASCOは毎年,なんらかの仕事は発生するが,学会そのものへ行くのは2009年以来だろうか。今回はメインの仕事が取材・原稿書きではなく,あるプロジェクトの編集&コーディネイションなので,あまり忙しくないだろうと少し油断していたら,出発直前になってバタバタ感がつのってきた。追加仕事も発生して,海外取材前日の<ハムレットジレンマ>にやはり陥ることになってしまった。

海外取材前日の<ハムレットジレンマ>とは,睡眠を削ってでももギリギリまで資料読みなどに時間を使うか,現地での体調を考えて早く寝るか,だ。

今年のLate Breakingの目玉はどれだろうか。大腸がんでベバシズマブとセツキシマブのhead-to-headの試験が1つあるようだ(正確には,オキサリプラチン + ベバシズマブ vs オキサリプラチン + セツキシマブ)。これなど,3つの製薬会社にとって重要だから,セッションの混雑ぶりはたぶんすごいだろうな。

ANAのホームページをみたら,明日が出発のピークなのか。シカゴ行きのフライトはすべて満席。わたしは,空きがあれば自動的にプレミアムエコノミーにアップグレードしてくれる上級会員だが,ちょっと無理そうだなあ。

« 学会取材:米国精神医学会(APA 2013)-② | トップページ | ランドマークとなった今年の米国臨床腫瘍学会(ASCO 2013)-デジャブ感と嫌悪感と悔恨 »

医学・医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/51825291

この記事へのトラックバック一覧です: 学会取材予定-米国臨床腫瘍学会(ASCO 2013):

« 学会取材:米国精神医学会(APA 2013)-② | トップページ | ランドマークとなった今年の米国臨床腫瘍学会(ASCO 2013)-デジャブ感と嫌悪感と悔恨 »