最近のトラックバック

« ディズニーシー,初体験。150分待ちの『トイストーリーマニア』はたしかに面白い | トップページ | 最近多い「膝痛」関連の記事で思うこと-その① »

2013年8月31日 (土)

テーマのないつぶやき-8月も終わりか

Twitterでつぶやき出してからブログ更新頻度が大きく低下しているが,ブログを書かなくなったのはTwitterだけが原因でもない。46歳で無謀なフリーランス生活に入って6年目。今年は本当にしんどい。

もう15~6年前に亡くなったが,京大名誉教授で歴史学者の会田 雄次氏(わたしは彼の評論が結構好きだった)が,ある著書のなかで次のようなことを書いていた(正確な言葉ではありません)。曰く,

<世の中には,1)社会の進歩・発展に貢献する能力を有する人,2)社会の維持に寄与する人,3)1)と2)の人の貢献に縋って生きていく人―の3種類がいる>―と。

これはまあ,常識的な見解というか,誰も異論はないのではないだろうか。会田氏の指摘で重要だと私が思うのはその先で(これも内容だけ。正確な文言ではないのであしからず),曰く,

<文明が発達すればするほど,社会に占める1)の人の割合は減り,2)の人も少なくなる。そして,3)の人の割合が増える>

ま,これも言葉だけ読めば,別に過激な発言でもなんでもないのかもしれないが,わたしは非常に強い衝撃を受けたことを覚えている。読んだのはまだ若いときだったが,自分は2)に属する程度の能力はあると(当時は)自負していたし,分野によっては1)に属する人間になれるのではという希望的観測を持っていた。しかし,過去20年くらいの世の中の様子と自分の人生を振り返ると,1)どころか,2)でいることすら難しい。そして,そういう状況は今後,ますます強まってくるのは間違いない。

« ディズニーシー,初体験。150分待ちの『トイストーリーマニア』はたしかに面白い | トップページ | 最近多い「膝痛」関連の記事で思うこと-その① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/53089341

この記事へのトラックバック一覧です: テーマのないつぶやき-8月も終わりか:

« ディズニーシー,初体験。150分待ちの『トイストーリーマニア』はたしかに面白い | トップページ | 最近多い「膝痛」関連の記事で思うこと-その① »